部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

長期連載2「男達のクリスマス〜MacBook Pro 15インチへの道〜」

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-AX58_chrismascard20111114134130

第2回「15インチ MacBook Proへの道」

僕は13インチ MacBook Proを購入していた

そうだ。わかっている。違和感を感じながら、でも、ある程度満足して使っていた

ただ、頭の中にはいつでも「コレで良いのか?」という疑問符が付いていた

12月、遠い地から届いた1通のメッセージが僕を動かした

2016年12月、街はクリスマス一色だ

そんな中、僕に1通のメッセージが届いた

「いつも楽しく拝見しております。1つだけお伝えしたいことがありましてメッセージを出させていただきました。

私は仕事でMacBook Proを使うので、ずっと15インチを使ってきましたが、昨年、部長さんと同じように13インチに変えました。

しかし、今は2015の15インチを買い直して、現在もずっと15インチで使っています。

こちらのブログは私は今年から拝見しておりまして、もう、今では生活の一部と言って良いほど毎日楽しみにしていますが、部長さんが去年の私のように思えてならなくて、メッセージせずにはいられませんでした。

15インチをメインで使って、ここまでブログを成長させた部長さんには明らかに15インチが合っているのだと私は思います。私も「携帯性」「それほど重い作業はしないから」と13インチに手を出しましたが、結局感じたのは「15インチとそんなに変わらない」という「実感」でした。

重さもそんなに極端に変わるわけでも無く、値段も実はそんなに差がない。

今なら、まだやり直しがきくと思いますので、私が言うのも大変失礼で、差し出がましいと感じますが、「15インチに買い替える」というのはいかがでしょうか?

もちろん、部長さんが、今の13インチで大変満足されているなら何も問題無いんですが、どうしても私は引っかかります。いかがでしょうか?

長文・乱文、失礼しました。スルーしていただいて結構です。これからも更新楽しみにしていますので、お体にはどうかお気を付けて。」

実は、この手のメッセージは、この1通だけでは無かった

実際に13インチにサイズダウンして、結局元に戻すと言うことをしてしまった方からのメッセージがかなり来ていた

ただ、「部長さんのレビュー見て、13インチ決めました」というメッセージも来ていたので、僕は自分のレビューに責任をとらなければいけないと感じていたのも事実だ

悩みの中、僕は孤独だった

かなり悩んだ

どうして良いかわからず、でも誰にも相談できず、一人で抱え、苦しみ、もがいていた

答は見えている

「15インチ MacBook Proに買い替える」

コレしか無いと思っていたが、レビューを散々出してしまった以上、今更引き返せないとも思っていた

僕が「サンプルレビューを断る」のは、読者が「全部「オススメ!」っていってるじゃねえか、結局どれがオススメなんだよ」となってしまうのを防ぐためだ

今日、使って良かったランキングで出したが、例えばヘッドホンはBOSE QuietComfort 35、イヤホンは、BOSE QuietControl 30か、AirPodsと、ウチの読者ならば「部長ナビが使っているメインのヤツ」が簡単にわかると思う

これが「レビューする上で重要」だと僕は思っている。オススメだからレビューする。オススメじゃ無いのに、商品のリンクを貼ると言うことは、読者に対して、何をそのレビューで訴えたいのだろうか?と僕は思ってしまうのだ

