MacBook Pro 15インチ 2016のグラフィックス不具合はmacOS Sierra 10.12.2リリース後も続いている模様〜グラフィックスの自動切り替えをオフに〜

   2017.02.24 Macニュース・最新情報・噂

IMG_5162

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

Appleちゃんねるによると、グラフィックスの不具合がでていた「GPUを盛った15インチ」モデルが、macOS Sierraの最新アップデート10.12.2リリース後も不具合が続いているとのこと!

グラフィックスの自動切り替えをオフにして、サポートに電話するしか無いみたい

設定 → 省エネルギー にある、「グラフィックスの自動切り替え」をオフにするしか無いようだ

Premiereを使うときに不具合が出やすいらしいので、そういうアプリを使わないのも手だと思うが、前に書いたとおり「GPU盛ったモデルが不具合」というのが切ない

しかも、macOS Sierraのアップデート後にも不具合というのが切ない

そして、僕はGPU盛ったモデルを買っているので、開封した瞬間不具合が来たら、全俺が泣く。ああ。泣いてみせるさ

ブログ的に美味しいだと?

(゚A゚;)ゴクリ

(via Appleちゃんねる

部長ナビマストドン始動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUT ME

書いてる人

部長ナビ

41歳 / 情熱ブロガー

プロフィールを見る

RECOMMEND

おすすめ記事

RELATED

関連記事

RANKING

今日の人気記事