長期連載4「2011〜WWDC 2017後、スタッフに告げた購入に関する決定事項〜」

2011

スクリーンショット 2017-06-06 02.08.12

前回までのあらすじ

たけPのアドバイスで「出たから買う」から「欲しいから、必要だから買う」という方向性への転換を決意した部長

多くの常連さんから煽られる中、6月6日深夜2時、運命のWWDC 2017が始まる・・・

第4回「WWDC 2017」

「グッモーニン!」

いつもの高らかなかけ声と共に、クック船長が会場に登場する

全身の毛が逆立つような感覚。「ゾクッ」とする瞬間だった

昨年から始めた「フィーリング速報レビュー」だが、今年で「僕にとって2回目」となるWWDCの基調講演からの速報レビューが始まろうとしていた

僕は冷静に画面を見つめ、110枚を超えるスクリーンショットを撮った

スクショをとるだけで、疲れて倒れるんじゃ無いかと思うくらいだったが、頑張ってスクショを撮り続けた

そして、記事を一通り書き、スッキリした気持ちで、自分で自分の記事を読んでみた

 

冷静に、情熱の赴くままに

 

自分に言い聞かせ、心の声を聞いた

スタッフ会議

WWDC 2017が終わり、一通り記事を書き終え、僕はスタッフの待つMessengerのグループトークに顔を出した

今回のWWDC 2017では、予想以上にハードの発表が行われ、そして、僕も色々と考えさせられた

スタッフ会議も大いに盛り上がったが、感想としては次の点をスタッフに告げた

ポイントは「現状と比べ、大幅に満足できる要素があるか」に置いた

iMac

LG UltraFine 5K Displayがあるので、まず、物理的に置き場所が無い

そもそも、15インチ MacBook Proをデスクトップ代わりに使っており、iMacは買う予定が無いので、無理して買うことはしないと決定

iMac Pro

欲しいが、僕はブロガーなので、不要と判断

話題作りには最高だが、「プロユーザーが検索するようなレビュー」は絶対書けないと確信するし、そもそも、iMac Proを使いこなす自分が想像できない

15インチ MacBook Proで十分と感じ、スルー決定

15インチ MacBook Pro 2017

CPUがKabyLakeにアップデートされ、最新の情報では「2016モデルより最大20%性能アップ」とあるが、15インチ MacBook Pro 2016の下取り価格が異常に低いことと、見た目が同じなので、現状不満が無いことから無理に買い換える必要性に乏しいと判断

スルーを決定

MacBook 12インチ 2017

KabyLakeが搭載され、メモリも16Gまで積めるようになったMacBook 12インチ 2017

非常に魅力的だったが、冷静に考え、booq Shock Proで、15インチ MacBook Pro 2016を毎日持ち歩いている現状と、昨年12月、数週間MacBook 12インチ 2015だけで過ごしたが、起動アプリを厳選すれば普通に記事打ちには問題無いことがよくわかったので、サブ機である12インチにそこまで高性能は求めないと考えた

あくまで12インチはサブ機であって、メインではない(booq Shock Proのおかげで、「15インチ MacBook Pro 2016が重くてやってられねえよ」とも思わない)

現状を考えると、MacBook 12インチの登場頻度は極めて低く、まさに「サブ機」扱いだが、無いと困る。困るが、ハイスペックである必要は無いと感じ、スルーを決定

10.5インチ iPad Pro/12.9インチ

一番の問題はこれだったが、ま、買う前から散々言っている通り、僕は現状の9.7インチ iPad Pro+Smart Keyboard+Apple Pencilで不満が無い

パワーアップされているそうだが、画面の大きさもほぼ同じ、Smart Keyboard(US)のキー配列も同じ、僕の作業に「今以上の高速」は「必須では無い」と判断

ただ、iOS 11と組み合わせたときの「マルチタスク」の切替とか、色々「複数のアプリを使いまくる」ところで、「明らかに10.5インチ iPad Proの方が良い」となったら、買い替えるかもしれないが、現状ではスルーを決定

急いでレビューを書くことをやめようと思っているので、その観点からも、来年の3月、ドコモの2年縛りが終わってからでも買い換えは十分ではないかと感じたのも大きい。繰り返すが、現状、9.7インチ iPad Proに何の不満もない

実機を触って「全然違う」となるか、正直疑問を感じているのでそれをスタッフに素直に伝えた

HomePod

発売日未定なので、保留

 

以上だ

スタッフは驚いていたが、僕の提案を受け入れてくれ、一旦、祭は終了した

うりPに煽られるが、不思議と「買うしかねえ!」とまではならなかった。読者の煽りも華麗にスルー

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 当ブログスタッフの「うりP」が煽ってくるので助けてください MacBook 12インチ(2017)のMAX盛りモデルをレビューし

↑この記事の通り、スタッフのうりPに煽られたが、何とかコレをクリア!

