長期連載7「Proという名の下に〜本心〜」

   2017.08.29 Proという名の下に

MacBook Pro 15インチ16

前回までのあらすじ

15インチ MacBook Pro 2016の売却が決まり、もう、残すは13インチPro特盛りDOのみとなった部長

しかし、部長は「何か」に引っかかっていた

その答が、今、明らかになる

第7回「本心」

Messengerの個別トークにメッセージを送ってきたのは、当ブログスタッフ「うりP」だった

うりPは、女性ユーザーの視点で、的確なアドバイスをくれる重要なスタッフだ

遊び心もあり、冗談も通用する。人当たりも柔らかく、礼儀正しい。住んでるところは遠く彼方だが、いつか、東京・新宿でスタッフ会議に招待したい、そう思わせてくれる素晴らしい人材だった

うりPは静かに、僕に語りかけた

うりP「個別トークで失礼します。でも、どうしてもお伝えしたくて・・・。私、思ったんです」

うりP「部長さん、サブ機を色々検討されてますが、12インチや13インチProを買っても、結局は画面が小さいので、それだけで絶対ストレスになります」

うりP「それよりは、15インチ MacBook Pro 2017を買った方が良いんじゃないかって思ったんです」

 

俺氏「え?」

 

俺氏「15インチ MacBook Pro 2017?15インチを売って、15インチを買うの?」

 

うりP「そうです」

うりP「私、思うんです。サブ機を買うくらいなら、15インチ MacBook Pro 2017を買ってバリバリ使った方が絶対良いって。それが部長さんにとってベストなんじゃ無いかって」

 

俺氏「な、なんでそんな急に・・・。そ、そんな、15インチの2017買うなんて・・・。俺は・・・」

 

うりP「シンプルに考えてみたんです」

 

俺氏「お、おう・・・」

 

うりP「部長さん、g.O.R.iさま抜きで、15インチ MacBook Proが好きなはずです」(うりPはg.O.R.iさんのことを「g.O.R.iさま」と呼ぶ)

 

俺氏「いや、俺はいつだって、g.O.R.iさんの背中を追いかけて、それで・・・」

 

うりP「部長さん、本心を言ってください」

 

俺氏「15インチ、好きです・・・」

 

僕はうりPの言葉に何も返せなかった

そうだ。僕は15インチ MacBook Proがいつしか「g.O.R.iさん抜き」で好きになっていた

最初は当然、g.O.R.iさんへの憧れ、アドバイスをいただいた嬉しさ。同じガジェットを使っているという優越感。全てが「g.O.R.iさんが使っているから」という理由に凝縮されていた

しかし、2015モデルを買った時から早2年。今の僕は、確かに、うりPの言う通り「15インチ MacBook Proが好きでたまらない」体になっている

 

そうだったのか・・・

 

言われるまで気付かなかった

僕は、15インチ MacBook Proが大好きだったんだ

 

あの、なんとも言えない「罪悪感」というか「モヤモヤした感じ」は「15インチから離れること」への拒否反応だったのだ

 

うりPは続けた

 

うりP「やはり、15インチが好きなのだから、誤魔化すのは良くないと思うんです」

 

俺氏「確かに・・・」

 

うりP「わざわざ好きなモノを他で代用しなくとも、アレだけ欲しいと言っていた「KabyLake」が2017モデルとしてあるわけですから、買い替えたらいい話ではないかと思ったんです」

うりP「上位モデルを買えば、2017モデルはRadeonも最初から4Gなので、盛る必要もありません。USキーボードにだけすれば、そのまま購入可能です」

 

俺氏「そこまで調べてくれたのか・・・」

 

うりP「持ち出しで悩まれている部長さんを見て、「今、booq Shock Proで毎日15インチを持ちだしてるんだから、悩むことなんてないのに」って思ったので、お話しさせていただきました」

 

俺氏「ありがとう、うりP。もう少し考えて、決めるよ。ありがとう」

 

うりP「2016が売れたというのも、何かの縁でしょうから、部長さんの言う「必然」なんだと思います」

 

僕は外を見た

 

晴れ渡っていた空はいつの間にか曇り空

 

小さいが、雨粒が地面に1つ、また1つ、と落ちていた

 

そうか

 

そうだったのか・・・

 

僕は、15インチ MacBook Proが好きで、好きで、好きで、好きで、好きで、好きで、好きで、好きで・・・

 

涙が止まらなかった

 

心のモヤモヤもスッと取れた気がした

 

ありがとう、うりP

 

僕は、自分が見えていなかった。

 

「持ち出し」のために、大好きな15インチ MacBook Proを違うものに替えるなんて、そんなの僕らしくないよね

 

思い出したよ、うりP

 

僕は、変態Apple系ブロガーで、日本の頂点を目指す男、部長ナビ

 

g.O.R.iさんは雲の上の存在、正当派Apple系ブロガーだ。

尊敬すべき師匠はその通りだが、僕は、多分、自分の判断で、自分の道を歩く必要がある。

いつまでも、g.O.R.iさんに支えてもらって、寄りかかっていたらダメだ

 

そんな僕が、15インチ MacBook Proが好きだ、と言う本心に気付いた

 

向かうは1つ、僕が進むべき道は・・・

 

「部長、お時間よろしいですか?お話があります・・・」

 

また、個別トークの通知が来た

 

物語は、クライマックスへと進んで行く

 

〜次回予告〜

ほぼ決まりかけた部長に、個別トークで語りかけたのは誰なのか?

やはり15インチなのか?13インチPro特盛りなのか?揺れに揺れる部長の心にトドメを刺す連載第8回は今夜更新!

更新ボタンを連射して待て!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Related

関連記事

About

書いてる人

Ranking

本日の人気記事