【レビュー】Spigen「AirPods Strap」は、無くしそうな不安とおさらばのAirPods専用ストラップだ!

AirPods

AirPods ストラップ07

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

毎日使いまくっているAirPodsだが、小さく、軽いので、「落として無くしたり、壊したり」と言うことが非常に心配だ。皆さんはいかがだろうか?

そう思っていたところ、SpigenのHarukaさんから連絡が入り、AirPods用のストラップをサンプル提供いただいた。紹介しよう!

いつも通り、安定の手書きのメッセージからスタート!その情熱に乾杯!

AirPods ストラップ01

イヤー、スゴいね。Harukaさん。マジで。

人柄が出るよね、こういうのって。「メッセージを入れる」こと自体がスゴいことなのに、色がついてるし、「部長ナビ様」って俺だけのメッセージやんけ!家宝にするわ!

外観!

AirPods ストラップ02

AirPods Strapは、小さめの箱に入っている

AirPodsをつなぐという、シンプルなコンセプトの商品だが、かなり良いと感じた

開封!

AirPods ストラップ03

本体はこんな感じ

AirPodsにブッ刺す「先っぽ」が2つある

AirPods ストラップ04

2つのAirPodsをつなぐケーブルは伸縮性のある柔らかい素材だ

触り心地は非常に良いぞ

装着!

AirPods ストラップ06

こんな感じになる

メッチャ普通のイヤホンに早変わり

先っぽをAirPodsに装着するときも、程よい引っかかりで抜け落ちる心配は皆無だろう

AirPods ストラップ07

アップすると、こんな感じ

マイク部分はしっかりと露出するので、Siriの使用に問題はないだろうと感じる

しまうとき

AirPods ストラップ09

しまうときは、箱に書いてある通り、ケースに巻き付けるらしい

こんな感じだ

AirPods ストラップ10

ケーブルにくっついてる留め具で、もう片方のストラップが留められる感じだ

注意点

モノは非常に良いと思うのだが、実際に使って感じた注意点を挙げておこう

購入する際はコレを理解した上で購入して欲しい

L、Rが隠れる

AirPods ストラップ08

このように、内側から見たときに「L」「R」が隠れた

僕は、一度、左右逆に付けて落としそうになったことがあるので(逆に付けると、耳にフィットしない)、コレは要注意だと感じた

まあ、慣れると付け間違いはなくなるので、そもそも「L」と「R」の表示辞退が不要になると思うのだが、まあ、それはそれ

初心者にはちょっと大変かもしれないと思って書いておいた

毎回、脱着が発生する

AirPodsのコンセプトとして「手軽に」というのがあると思うのだが、ストラップを付けると確かに落下や紛失の安心からは解放されるが、「ケースにしまうときは、ストラップを外す」必要があるので、使う度に装着し、しまう度に外して巻き付けることをしなければならない

まあ、片方無くすだけでも相当お金を取られるので、それを考えれば問題無いという方は良いと思うが、「気軽に、手軽に使いたい」というのを第一に考える場合、ちょっと良く検討した方が良いと感じた

手間を取って、紛失、落下のリスクを減らすか、手軽さを取って、リスクを負うか、それは個人にゆだねられているので、まあ、迷ったらDOしちゃいなよ!イエース

まとめ

悪くないねぇ

見た目もカッコいいと思うねぇ

AirPods自体が「見た目が不自然」と言われているので、見た目が自然なイヤホンになるのは良いんじゃないスカね?と思いますよ。割とマジで

Harukaさん一推しの「AirPods Strap」、Spigenから「無くさないという安心」をあなたに

↑Amazonで検索したら、似たような商品たくさんあるねぇ。Spigenは間違いない品質だと思うので、オススメだよ〜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

RECOMMEND

おすすめ記事

RELATED

関連記事

RANKING

今日の人気記事