部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

【追記】Lightroom CC、クラウドにRAWファイルを保存出来る最新版として登場

Lightroom CC

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

突然アップデートされた新しいLightroom、それが、「Lightroom CC」です。皆さん、インストールしてみたでしょうか?

今回は、色々不思議な点について、Adobeのサポートにチャットで聞いてみましたので、お知らせします

コレは1TBプラン、イクしか無い。「SSDにRAWファイルは保存しません」とサポートが答えた

スクリーンショット 2017-10-20 16.15.24

最も気になっていたのは、Lightroom CCの売りである「クラウド保存」について

コレ、クラウド保存とは言ってるけど、実際にはMacのSSDに今まで通り保存するんじゃねえの?って思ってサポートに聞いてみたところ、次の回答が

Adobeサポート「Lightroom CCはクラウド保存になりますので、MacのSSDに保存すること無く、クラウドにRAWファイルを保存いたします」

マジか!マジなのか!

これは買うしかねえんじゃねえのか?ってマジで思った

Lightroomの最大の弱点は、NASをよく分かってない人は自分のSSDもしくは外付けHDDにRAWファイルを保存するしかなく、しかも、そのやり方が良くわからないと言うこと

さらに、RAWファイルは容量を食うので、いくらSSDがあっても足りねえよ!ってのがLightroom野郎の叫びだった

それを一気に解消したLightroom CC、コリャスゲエ

スクリーンショット 2017-10-20 16.15.24

確かに、クラウド保存という説明はあるが、心配だったので、聞いてみたらその通り

僕の場合は、EOS 80Dで撮ったRAWファイルを15インチ MacBook Pro 2017に読み込むのだが、この時、Lightroom CCを起動すると、クラウドにアップしてくれるとのこと

嬉しい!嬉しすぎるぞ!Lightroom CC!たまんねえな!オイ!

しかも、1TBのプランもあるので、メッチャ嬉しい!コレはプラン変更で1TBイクしかねえんじゃねえのか?的な

必要に応じて、クラウドからダウンロード

当然、どのデバイスからでもLightroom CCを使って現像処理ができるので、それを共有して、必要なデバイスにてダウンロードすれば良いという図式ができあがる

この「保存」をDropbox等にすると、マジでSSDを圧迫せずに全部クラウドで処理出来ることになる。コレはステキ。ステキ過ぎる!

スクリーンショット 2017-10-20 16.15.24

気になるプランは3種類!

Lightroom CCの単体プランだと、月980円で1TBのクラウドストレージが使えるぞ!

僕は今、月980円のフォトプランだが、今度、右端の「1TBクラウドストレージ付き」のプランに変更しようと思う

これで、いくらRAWファイル取りまくってもクラウドに保存しまくりなので、イエーイだぜ〜。たまんねえぜ!

RAWにしてから、写真をいじるのが楽しくなったので、ぜひ、皆さんも、RAW撮影やってみると良いと思います!ぜひ!

ちなみに、今までのLightroomは「Classic」という名前が付くようです。違いがあるので、注意してください

追記

昨日の夜、Adobeのサポートからメールが来て、「設定上、メモリーカードからRAWファイルを取り込んだとき、SSD上にファイルが残る可能性があります」と連絡がありました

ただ、リリース直後のため、情報がなく、2週間ほど待って下さい、とのこと

と言うわけで、SSDにファイルが残るなら、Lightroom CCを使う意味はないので(Classicで良い)ちょっと様子を見ます

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. Macアプリ >