長期連載2「2011〜迷い〜」

2011

スクリーンショット 2017-06-06 02.08.12

前回までのあらすじ

僕は雨の盛岡を急いで歩いていた

それはまるで「何かに誘われるか」のように

そして、僕は、導かれるようにまばゆい光の中へと進んでいくのだった

第2回「迷い」

僕は、ある「迷い」を持っていた

それは、ブログ運営に関しての1つの「方向性」だった

今は2017年6月だが、実際に「アクセスランキング」の上位を見ると、必ず見るのが「Macの「その他」を減らす方法」、「13インチ MacBook Proを3日使って分かったこと」、「iPhone SEを3日使って分かったこと」の3本の記事だ。

管理画面で10位まで広げるとさらによくわかるのだが、新着記事が上位に入ることも当然毎日あるが、「常連化」したレビュー記事、Tips記事というのが必ず食い込んできている

コレが僕は気になっていた

昨年、僕は、ほぼ全ての新発売の製品を購入し、レビューや、比較を行ってきた

それは、「自分がやりたいから」やってきたのだが、しばらく新製品発売から時間が過ぎた今、冷静にアクセスを見てみると、一生懸命書いたレビューでも、読まれていないモノが山のようにあるのだ

「何のために書くのか?」に迷う春

僕は、春の間、ずっと迷っていた

レビューは何のために書くのか?ブログは誰のために書くのか?

文字が打つことがいくら好きだと言っても「読者あってのブログ」である

その読者を無視して「書きたいから書く、何が悪い」という記事は、ちょっと乱暴なようにも思えてきた自分がいた

難しい、迷う

そして、誰にも相談できない

僕の悪いところは「一人で抱え込む」ということだ

それは良くわかってる

だが、この「運営に対する迷い」については、正直、自分でどうして良いのかよくわからなかった

そして、やってくる「WWDC 2017」と言う大イベント

昨年は、ハードの発表は無かったのだが、今年は10.5インチ iPad Proを始めとして、多くのハードが発表されるのでは無いかという事前予想記事が散見され、迷いに迷った

読者の皆さん、常連さんからは「買いますよね!」「雨降りますよね!」と散々煽られ、スタッフにも相談できず、「このまま、発表されたら何か買うのかな・・・」と、自分では判断できない状態にまで精神的に追い込まれていた

 

いや、違う

 

新製品が出たら「買わなきゃいけない」という気持ちが僕の心の中に確実にあった

それは強迫観念というか、何というか、説明しづらい気持ちだった

「読者のため」という理由を付けていたが、実際にレビューを書いても、読まれないレビューも多々ある事が昨年1年でよくわかった

そして、部屋を見ると、あふれかえるApple製品達

欲しくて買ったつもりが、使い道も無くそのまま埃をかぶっているモノも多々ある

 

「コレが僕の望む運営なのか?」

 

迷っていたし、出口が見えずにいた

 

そこで、僕は、意を決して、相談することにした

僕はどうあるべきか、そして、今後、どう「部長ナビのページを運営していくべきか」を

 

こんな個人的なこと、相談できるのは一人しかいない

 

「なあ、チョット良いか?」

 

WWDC 2017の数日前、僕は思いきって、Messengerの個別トークで、アイツにメッセージを送った

物語は、まだ、先の見えぬまま、闇に包まれた僕は当てもなくさまよっていた

 

〜次回予告〜

部長が相談した相手とは誰なのか?

相談内容と、その答は?

WWDC 2017を前に何が決まるのか?方向性はどうなるのか?

気になる第3回は、近日公開予定!良い子にして、待ってな!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ForYou

おすすめ記事

Related

関連記事

About

書いてる人

Ranking

本日の人気記事