長期連載1「男達のMacBook〜始まりはいつも雨〜」

男達のMacBook

rain

私は、夢の中を歩いていた

VENEXと、西川Air 03のおかげで、睡眠の質は遙かによくなり、それはすなわち「夢を見ない」事を意味していたのだが、私は夢の中にいた

この夢が、夢なのか、現実なのか、私には判断できずにいた

暗闇の中に見える一筋の光に、吸い込まれるように私は進んでいた

光が一瞬私の前に広がり、そして、頬を冷たいものが伝った

 

そうだ

 

2016年4月、岩手県盛岡市には雨が降っていた

満開の桜は、盛岡はGWあたりにやってくる。遅い春の訪れだ

人々は、まだ寒い風から身を守るため、薄手のコートを羽織る

しかし、春が来た、新しい季節が来たという嬉しさに、桜を微笑ましく見つめる光景がそこにあった

私は、降り続く雨の下で、得も言われぬ感情を抱いていた

空を見上げると、いつも通り、何も語らない雲が、まるで私を誘うかのように、黒く蠢くそんな春のある日に物語は始まる

長期連載シリーズ「男達のMacBook」第1回「始まりはいつも雨」

使えば使うほど、私は15インチ MacBook Proの魅力にとりつかれていた

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 師匠のg.O.R.iさん(gori.me)のご助言もあり、9月に13インチ MacBook Pro、MacBook Reti

↑このレビューでアップした通り、15インチ MacBook Proは最強の文字打ちマシンであり、仕事マシンであり、プレゼンマシンであり、そして、動画編集マシンだ

非の打ち所の無い15インチ MacBook Proに何も不満はなかった

しかし、私には1つだけ心に引っかかるものがあった

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です g.O.R.iさん婚約記念で、15インチ MacBook Proのサブ機購入を決意!今買わないで、いつ買うんだ! http

↑ここにあるように、g.O.R.iさんの婚約の時点で、私は記念と言うことでMacBook Retina 12インチを「再購入」しようとしていた

そうだ。私は一度、MacBook Retina 12インチを購入して、売却しているのだ

↑この連載で私は、g.O.R.iさんのアドバイスを元に、13インチ MacBook Pro、MacBook Retina 12インチを売却して、15インチ MacBook Proに一本化した

この話が2015年8月、そして、9月にWordPressに移行している

私は、常に考えていた

「MacBook Retina 12インチでブログ更新は出来るのか?」

ということを常に考えていた

g.O.R.iさんが、2015年で買って良かったランキングで上位に持ってきたMacBook Retina 12インチ、サブ機という形にはなるが、WordPressに移行してから私は12インチを使っているわけでは無い

新型MacBook Retina 12インチ(Early 2016)の発表

突然発表された新型MacBook Retina 12インチ

ベンチマークテストが出るにつれ、その進化ぶりが明らかになる

動画編集を15インチ MacBook Proで行う私は、それ以外、重い作業を行うことは無い

MacBook Retina 12インチを使えるのであれば、それはそれで試してみたいことがたくさんあるのだ

しかし「金利0%でも、月々の支払いが高すぎる」という現実が私を直撃していた

9.7インチ iPad Pro、iPhone SEの購入により、決して、財政はラクとは言えない

MacBook Retina 12インチを追加で購入するなど、夢のまた夢だった

物語は、静かに幕を開ける

盛岡には雨が降っていた

いつもそうだ

何か物語が始まるとき、盛岡に雨が降る

そして、必ず、始まりは恐ろしいほどの静けさが街を包む

 

何か起こるというのか?

 

ありえない状況で、ありえないことが起こる

それが、今までもこれからも続くとは思えない

気のせいかと思ったが、あの、夢の中に見えた一筋の光は一体何なのか?

私の進むべき道はどこにあるのか?

全ては、雨の中、濡れながら家路を急ぐ私には、まだその結末が見えるはずなど無かった

 

男達のMacBook、始動

 

〜次回予告〜

雨の中に見た「一筋の光」とはなんなのか?

次第に道が明るく見えてくる第2回は、近日公開!心して待て!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Related

関連記事

About

書いてる人

Ranking

本日の人気記事