だから、僕は、レビューをよく「辞退」する。

企業の広報の方には嫌われるかもしれないが、大事なのは読者だ

分かりやすく、明快で、どれを買えば良いのかわかるようなレビュー。なぜ買うべきなのかわかりやすいレビュー

それこそが僕はレビューだと思っている。だから、オススメしかレビューしないのだ

コレを踏まえ、MacBook Proに話を戻そう

僕は、13インチを絶賛した

でも、今は、15インチで心が一杯だ

使えば使うほど、僕の心は「15インチへの思い」で張り裂けそうになる

だが、すでに「レビューで13インチを決めた」人がいる以上、ここで15インチに行くことは、僕的に「無し」だと思っていた。無しというか「無理」だと思っていた

あまりに悩みすぎて、起床時間がおかしくなった

毎日見ていただいている方はわかると思うが、11月下旬から12月頭にかけて僕の起床時間はおかしくなっている

具体的に言うと「毎日22〜23時で目覚める」「その後、1〜2時で目覚める」ということを繰り返した

明らかに体がおかしくなっていた

だが、僕は、このまま行くしか無い

ストレスを紛らわすために異常に食べて、体重も急激に増えた

何か、歯車が狂い始めていた

あれだけ記事を書いて、読者を煽って、15インチに変えるなんて言えない

そんな「変な正義感」が僕を締め付けた

統合失調症になっている自分だから、吐き出せた

僕は統合失調症を患い、半年休職したことがある。復帰も厳しいと言われていたが、ご覧の通り、合う薬が見つかり、今では統合失調症とは思えない生活ぶりに戻った(薬のみ忘れると症状が出るけど)

だが、あの状況をわかっている僕は「思い詰めすぎるとおかしくなって全てが終わる」と言うことを自分でよくわかっている

多分それは「我慢」が一番悪いのだと思っているので、僕はこの生活リズムがおかしくなり始め「誰にも言えない」と「明らかに考え方がクローズ」になっている自分と向き合い、スタッフでは無く、読者である超常連さんに助けを求めた

読者としての「正直なところ」が聞きたかったのだ

超常連さんのメッセージ(もっと長いんだけど、抜粋)

「正直に言いますと、たぶん、買い替えることで「批判」は出るかと思いますが(もう13インチ買っちゃった人)、15インチってそんなに買う人いないと思うんですよね。

15インチ買う人って、情報発信「する人」が多いと思いますので、たくさんいるように見えますが、私も13インチだし、15インチよりも明らかに13インチの人が多いのは当然です。15インチ、重いし、大きいし、あんなハイスペック、普通の人は必要ないですよね?

私が13インチなのでよくわかりますが、今回、部長さんが13インチのレビューを出してくれたことは非常に大きくて、とても参考になりました。だって、ブロガーの皆さん、みんな15インチですからね。15インチが良いのはわかってますけど、読者からすると「でも使わないんだよなー」と思いながら見てるんですよ

ブロガーの方の「これは良い」ってのと、一般の読者の「これが見たい」ってのはズレてる気がしてます

だって、15インチ買う人って、多分ですけど、ニュースサイトのレビュー見るんじゃないですか?プロライターのレビュー、ありますよね?goriさんがまとめられている「先行レビュー」ってのがそれだと思いますが、あれ見るんじゃないですかね?

そして、15インチ買う人って、「レビュー見る前に買う」のでは?必要ってわかってれば、買いますよね?そう思うんです

13インチを使っている読者としては、iPhoneがそうですけど、両方レビューして欲しいんですよね。同じブロガーの方の意見をぜひ聞きたい(私は)。でも、皆さん、そうじゃないかなと思いますよ。

15インチがブロガーにとって良いのはわかる。iPhoneの大きいのが良いのはわかる。でも、読者に必要なのは「比較」だと思うんです。だから、部長さんが15インチに買い替えても、私は特に問題無いと思いますし、15インチの人は「13インチと比較した記事」が読めることになるので、良いんじゃないですか?逆にそう思いますよ

部長さんが大変悩んでおられるのは文章から察しますが、思い切って15インチに買い替えなさっても良いのではないですか?

提案ですが、「毎回両モデル買う」のはいかがですか?(笑

悩まなくてすみますよ!

