部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

長期連載3「男達のMacBook Pro〜g.O.R.iさんの一言〜」

スクリーンショット 2016-10-28 03.11.36

第3回「g.O.R.iさんの一言」

僕は東京にいた

東京で日中の仕事を終えた後、様々な方とお会いした

その様子は、長期連載シリーズ「部長GO」でご覧いただきたい

僕にとって、最も重要な約束、それが「g.O.R.iさんとの東京散策」だった

実際に会ったg.O.R.iさんは、強く、優しく、そして、カッコよかった

第3回「ブチョストップは新宿御苑!レアモンスターをゲットだぜ」 私はなぜか新幹線に乗っていた ああ。そうだ。新幹線だ。もちろん、仕事なのだが、私には1つ、大きな目的があった それは

↑詳細はこちらからどうぞ!

僕は東京でg.O.R.iさんと初対面した。あのモンスターブログ「gori.me」と出会い、1年とちょっとが過ぎていた。オフィシャルファンサイトとして認めていただき、今ではMessengerでお話をさせて頂けるまでになった

これほど嬉しいことは無いのだが、今回の東京遠征で実際にお会いできることになり、僕は舞い上がっていた

でも、実際に会ったg.O.R.iさんは、僕をテキパキと東京の名所へ案内してくれ、颯爽とウーバーを手配し、シャレオツな店に行っては「マスター、こんにちは」と、完全に常連。全てが衝撃的で、全てがショックだったが、全てが輝いていて、眩しかった

「僕も、こんなふうになりたい」

心から思った。その始まりが、15インチ MacBook Pro購入だったのを今でもよく覚えている

ちゃんとした話ができるようになったのは2015年8月下旬だったので、僕は、1年をかけ、g.O.R.iさんと「会える」状態になっていた自分が誇らしかった

何が、g.O.R.iさんをそうさせたのかはわからないが、僕は、純粋に嬉しかった

g.O.R.iさんとの話は、やはりMacBook Pro 2016

お話しさせて頂いた内容は多岐に渡るが、やはり、MacBook Proが盛り上がった

「僕は買えない」という内容のことを話し、g.O.R.iさんは、「15インチを買う予定」と言うことをお聞きした。コレについては、すでにgori.meでも「購入する」と宣言されているので、g.O.R.iさんのことだから、ナイススペックな15インチを予約しているに違いない

僕は気付いた。あることに

僕は、とあることに気付いた

この状況、すでに僕は体験している

それは何かというと「MacBook 12インチ 2016」購入時の時と同じなのだ

あのときは、g.O.R.iさんが使用していたMacBook 12インチを僕が引き取ることで話がまとまり、g.O.R.iさんは、2016と2015の比較記事を出した後、僕に12インチを譲ってくれた

今回、またあのときと同じ状況が目の前にあった

 

そして、g.O.R.iさんは僕の目の前に15インチ MacBook Pro(US)を開いてコード作業をしている

僕は思いきって、訪ねた

「g.O.R.iさん、2016の15インチ買ったら、今お使いの2015の15インチ MacBook Proを僕が下取りさせていただく事なんてできませんでしょうか?」

g.O.R.iさんはしばらく沈黙の後、言った

g.O.R.iさん「僕、かなり使ってますし、スキンシールとか、スタンドとか付きっぱなしですけど、それでも良いんですか?」

まさかの回答だった

コレ、売ってもらえるんじゃねえのか?

そう思った僕は、全身の毛穴が開くのを感じながらg.O.R.iさんに言った

「僕、やっぱり15インチのバタフライって無理だと思うんです。だから、2015が使いたい、でも、USじゃないと打ちづらい。そう考えると、譲っていただけるのであればいくらでも構いませんので、購入させていただければと思います」

 

g.O.R.iさんは即答した

 

g.O.R.iさん「いいですよー」

工エェ(゚Д゚)ェエ工

良いのか?

あっさりと「g.O.R.iさんモデルの15インチ MacBook Pro(2015 US)」が僕の所に来ることが確定した

コレで僕は、g.O.R.iさんモデルの「15インチ MacBook Pro」と「MacBook 12インチ」を両方所持するブロガーということになる。まあ、僕が勝手に「弟子」と名乗っているが、現状は「尊敬するブロガー仲間」という形でお付き合いさせていただいている(g.O.R.iさんは弟子はとらない方針)

日本中を探しても、g.O.R.iさんが使っているMacBookを2台も引き取って使ってるブロガーなんて他にいないだろう

コレはスゴいことだ

男達のMacBook Pro・第1章が幕を閉じる

この時点で僕は「15インチ MacBook Pro 2016」は購入しないことが確定した

どんな進化であっても、僕は、15インチ MacBook Pro(2015)を使い続ける。当然、JISは売却の方向だが、僕はg.O.R.iさんモデルの15インチ MacBook Proをメインとして使い、今まで以上にブログを頑張りたい、そう思った瞬間だった

 

店を後にし、渋谷を回り、僕はホテルに戻った

 

新宿の夜は、相変わらず活気づいていて、盛岡のそれとはまるで違う

行き交う人々は、何か、エネルギーに満ちあふれていて、「東京で一旗揚げてやろう」という人達が集う場、それが新宿なのかもしれない

僕の「2016年MacBook Proストーリー」は終わった

コレで終わりだ。後はiPhone、それのレビューを書けば全て終わり。静かな年末が僕を待っているだろう

 

僕は晴れやかな気持ちで、2016年10月28日2時・新型MacBook発表会を迎えた

 

「hello again」

 

何が僕に「again」をもたらすのか、よくわかっていなかった。

どうせ、僕は、15インチ MacBook Pro(2015 US)をゲットして、それで終わり

 

そうだ。この物語は、連載にならないはずだった

僕とg.O.R.iさんの個人的なやり取りだけなら、特段、大げさに連載にしなくてもいいはずだ

 

2016年10月28日

「グッモーニン!」

クック船長のいつものかけ声と共に男達のMacBook Pro・第2章が、静かに、静かに幕を開ける

 

新宿の夜に、雨は降っていなかった

今思うと、かすかに霞んで見える月だけが、全てを知っていたのかもしれない

僕は「運命」という渦の中に巻き込まれようとしていた

〜次回予告〜

hello againで僕に起こった物語とは?

第2章・男達のMacBook Proにもご期待ください!

気になる最新第4回は明日の更新を待て!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. 長期連載シリーズ >
  3. 男達のMacBook Pro >