部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

長期連載2「男達のMacBook Pro〜JISと言う現実〜」

スクリーンショット 2016-10-28 03.11.36

第2回「JISと言う現実」

僕は、入力機器関係を「USキーボード」で統一している

きっかけはUSキーボードのサンプル提供なのだが、g.O.R.iさんが元々「US最高」といっていた理由が使ってみるとよくわかる

もう、僕はJISには戻れない体になっていた

職場もUSのRealForce、ブログ打ちはUSのMagic Keyboard、g.O.R.iさんから購入したMacBook 12インチもUS

全てが完璧だった

僕の全てはUSで彩られる

指もかなり慣れてきて、JIS以上に高速でブログ記事を打つことが可能になっていた

それくらい、USは非常に打ちやすく、使いやすい。記号も分かりやすく、覚えやすい。理に適った配置だ

1つだけ、不満があった。それはメインマシン「15インチ MacBook Pro」がJIS

僕は、外でも基本的に作業をするときは、15インチ MacBook Proを持ち出している

軽作業とわかりきっているときだけ、MacBook 12インチを登場させ、それ以外はほぼ間違いなく、15インチ MacBook Proだ

そこで、僕はストレスを感じることになる

そうだ

15インチ MacBook Proだけ、JISなのだ

わかりきっていたことだが、スタバでの作業も、イオンの3階での作業も、ガストでの作業も全部JIS。マジかってくらい、JISは打ちづらかった。

すっかり体がUSに慣れていたので、僕の中で「15インチをUSにしたい」という思いが日に日に強くなっていくのは当然のことだった

新型15インチ MacBook Proを購入するに当たって、2つの不安があった

僕は、この流れで行くと、新型の15インチ MacBook Proを「US」で買うことが決まりそうな勢いだ

だが、僕はとても冷静だった

15インチ MacBook Proは安い買い物ではない。だから、この僕でも、ちゃんと事前情報から予想を行い、本当に「買うべきなのか」を考えることにしたのだ

その僕が導き出した答の前に、不安点が2つあるので紹介しよう

1「バタフライキーボードは、メインマシンとして、あり得ない」

僕は、MacBook 12インチを「軽作業マシン」と位置づけている

とにかく、バタフライキーボードで長時間、ガチのレビューを書くと、指は痛いわ、肩は凝るわで、もう終わってるのだ

優しく打てばいい、わかってる。わかってるのだが、情熱レビューは、つい、バシバシ打ってしまう。

だから、メインマシンである、15インチ MacBook Proがバタフライキーボードになることに、一種の「恐れ」を感じていた

バシバシ叩く人達が、何も知らずにコレを購入し、指が痛くなって、暴動を起こさないか心配だったのだ

それくらい、メインマシンにおいて、キーボードは大切だということを痛感させられた

僕のような長文をバシバシ打つタイプのブロガーはハッキリ言って、2015モデルの15インチ MacBook Proが最強のストロークだと感じる

マジで打ちやすいし、疲労感もほとんどない。だから、僕は、15インチ MacBook Proの2016モデルを購入するに当たって、バタフライキーボードであることに大きな不安を感じていた

2「高すぎる」

15インチ MacBook Proはとにかく高い。目が飛び出る値段だ

だから、去年普通に15インチ MacBook Proを購入した僕が、1年後にまた同じ物を買うのか(買っても良いのか)という不安だ

今の15インチ MacBook Proを売却しても、実は、たいした値段にならないことは事前にわかっていた

だから、僕のポリシーである「前の機種を高く売って、持ち出しを限りなく低くする」というのが、15インチ MacBook Proにおいては不可能だった

最高モデルなのに、半額以下の売却金額という現実、コレが僕を躊躇させた

僕の出した結論「15インチ MacBook Proは2015のJISのまま、我慢して使う」

コレが僕の出した結論、2016年初夏のことだった

9月のiPhone発表会を前に、僕はこの決断を下した

10月の発表会で、どんなに魅力的でも、僕は15インチ MacBook Proを買わない

2015モデルを普通に使い、普通にブログを、今まで通り更新する。革新的な機能があっても不安点がある今、僕はGOサインを出すことはできない

 

誰もが納得するこの答が、たった一人の、ある言葉でひっくり返る

 

その衝撃を僕が体感するまで、その場所に僕がたどり着くまで、静かに日は昇り、また暮れていく

いつも通りの日常の中で、刻一刻と「真実」という名の「運命」が僕に近づいてた

 

まだ、僕は知らない

この物語を根本から覆す運命の瞬間の訪れを

〜次回予告〜

僕が衝撃の瞬間を迎えたのはいつか?どこか?そして、誰か?

前半の物語が最高潮に盛り上がる連載第3回は明日の更新を待て!

PS

いつも読んで頂きありがとうございます

今日10月29日は僕ちゃん「部長ナビ」の41歳の誕生日です。おめでとうメッセージや、現金等のプレゼントをドシドシ応募しております

欲しいものリストは下からどうぞ!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 今日、僕は41歳の誕生日を迎えました ハイ、ありがとうございます。まだおはようをアップして30分も経ってませんが、ガンガンお祝い

ぜひ、買ってね!テヘペロ!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. 長期連載シリーズ >
  3. 男達のMacBook Pro >