長期連載4「男達のクリスマス〜ストーリー3・Cider〜」

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-AX58_chrismascard20111114134130

第4回「ストーリー3・Cider」

僕は、以前使っていたテーマにいつからか疑問を感じるようになっていた

それは、うまく言葉では表せない何か、不満とか、そう言うのでは無く、「疑問」だった

何が正解なのか、何が僕が求めているモノなのか

答を探そうとしていた僕は、ひたすら、他のブログを見続けた

でも、答は簡単には見つからなかった

ブロガー仲間のよーたくんが、たまたま作成途中のテーマ「Cider」のスクショを送ってくれた

それは、たまたまだった

たまたま送ってもらった内緒のスクショ

そこから全ては始まる

「こ、これは・・・」

そこにあったのは、現Ciderとは少し違うが、大枠は同じ「シンプルさ、モバイルでの見やすさを追求した」究極と思えるテーマ「Cider」の原型だった

「よーたくん、これは・・・」

よーたくん「今度作っている新しいテーマっす」

マジか・・・

その時は名もない試作段階のテーマだったが、僕は確信した。「コレが、僕が追い求めていた答だ」と

そこから二人の共同作業が始まった

よーたくんは、空き時間を利用し僕の要望を取り入れて、テーマを作ってくれた

自分が使う「Cider」と、僕が使う「Cider for 部長ナビ」を同時に進行していたのだ

本当によーたくんには頭が下がる

よーたくん「年内にはリリースしたいっすね」

部長「コレは、みんな、絶対ビックリするぞ〜」

僕とよーたくんは最高潮に盛り上がっていたんだ

年は離れているけど、「読者が読みやすい、シンプルなテーマ」を目指して、あーでもない、これはどうだ、と毎日やり取りを重ね、僕の曖昧な要望をよーたくんは見事に、そして、次々と形にしてくれた

突然のリリース

Ciderは突然リリースされた

ある日突然、よーたくんの「今日、イケるかも」の言葉で、最終調整を加え、そして、リリースとなった

僕はすでに、リリースの1週間以上前から目にしていた新テーマ「Cider」、コレが世に出て、早数日。今ではすっかりウチのブログは「見やすい」「カッコいい」「シンプルだけどセンスがある」と大好評をいただいている

でも、覚えておいて欲しい

僕は要望は出したが、それを具現化したのはよーたくん、一人だ。僕がやったのは、数行のコードをstyle.cssに貼り付けたことだけ。後は全部よーたくんだ

本当に彼はスゴいと思うし、年は離れているが、心から尊敬できる男だと思う

礼儀正しく、謙虚で、でも、強い思いを持っている

そんなよーたくんに、僕は心を動かされるんだ

心に詰まっていたモノが取れた瞬間に、物語は大きく動く

僕は「年末、年内」と揺れていたCiderのリリース同様、前に記事にしたとおり、自分が原因なのだが「ブログそのものを閉鎖するか」という極限の状態に精神的に追い込まれていた

そう。僕は壊れる寸前だったんだ

でも、よーたくんの熱い思いが僕を動かした

「よーたくんにこんなに頑張ってもらってるんだ、僕が諦めてどうする」

Ciderリリースの日、僕は一人、自分の息子のような「Cider」と、急激に上がり続けるGoogle Analyticsのリアルタイムアクセスを眺めていた

涙が止まらなかった

みんな、Ciderに変わったブログを見てくれている

Apple Watch Nike+の通知は鳴り止むことが無く、僕は、Apple Watch Nike+を外した。あまりにもバイブ通知が連続した。メッセージが止まらなかった

 

ありがとう、みんな、ありがとう

 

僕は涙を抑えることができずに、一人、画面をただ見つめ続けた

そして、思った

「僕には、仲間がいる。読者のみんながいる。もう少しだけ頑張ってみよう」

師匠に相談することも出来ず、スタッフに何も話せず、一人で詰んでいた僕が、よーたくんの行動で目が覚めた

「こんなに熱いよーたくんの思いに、僕が答えないでどうする」

 

12月中旬、物語は大きく動いた

 

クリスマスまで、後もう少しと迫ったこの日に、僕はいくつかの行動を起こすことになる

それがきっかけで、僕は不死鳥のようによみがえるのだ

 

まさにプロジェクト「フェニックス」が静かに動き始めた瞬間だった

 

「男達のクリスマス」次回以降もぜひ、ご期待ください

 

〜次回予告〜

プロジェクト「フェニックス」の全貌とは?

部長が取った行動とは一体何なのか?iMac 5Kは?15インチ MacBook Pro 2016の到着は?

果たしてどうなる部長の運命!

気になる次回は、近日公開!更新を待て!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

For You

オススメ記事

Related

関連記事

About

書いてる人

Ranking

本日の人気記事