部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

長期連載2「MacBook Proの真実〜gori.meのレビュー〜」

2015年、私の生活に欠かせない存在となった15インチ MacBook Proだが、ここにたどり着くまで数々のドラマがあった。 様々なレビューや、物語、そして、レジェンド記事
↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ!
第2回「gori.meのレビュー」

私は釘付けになっていた。

レビューをもとに、MacBook Retina 12インチを購入したのがきっかけで、私はgori.meのサイトを毎日のように訪れ、レビューを見ながら、書き方を学んでいた。見れば見るほどためになるサイトであることは間違いないのだが、とあるレビューが私を釘付けにしたのだ。

ああ、そうだ。釘付けになっていた。それは、この5つのレビューである

http://gori.me/macbookpro/macbookpro-retina/68574

http://gori.me/macbookpro/macbookpro-retina/68711

http://gori.me/macbookpro/macbookpro-retina/53711

http://gori.me/macbookpro/macbookpro-retina/53849

http://gori.me/macbookpro/macbookpro-retina/54468

これが・・・
私は、gori.meのレビューは基本的に「MacBook Retina 12インチ」のモノを見ていた。これをきっかけに購入を決めたのだ。

だが、並んでいるレビューは「15インチのMacBook Proがいかに素晴らしいか」を語るものであった

私は不思議に思った

「なぜ、MacBook Proの15インチをあれだけべた褒めしながら、MacBook Retina 12インチを買ったのだろう?」

なぜだかわからなかったが、この時点では「聞いてみよう」という気など起きなかった。gori.meは雲の上の存在、私から言わせれば「芸能人レベル」の人である。一般の素人ブロガーである私なんかが気軽にコメント、質問してもいいレベルの人ではない。

私はMacBook Retina 12インチを快適に使っていたが、MacBook Proが自宅に置きっ放しで、しかも、早朝作業、夜の記事更新で、MacBook Proを使っているかと聞かれれば、「全く使っていない」というのが答えである。

それほど、MacBook Retina 12インチは素晴らしいガジェットであった。

が、

何度見ても、gori.meでは、「15インチ MacBook Pro」を推している

読めば読むほど、「15インチ MacBook Proはブロガー必須のガジェット」のような気がして思える。が、ブロガーというのは「いつでもどこでも文字打ちができる」ことが最優先されるべきであり、スペックとかはあまり関係ないのではないかと思っていたし、実際、MacBook Retina 12インチを使っていて、不満はあまりなかった

でも、自宅にはMacBook Proが起動もされずに置いてあるというこの事実

私は、ある決断をした

「なぜ、15インチ MacBook Proなのか」

これを聞いてみよう。もし、忙しくて返事が来なくてもそれはそれで仕方ない。MacBook Proは、動画編集では必ず使うので、自宅用の母艦としては申し分ない。ただ、ひらくPCバッグを使うとなると、残念ながら、MacBook Proは重いのである。それもあり、MacBook Retina 12インチと言う選択を私はしたのだ

自分の決断は間違っていない

そう信じていたが、確信が欲しかった

「普通のブロガーの方であれば、MacBook Retina 12インチで十分」と言う回答をgori.meさんから得られれば私は何も問題無くブログ打ちを続行できる

そういう回答になるはずだろうし、お忙しいと思うので、そもそも返信が来ることを期待してはいけない

メールを探したが、記事の下に「LINEで楽しくお話ししましょう」とQRコードがあった

私は、数日悩んだが、思い切って友達登録し、LINEでメッセージを送った

この行為が、私の全てを決めることなど、誰も知らない

盛岡の夏は暑い

2015年8月、ゆっくりと、静かに、ゆっくりと、時が進んでいた

gori.meさんの元に届けられた私の「無駄に長いLINEメッセージ」に「既読」が付き、そして、伝説の幕が開くのであった・・・。

~次回予告~

gori.meさんからのLINEの答えは?そもそも返信が来るのか?

気になる次回は今週末以降の21時を待て!

なお、宿題として、上の5つのレビューを熟読した者のみ、次回の記事閲覧を許可する

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. 長期連載シリーズ >
  3. MacBook Proの真実 >