部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

モバイルバッテリー「RP-PB055」で、15インチ MacBook Pro 2017を「5%」からフタを閉めて充電してどのくらい充電出来るか検証してみた!

RP-PB05502

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

先日の「15インチ MacBook Pro 2017が87W充電出来るモバイルバッテリー」であるRP-PB055のレビューには多くの反響が寄せられました

しかし、この手のレビューは「実際に使えるのか?」が非常に大きなポイントとなります

そこで、今回は検証第1回としまして、「5%まで減ったバッテリーが、RP-PB055を使うとフタを閉じたまま充電するとどのくらいの時間でどのくらい充電出来るのか」検証してみましたので、ご覧下さい

12:02スタート。5%でフタは閉じる

とりあえず、最初の検証なので、フタを閉じたまま充電することにしました

RP-PB05501

見ての通り、白いバッテリーマークが「充電」の証です。ここが黒いと「給電」となり、充電はされません

W数が低いモバイルバッテリーだと、ここが黒いままだったりしますので、注意が必要ですが、RP-PB055は、87W純正電源アダプタでガチで充電出来ますので、安心でございます

んじゃ、行ってみよう!

結果!

RP-PB05503

ハイ、RP-PB055がカラになったのがこの時です

およそ1時間半(90分)で98%まで行きました

よって、フタ閉じたままだと、90分で93%分、15インチ MacBook Pro 2017を充電出来ることが分かりました。コレ、良いんじゃないですか?マジで。

HyperJuiceに比べて、充電時間が早いのは、「W数が高い」からだと思います。87W純正電源アダプタを「コンセント差し込み」できるのがRP-PB055の大きな特徴ですので、アダプタがそのまま使えますから、急速充電と言うことなのでしょう

なかなか、87Wで充電出来るモバイルバッテリーは無いでしょうから、これは素晴らしい結果ではないかと思っています

次回予告

次回は「使いながらだと、どのくらい充電出来るのか」を検証します

実際にブログ作業や、その他打ち込み作業、ネットサーフィンをしながら、RP-PB055を使うと、どのくらいの時間でカラになって、どのくらい充電出来るのか、それを検証したいと思いますので、ご期待ください

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です また、僕はとんでもない商品に出会ってしまった 今回、RAVPowerからサンプル提供いただいたのは、大容量モバイルバッテリー「R

↑商品のレビューはこちらから!

↑HyperJuiceとほぼ同じ値段なので、僕は87Wで充電出来るコイツは外で使うことが多い人にはお勧めだなーと思います。ぜひどうぞ!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. Macアクセサリ >