部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

長期連載1「Real〜始まりはいつも雨〜」

rain

2017年9月13日、僕は様々な思いが浮かんでは消える中、Appleスペシャルイベントを迎えていた

時は午前2時

Appleスペシャルイベントが静かにその時を迎えていたのだった

深夜の盛岡は物音1つなく、静まりかえっていた

僕は、不思議な胸騒ぎを覚えながらも、万全の体勢でAppleスペシャルイベントを迎えようとしていた

なぜか、高揚感は無く、至って冷静だった僕はふいに真っ暗な外を見た

月明かりに照らされているはずの町並みが何も見えない

その代わりに、窓には大粒の雨が打ち付けていた

何か、何か起きそうな、そんな13日水曜日午前2時であった

長期連載シリーズ「Real」第1回「始まりはいつも雨」

僕は淡々とスクショ作業をこなしていた

MacWebCasterの同時通訳を聞きながら、ポイントとなる部分のスクショをひたすら撮る

その数はゆうに100枚を超えたが、9月のAppleスペシャルイベントであれば、このくらいは仕方ない

僕は、急いでFlickrにスクショをアップし、次々と記事を書いた

 

「今年のイベントは、何か、イマイチだったなぁ・・・」

 

iPhone Xの一択になるかと思われていたスペシャルイベントは、なんだか拍子抜けの盛り上がりに感じてしまった僕がいた

「なんかおかしい」

そう思わずにはいられない、何か、引っかかるイベントだった

 

僕は今、iPhone SEをメイン機として使っている

ぶっちゃけ、新しいiPhoneなど、買わなくても間に合ってるという状況だった

でも、何か引っかかる

 

コレは何だ?

 

記事を一通り更新し、リビングに行くと、朝のニュースでAppleスペシャルイベントの速報が流れていた

この時点で12記事を書いていた僕は、そこそこ満足して出勤した

 

「うわあ・・・」

 

そう。

 

9月13日朝7時、盛岡は雨だった

 

不思議と、時代が動くときには雨が降る

特に何もしているわけじゃ無い

でも、間違いなく、スペシャルイベントの当日の朝、盛岡には雨が降っていた

 

僕は駐車場まで15分歩かなければならない

 

足早に革靴で歩いて、車に向かった

 

「ふう・・・」

 

車について一息。AirPodsを外して、エンジンをかけ、職場へ向かう。ここからはいつも通りの朝だ

 

でも、僕は、何というか、Appleスペシャルイベントが終わったという「高揚感」に包まれてはいなかった

TwitterではiPhone Xの話題で相当盛り上がっている中、僕は、地味に、淡々と仕事をこなしていたのだった

 

なんだろう?この不思議な「ひっかかり」は?

 

プリントを印刷しながら、外を眺めても、やっぱり雨

 

「始まりはいつも雨」

 

誰も予想しないような、壮大な物語が、僕を包み込むことになるなど、この時は知るよしも無かった

 

静かに、スーッと、物語の扉が開いた瞬間だった

 

【次回予告】

部長が感じた「引っかかり」とは何か?

そもそも、Appleスペシャルイベントの感想はどうなのか?

部長はどこに向かうのか?

少しずつ物語が進んで行く第2回は明日の更新を待て!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. 長期連載シリーズ >
  3. Real >