部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

【レビュー】Adonit Mini3、iPhoneでの手書きやゲームに適した軽くて小さいディスク型スタイラスペン

Adonit Mini311

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

Adonitより、新発売のiPhone用スタイラスペン「Mini3」をサンプル提供いただいたので紹介しよう

意外と「ゲームで使う」という用途がハマるのでオススメだ!んじゃ、行くぜ!

外観!

Adonit Mini301

いつものオシャレな箱に入ってやってきた

サンプル品は海外から発送されているので、ちょっと箱が潰れているが仕方ない。ご容赦いただきたい

開封!

Adonit Mini302

これが、Mini3の全体像

絶妙なローズゴールド色を今回は提供いただいた

まさに「毎日ツムツムをやってる奧さんのあやかぜ用」としてピッタリだと思った

Adonit Mini304

一番上には製品名である「Mini」の文字が

キャップを上に被せるためのくぼみもある

Adonit Mini303

正面から見るとこのように「三角形」の形をしていて、転がって落ちることも無い

もちろん、握りやすさも素晴らしく、よく考えられた設計であると感じた

Adonit Mini305

最近のAdonitスタイラスではお馴染みの「ペンホルダー」が「切り込み」で作られている

これで、Yシャツ等の胸ポケットに挟むことが可能だし、ズボンのポケットに挟むことも可能だ

スタイラスというのは「持ち歩きにくい」というのが弱点だが、Adonitは「出っ張り」を作らないまま、携帯する工夫を施している。素晴らしい

Adonit Mini310

実際に持ってみると、Adonitのロゴが現れる

相変わらず存在感のある、かっこいいロゴだ

Adonit Mini306

ペン先は、このようにゴムっぽい部分で滑りづらくしてキャップを被せる形だ

Adonit Mini307

ペン先はこちらもお馴染み「ディスク型」の先端だ

最初、これ、ビックリするのだが、驚くほど書きやすい。使うと分かるAdonitの技術の高さを感じられるだろう

使ってみた

Adonit Mini308

まずは、GoodNotes4で使ってみた

何も問題無く書くことができた

iPhone SEなので、横幅は狭いが、横置きにするといくらか書きやすくなることだろう

Plusの機種では十分に書きやすいと思われる

Adonit Mini309

メニュー画面のスライドも、遅延も全くなくスイスイ動いた

とても使えるし、何より、指紋が付かないのが良いと思う

Adonit Mini311

ツムツムで使ってみた

僕のメインであるサプライズエルサを消すときもスムーズに行けた

指でやるより「周りが見える」ので、ツムツムには非常に向いていると感じた

ピンポイントでツムを消せる感じだ

Adonit Mini312

サプライズエルサの必殺技、雪だるまも滑らかに消すことが出来る。素晴らしい

奧さんのあやかぜにツムツムやってもらった

実際に毎日ツムツムやってる奧さんのあやかぜにMini3を使ってもらった

感想は「非常に見やすい」と言うことと「指が画面に付かないのが良い」という、僕の予想とは少し違った感想だったが、これが「一般の人」の感想なのだろう

ツムの消しやすさよりも「見やすさ」の方に感動したらしい

当然、あやかぜは初めてスタイラスペンを使ってツムツムをやるのだが、もう、僕に返す気は無いようで、色もローズゴールドなので、生き生きとツムツムをやっている。後でハートを送ることにしよう

まとめ

僕のみでは無く、全くスタイラスペンを使ったことの無いあやかぜにも好評であったAdonitの新作「Mini3」

iPhoneで良くゲームをする場合、iPhoneでは現時点ではApple Pencilは使えないので、このようなスタイラスペンが意外と力を発揮する場面はあると思う

「Apple Pencilが使えない」と言うのも知らない方も結構いると思うが、Apple Pencilが使えるのは「iPad Pro」のみで、普通のiPadもApple Pencilは使えないのだ

だから、廉価版のiPadを使う方にもこのスタイラスペンはオススメ、ぜひ、Amazonで検索してみて欲しい!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. iPadアクセサリ >