部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

長期連載9「男達のiPhone〜たけPのリンク爆弾とJACAJACA「栃木レザー」の真実〜」

iphone6-stock-photo

第9回「たけPのリンク爆弾とJACAJACAの真実」

第5回「iPhone 6s Plusの大きさが1万円札なら、ダンボールで作ってテストしてやるZE!」 私は、前回の記事の通り、SLPRO X作者の「するぷ」さんの記事を100000
第8回「アルフォートとiPhone 6s Plusとダンボールダミー」 前回の記事の通り、私は、gori.meさんから「ブロガー」と呼んで頂き、失禁レベルの衝撃を受けた https

前回までのダンボールダミーテストで、「持ち運び」に関してはある程度iPhone 6s Plusでのゴーサインが出た私だったが、「片手持ち」という点では、相変わらず悩んでいた

画面表示の大きさを優先して、両手持ちに移行するのが良いのか、それとも、今まで通り、片手持ちからの持ち替えにすれば良いのか、もの凄く悩んでいた

ぶっちゃけた話のiPhone 6

ぶっちゃけよう

iPhone 6は、私は片手では使っていない。と言うか、使えない。届かないのだ。

第6回「iPhone 6からiPhone 6s Plusへの変更を考える理由〜親指の真実〜」 私は常に考えていた。そう。自分がどうするべきか。 2015年2月にiPhone 6を

この記事でも検証した通り、フリックをする時「小指を安定のために、iPhoneの下に設置する」という小指固定スタイルで文字打ちをするわけだが、この状態で親指は最上段に届かないので、持ち替えか、両手での作業が必須である。

時には、「左手で持って、右手で操作」という、普通に両手持ちでの作業になり、ますます「こういう使い方なら、plusで良いんじゃねえのか」と思わせてくれる日々であったのだ。それくらい、私にとってiPhone 6を片手で操作したいという思いは見事なまでに打ち砕かれていた

iPhone 6s Plusの操作を考える

gori.meさんの後押しと、するぷさんの記事で、完全にiPhone 6s Plusに傾いている私であったが、やはり、最後の砦は「大きさから来る、操作感の問題」であった。

この操作感の問題は、長く使うスマートフォンだからこそ大事なことであって、簡単に決められるモノでもなく、即決するモノでもない

だから、私はこの件に関して・・・

グググググググググググググ

Apple Watchの通知だ・・・

この忙しい時に誰だ。全く・・・。

その名は「たけP」

LINEの通知には「たけP」と書いてあった

仕方なくiPhone 6を取り出してメッセージを見ると、

「これ、どうかな。良いと思うんだけど・・・」

というメッセージと共に、青色のアルファベットの羅列があった。

そう、これが俗に言う「リンク爆弾」である

それがこれだ

たけPが見つけてきたのは「JACAJACA」という店の「栃木レザー」のケース

http://item.rakuten.co.jp/jacajaca/hu-ip037

これである。iPhone 6 Plus用の皮のケースであった。「栃木レザー」というらしい

全くこれ系のケースに興味が無かった私だが、よく見てみると、とある機能に気付いた

「バックグリップ」で片手操作可能。置いてもグラつかない

マジで?

そんなことが可能なのか?片手操作?バックグリップ?

片手でiPhone 6、iPhone 6 Plusを操作するには、「バンカーリング」が基本的に必須であるが、バンカーリングの弱点は2つある

弱点その1「置くとかなりグラつく。置いてツムツムできない」

弱点その2「リングは当然1カ所固定なので、下に合わせると上に届きにくく、上に合わせるとフリックしづらい」

これで私はバンカーリングを卒業した。

しばらくバンカーリングを外して、ケースを使い、また、バンカーリングを使ってみたが、思ったより快適な操作にならなかったのだ

しかし、この「栃木レザー」のケースは違う。

「バックグリップ」が上から下までズーッとあるのだ。よって、 どのポジションでも片手持ち可能のようである

さらに、「置いてもグラグラしない」とのことで、たまらない仕様であることは間違いない。

相変わらずとんでもないのを見つけてくるぜ。

ヤツの名は「たけP」。

恐ろしい情報収集能力である。っつーか、どうやって見つけてくるんだ?わからん・・・

「チョイがけストラップ」「ネックストラップ」と連携可能。明らかにヤバい

http://item.rakuten.co.jp/jacajaca/hu-st004

これがチョイがけストラップ」

明らかにヤバい。なんなんだこれは。

たけP曰く「これ、良さそうだよね」だってさ

よさそうっていうか、これ、絶対良いだろ・・・。

でも、これ、バスケのハーフパンツの時はどうすんだ?

http://item.rakuten.co.jp/jacajaca/hu-st001#hu-st001

また来た・・・。リンク爆弾・・・

見てみると「ネックストラップ」だった。ページ一番下に「2wayネックストラップ」があるが、これがたけPが言っていたモノである。

これ、取り替えて使えるのか・・・

なんなんだこれは・・・。

片手で持てる「バックグリップ」、連携可能な「チョイがけストラップ」「ネックストラップ」と、iPhone 6s Plus使うなら、これしか無いというモノではないか!

全ての不安がこれで解消できるような気がした

グググググググググググググ

Apple Watchの通知だ。

たけPからのLINE

たけP「俺、これを置いている店に行って、取り置きしてもらった(笑)」

は?

取り置き?

え?もう?

さすがたけP、動きが速い。取扱店舗にて、iPhone 6 Plus用のモノを取り置きしてもらったらしい。

iPhone 6s Plusで使えるかどうかわからないのに取り置きしてもらうなんて、まさに男塾(笑)

男気溢れるたけPの行動に、乾杯である

この段階で、私は、栃木レザーのJACAJACAカバーに心を奪われていた。

間違いなくこれならイケそうな気がする。バックグリップで片手操作、チョイがけストラップとネックストラップの連携でポケットに入れなくても済む

何もかもが完璧な革のカバーであった

これで、私の心は決まった。

「二人一緒にiPhone 6s Plusなんて、「やっぱりデカかった!」なんて二人でレビューしたら面白いかもね。ハハハ〜」

もう、ミッキーも憎たらしくない。むしろ愛らしい(笑)

何だかんだで、最後の一押しはたけPだったが、iPhone 6s PlusでGOサインが出た瞬間であった

時は2015年9月11日

予約前日の夜は心地よい疲れと共に、安心感と、満足感に浸ることができた

たけPに感謝しなきゃな・・・

やっぱりヤツは、アドバイザーだ。

素晴らしい友を持てて誇りに思う

ありがとう、たけP

https://nabi1080.com/review/iphonereview/44048 ↑iPhoneに関する記事のまとめです。合わせてどうぞ! こんにちは。部長ナビ(@
https://nabi1080.com/review/iphonereview/44048 ↑iPhoneに関する記事のまとめです。合わせてどうぞ! こんにちは。部長ナビ(@

JACAJACAの栃木レザーについては、幸運なことにサンプル提供いただいたので、そちらのレビューもあわせてどうぞ!

〜次回予告〜

何もかもがウマくいったと思った9月12日(土)

iPhone 6s Plus予約開始当日早朝

今まで積み上げてきた全てを覆す事件が突如起こる・・・

何もかもが信じられなくなった部長に一体何が起きた!

人間不信間違い無しの衝撃の次回はシルバーウィーク初日の明日の更新を待て!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. 長期連載シリーズ >
  3. 男たちのiPhone >