部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

ATOK、キーボードを「iPhone Xの縦幅」から「iPhone 8の縦幅」に変更することが設定で可能

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

生粋のATOK野郎で知られている僕ですが、先ほど、「iPhone 8をしばらく使っていたから、指が慣れちゃって、iPhone Xだとミスフリックが出ちゃう」みたいなことを書きました

で、ATOKの設定を見てみながら、iPhone 8と比較したら、微妙に「縦」も「横」も大きくなっていたiPhone Xのキーボードを「縦幅」だけですが、iPhone 8と同じ高さに出来ることが判明し、コレがメッチャフリックしやすいので報告します!

「ATOK」「設定」「キーボードのスタイル・デザイン」「サイズ・位置」からイケる

.camtemp

ATOK自体がiPhone Xに対応してないようでしたので、上下に黒い線が出ておりますが、キーボードの幅自体はiPhone Xのモノです

で、左がiPhone Xのデフォルトのキーの高さになります

ここから「小さく」を一回タップすると、右の画像の高さになり、横幅は同じなんですけど、縦が狭くなって、コレがiPhone 8と全く同じと言うことを先ほど確認しました(iPhone 8を横に並べて確認した)

ハッキリ言って、メッチャ打ちやすいです

ミスフリックも明らかに減りましたので、ATOK使ってる方、コレ、絶対設定した方が良いです。オススメですよ〜

Plus機種からiPhone Xに変えた方は、この設定はあまり効果無いかもしれませんが「大きく」ってのもありますので、ぜひ色々試してみてください

何度も言いますが、文節変換、Macとの登録単語同期(ATOK Sync)等々、素晴らしい機能が満載ですので、ATOK、マジでオススメです!ぜひ!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. iPhoneアプリ >