なんか、思い詰めてる様子だったので長くなりましたが、みんな、単純に部長さんの文章が好きなんですよ。だから、みんな15インチでドヤってる部長さんを見たいと思うなー。私もそうだしね。

悩むなら、DOしちゃいなよ!(笑

(失礼しました。一回言ってみたかった笑)」

コレが12月の頭のやり取り。

そして、僕は、心を決める

僕は15インチへの買い換えを決めた。

確かに、批判は出たし、読者は減ったかもしれない

でも、僕が思っていた以上に、僕を応援してくれる声が多かったのは驚いた

僕は「読者と共に歩むブログ」を作っていきたいという、変わったブロガーだと思う

だから、読者の意見を大切にしたいし、いつも常連さんと積極的に話をしている

他にも数人の超常連さんに話を聞いてみたが、やはり読者としての意見はほぼ同じで、「13インチを使ったからこその、15インチのレビューに期待してます」ってのが多くてビックリした

そうなのか

てっきりかなりの数の人に「ふざけんなよ」って言われるのかと思ってた

僕は臆病なので、一つ一つ確認してから物事を進めている

いつもだと、師匠に相談するのだが、今回は、本当に、最後の最後で思い切って聞いてみたくらいだ。内容は伏せるが、現状を見ていただければ、どういう話になったのかは想像がつくと思う

こうして、僕は、今回もまた周りの方々に助けられ、15インチ MacBook Proに買い替えを決めた

そして、今日、実機が届く

男達のクリスマス、ストーリー1「15インチ MacBook Pro」完結

この物語は、6つのストーリーで構成されている

複雑に絡み合う6つの物語が、最終的には1つに重なり、それが「男達」にクリスマスをもたらすのだ

最初のストーリー「15インチ MacBook Pro」に関するお話はここまで

次回「ストーリー2」を紹介しよう

最初に紹介したのは、この長期連載で最も重要な「15インチ MacBook Pro」に関する物語だ

裏側には様々な「その時は語れないストーリー」がある

昨日や今日もまた、大きく時代が動くようなやり取りがされているのが現状だが、僕はその「渦」の中で、毎日変化を楽しんでいる

 

15インチ MacBook Proを決めた日、僕はふいに空を見上げた

手続きを完了し、後は15インチの発送を待つだけになった僕は、とてもスッキリした気持ちでいた

実際にこの日から、睡眠がおかしくなることはなく、劇的に生活リズムは改善された

もっと早く「苦しい」「辛い」と言えば良かったが僕にも非がある。コレは仕方のないことだ。神様が「ちゃんと考えなさい」と教えてくれたのだろう。反省。

 

空は晴れ渡っていたが、道には少しだけ雪が積もっていた

 

僕は雪を手に取り、溶けていく様を見ながら、これからの自分に思いを馳せた

今日はクリスマスイブ。どんな夜が待っているのだろうか?

思い切って謝罪記事を出し、そして、批判を受けながらも多くの励ましに支えられ、とうとう僕は配送日を迎えた

僕個人としてはとてもスッキリした思いでクリスマスイブを迎えられている

 

僕は応援してくれる読者の声を大切にし「批判は受け止めるが、あまりビクビクしすぎないように」しながら、これからもブログ運営を続けていきたい

 

繰り返すが僕は臆病だ

 

だから、不安で仕方なくなるときがある

これまでは自分でそれを抑えていた

 

でも、これからは、もうやめよう

 

そうだ

Messengerを覗けば、たくさんの「勇気」をくれる常連さんがいる

Messengerを覗けば、たくさんの「笑い」をくれるスタッフがいる

Messengerを覗けば、僕の唯一で、絶対の「師匠」が見守ってくれている

Twitterを見れば、ラスティ、ころすけがかわいく僕を煽ってくれる

トップページ見れば、そこには、アーティがいる

 

そして、画面の向こうに、あなたがいるから

 

僕は決めた

「苦しい」時は「苦しい」と言おう、と。

 

こんなにたくさんの「仲間」に囲まれているんだ。

 

転んだって立ち上がれば良い。道を間違えたってリスタートすれば良い

 

僕のクリスマスは、感謝の笑顔と涙に包まれた感動的なモノになった

 

みんな、ありがとう。

 

〜次回予告〜

「ストーリー2」は15インチ MacBook Proからお届け!

まさかのあの話に、全読者が「やっぱりか!」と納得間違い無しの次回は近日公開!おたのしみに!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. 長期連載シリーズ >
  3. 男達のクリスマス >