とにかく、僕のメインは15インチ MacBook Pro 2016、12インチはあくまでサブ機で毎日持ち運ぶことは無い

だから、持ち運ぶ予定の無いサブ機を新調する必要性は乏しいだろう

読者の方からは執拗に煽られたが(笑)、基本、スルー。この記事を出すまでは真意は伝わらないと判断し、TwitterやMessenger、LINE等で語るのを封印した

 

今回のWWDC 2017、「欲しい!」とはならなかった。

 

コレが正直な感想だ。自分に正直になった結果、この気持ちを大切にした

 

繰り返すが「出たから買う」は、もうやめたのだ

 

よく吟味し、感想を記事にして、自分の正直な気持ちを伝えることも大事だと、WWDC 2017で痛感した

読者からのメッセージを読むと「買って当然」的なメッセージが非常に多い

昨年は確かにそうだった。そうだったが、吟味を怠ったため、ヘタに買い替えたり、使用機種がコロコロ変わったりと、良いことばかりではなかったし、批判もされた

たけPが言っていた「実機を見てから決める」というのは理にかなっている、と痛感した。さすがたけP、実機を見るまでは、慎重である彼は買い物をしないのだ

僕も、これからはよほどのことが無ければ(iPhone 8は買うと思うけど)、出てすぐ予約ってのはしない方向に動くような気がしている

昨年、大きな成長を遂げさせていただきながらも、自分自身を見失い、今思えば「やりすぎ感満載」となってしまった2016年の買い物

今年、2017年はそこをしっかり見つめ直し、本当に必要なモノだけを、厳選して購入し、長期レビューをしていきたいと思う。結果的にそっちの方が自分的にも良い感じだし、楽だし、読者の方とも良い交流になると思っている

僕のレビューの本質は「オススメ商品だけを徹底的に厳選してレビューする」はず。それなら、Apple製品も「オススメ商品だけ」を購入するのは当たり前

よく考えたら、サンプル提供商品は、10個送られてきても2〜3個しかレビューしないのに、Apple製品は全部レビューしている。コレはおかしい

Apple製品でも「ちょっとコレはなー」ってヤツもあるはずだ。そういうのはレビューしないようにしないと、基準がおかしくなる

レビューブログにとって「基準」というのはとても大切な事だと思う

いつ見ても同じ基準で書かれるレビューだからこそ、読者の方も安心して訪問いただけるのだろう

それを考えると、ますます僕は、Apple製品を厳選し、しっかり見定めてから買う。繰り返すが、たけPの「よほどのことが無ければ実機を見るまでは買わない」というガイドラインを徹底したいと思った。だから、今回は「魅力的ではあるが、必要性に乏しい」と判断して、オールスルーを僕は決めた

今後の僕の方向性

現状、不満はない。MacもiPadも、そして、iPhoneもだ。

このまま2年くらい過ごせそうな気がするくらい、僕は満足して日々を過ごしている

そう考えると、「アクセサリレビュー」をもっと充実させたいともWWDC 2017後に思い始めた。本体を買い替えないなら、アクセサリのレビューをもっとやってみよう、そう思った

色々なアクセサリを自分でも購入し、使用感をレビューする。今まではサンプル提供商品がほとんどだったが、自分でビビッと来たモノを購入して使って、紹介することも増やしていきたいと強く思った

 

いつの間にか、空は明るく、日差しが眩しかった

 

盛岡は晴れていた

 

「部長・・・。話があるんだけど・・・」

 

盛岡は晴れていたWWDC 2017終了後、みんなが祭りの後の静けさをちょっと寂しがりながら、現実に戻り仕事を終えた夕方、物語は静かに動き出した

 

長期連載シリーズ「2011」、本当の「必然」は、ここから始まることなど、まだ誰も知らない

 

〜次回予告〜

部長に声をかけたのは誰か?

何かをDOするのか?

そもそも、この長期連載のタイトルの意味とは?

謎が謎を呼ぶ今回の長期連載シリーズ「2011」もとうとう物語は佳境へ!

気になる次回、明日の昼12時に更新予定!見逃すな!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Related

関連記事

About

書いてる人

Ranking

本日の人気記事