部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

長期連載3「Real〜理想と現実の狭間〜」

iPhone X

(前回までのあらすじ)

Appleスペシャルイベントが終わり、スタッフが出した結論は「Apple Watch Series 3の購入、レビュー」だった

まさか、と思ったが、スタッフはいたって真剣

iPhone SEをメインとしている僕に、新型iPhoneは不要と判断し、読者のことを考えるとApple Watch Series 3のLTEモデルレビューをした方が良いのでは、と言う提案だった

しかし、部長を現実が襲う

第3回「理想と現実の狭間」

9月13日、僕は1時過ぎに起きてSNSをいつも通り処理し、2時から4時までスクショ撮影100枚を超えるスペシャルイベント恒例の「スクショ地獄」を味わった

スクショを取りながら、同時通訳を聞いて、何を記事にするか頭の中に組み立てていく

今年のフィーリングレビューがイマイチだったのは、僕自身のテンションが上がらなかったからだ

だから、今年はいつもより疲労が色濃く出た

6時に記事12本書き終え、普通に子供達を起こし、準備をして、出勤

午前中の仕事を通常通り終え、昼休みにさすがに疲労を感じて思ったのは「何でこんなに頑張っているんだろう」という至極当然の疑問だった

仕事も非常に忙しく、そして、家庭を考えても、子供達も大きくなってきたとは言え、まだまだ子供。手がかかるのはその通りで、それを奧さんであるあやかぜに全て押しつけるのは共働きの我が家ではありえない

そう考えると、「何のために、こんなに頑張ってブログを書いているのか」、疑問しか浮かんでこなかった

その後、仕事をこなし、家に帰ると、当然だがヘロヘロ

でも、子供達は「腹減ったよ〜」と言い、宿題もやらせなきゃいけない、洗濯もある

「沢山のApple製品を紹介して、沢山の読者に読んで欲しい」と言う理想と、「今、ここにある」現実が、僕の中で戦っていた

 

何を優先すべきか

 

答は明確だった

 

それは、仕事と家庭

 

僕はそれをよく考え、そして、突然弱気になった

 

「今年は何を買いますか?」というメッセージが山のように届く

 

毎年、読者の方と盛り上がっていたこの光景が、何か、遠くの世界の出来事のように感じた

Apple Watch Nike+に絶え間なく寄せられるメッセージの通知に耐えられなくなり、僕はApple Watch Nike+を外した

 

「自分がどうすべきか」

 

それを真剣に、「Real」に考えた瞬間だった

趣味であるブログにどこまで「時間」と「金」をかけるか、僕はひょっとしたらすでに度を過ぎているのかもしれない。そう考えたりもした

 

それが、翌日朝の「皆さんにお知らせ」へと言う衝撃的な記事へとつながる

 

眠かった

9月13日の夜は眠かったけど、翌日のおはようには書かなかったけど、数年ぶりに「眠れない夜」だったのは本当だ

 

新しいiPhoneにも興味も沸かない

 

ニュースで放映されていても、見ることもしなかった

 

「部長ナビ」が、崩れていくのを自分で感じた

 

スタッフにも相談もできず、一人で考えを巡らし、眠れずにディスプレイを眺めていた

 

そんな9月13日の夜だった

 

外には、雲の合間を縫って、月が僕のことを見ていてくれた

 

まるでそれは「大丈夫、何とかなるさ」と言ってくれているかのようだったが、この時、僕は心を閉ざしていた

誰の言葉も耳に入らなかったし、どんな記事を読んでも、iPhoneへの気持ちは一切沸かなかった

 

多分、この時スタッフは「疲れて寝ているんだろう」と思っていたらしく、誰もトークを展開しなかった

 

この沈黙が僕には辛かったが、自ら「辛い」と言えない弱さを持つ僕は、ますます一人で闇を抱えることになる

 

そして、眠れぬ夜は過ぎていくのであった・・・

 

【次回予告】

9月14日、部長は衝撃的な記事「皆さんへお知らせ」を出す

コレにより、部長の周りでは劇的に状況が変化する

部長の「Real」はどうなるのか?

ブログはどうするのか?話を聞いたスタッフは?

全ては次回、明日の更新を待て

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. 長期連載シリーズ >
  3. Real >