小さな「ありがとう」「おめでとう」を形に。今までになかった新しい「軽め」のギフト「giftee」がヤバかった。住所は「受け取る側」が入力。NICEシステム

お役立ち情報

スクリーンショット 2017-06-11 17.30.32

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

今日、とある方から「ギフト」が届きましたが、ちょっとシステムがビックリしてですね、かなり簡単にできたので紹介することにしました

「ギフト」というと、相手の住所を聞いて、電話番号を聞いて、家族構成を考えて、もらったモノを考えて、と、非常に大変だった(特に送る数が多いとき)。gifteeは、受け取る側も、送る側も非常に簡単

僕がいただいたのはお菓子だったのだが、非常にオシャレで美味しかった。

まさに「高級菓子」と言ったところだろうか?

家族で食べて、とても美味しかった!

ギフトをもらうときの手順

image

僕は、今回、ギフトをもらったので、どういう順番でもらったか紹介しておこう

1 SNS、メールで「ギフトを贈ります」という言葉と、URLが送られてくる

え?あ・・・。ありがとうございます・・・。的な感じ

コレ、どうするの?って最初思ったが、ありがたくリンクをクリックすることに

2 住所、名前、電話番号を入力する

コレで終了。コレで、今日届いた

確か、昨日入力した気がするので、1日で盛岡まで到着したことになる。当然発送は東京の「該当の商品がある店舗」だ

3 gifteeでアカウントを作る

この時点で、すでにヤバい雰囲気(住所入力したら終了が衝撃だった)を感じていたので、思い切ってgifteeのアカウントを作った。ログインはFacebookで、あとはメール認証をして終了だった

4 ログインすると、アプリも使えて、自分もギフトを送れるようになる

まだ、僕は、ギフトを贈っていないが、今度たけPとかにでも送ってみよう

お中元ってなると、ちょっとお堅い雰囲気だが、いつもの「ありがとう」を送るのに、軽めのギフトが揃っているgifteeは非常に素晴らしいサービスだ

初めてギフトをもらったのだが、URLをもらって、入力して、翌日に届くというシステムにビックリ。こんなのあるのか!って思った

だから、友人に限らず、親族のちょっとしたことにサクッと贈れるgiftee、オススメだと感じたので、記事にしてみた

「send a small Thank you」という考え方

スクリーンショット 2017-06-11 17.30.47

「小さなありがとうを贈ろう」という考え方のgifteeは、のしをドカーンと付けて贈るような、そんなモノではない

贈る人は限られるかもしれないが、「小さなありがとう」は、友人や親族にはなかなか伝えきれないモノ

そんな時に、このサービスを使うと良いのではないかと強く感じた

贈り物=時間をかけて、厳選して、良いモノを、高いものをという考え方を覆す、素晴らしいシステムだと思った

これから、積極的に使っていきたいと思ったし、皆さんにも、是非オススメしたいと思った

 

「小さなありがとう」をgifteeで「大切な人」に贈ってみませんか?

↑giftee公式サイトはこちらからどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

For You

オススメ記事

Related

関連記事

About

書いてる人

Ranking

本日の人気記事