【レビュー】iPhone 7 Product REDを3日使ってわかった15のこと〜切ないほどに「深い赤」、そのままの姿で使いたいんだ〜

   2017.08.30 iPhone 7

iPhone 7 Product RED03

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

iPhone 7 Product REDを3日使った。使って使って使いまくった。そしてわかったことがある。当ブログの好評シリーズ「3日使ってわかったこと」レビュー、今回は、iPhone 7 Product REDだ

新しい試み「STAY TUNEを聞きながら読んで欲しい」なぜなら、このiPhoneには「リズム」があるから

↑この曲はブログで紹介したが、今回の3日使ってわかったことレビューはぜひこれを聞きながら読んで欲しい。ノリノリで読んで、そのままゲットすれば最高だ

レビューも音楽とコラボする時代がやってくると言うことだ。ああ。YouTubeなので、通信量には注意して欲しいが、ぜひ聞きながら読んでみて欲しい

1 シビれる深みのあるREDにゾッコン

iPhone 7 Product RED01

今回のiPhone 7 Product REDは、「明るい赤」というよりは「深みのある赤」と行った方が良いだろう

ローズゴールドとは違った、力強く、そしてシックな赤だ

僕は、この「赤」が素晴らしいと思う。まさに僕のカラーだ

2 マットな手触りは最高の一言

iPhone 7 Product RED16

このiPhone 7 Product REDは「マット」な質感だ

今までジェットブラックに慣れてきた僕は、この「マット」な感じがたまらなく新鮮だ

指紋が付きにくいのもスゴく良い。一見するとスルスル滑りそうだが、適度なホールド感も最高だ。Plusだと重みもあるので滑りやすいかも知れないが、僕はバッチリ持てている。最高だ

3 「Product RED」の文字が所有欲を満たす

iPhone 7 Product RED02

特別な意味を持つ「Product RED」がiPhoneの背面に刻まれている

何と言ってもコレがカッコいい。オンリーワンな仕様にゾッコンだ

4 カメラはシングルだが、特に問題は無い

iPhone 7 Product RED03

今回のGINZA2017で、EOS M3が大活躍だったことを考えると、やはりiPhoneのカメラは特に僕はこだわる必要がないと考えている

そうなると、シングルで十分、コレでバッチリ良いカメラだと言えるだろう

5 横からのフォルムも「大人」な赤

iPhone 7 Product RED04

やはり、毎日使うモノだから、「見た目」はとても重要だ

3日使った僕でも、この横顔を見る度、惚れ惚れする

コレを読んでいるあなたが欲しくなるのも、仕方のないことだ。それを僕は「必然」と呼んでいる

6 アンテナラインも一体感溢れるRED

iPhone 7 Product RED05

コレもたまらない感じだ

全くアンテナラインを意識せず、本体のデザインを楽しむことが出来る

色々言われていたアンテナラインだが、無いとやっぱりスッキリすると言うことが良くわかった

7 裸で使いたくなるボタンの押し心地

iPhone 7 Product RED06

このモデルはぜひ裸で使いたい、もしくは、バンパーだろう

クリアケースも良いが、この手触り、質感を僕は大事にしたい

そう考えて3日使ったが、ボタンをそのまま押す感じは、ケースをずっと使っていた僕には新鮮だ。当たり前だが、スゴく押しやすい

8 マナースイッチは粋な計らい

iPhone 7 Product RED07

見ての通り、マナーモードになると、ホワイトの色が出て来る。コレは通常モデルと逆だ

本体が赤いので、マナーモードの時に「赤じゃ無い色」が出て来るのだ。細かい気配りに乾杯

9 バランスを考えると、ベゼル白は正解。かまぼこでも、鯨ベーコンでも無い

iPhone 7 Product RED08

実際に使った人から「黒じゃ無い方がスッキリして良い」というベゼルについての意見がでているところだ

僕も、白が「自然」な感じがして好きだ。見ての通り、何も不自然さが無い印象を受けるだろう

10 ホームボタンの段差が限りなく無いのがグッド

iPhone 7 Product RED10

ケース・フィルム無しで3日使ったが、ホームボタンの段差が無いのが素晴らしい

滑りも思ったより悪くなく、気になるのは指紋くらいだ、何も問題無いと感じた

11 さすがの4.7インチ。片手でバリバリ使える

iPhone 7 Product RED11

うーむ・・・

やはり操作しやすい・・・。それが率直な感想だ

僕はやはり片手野郎なので、4.7インチが正解なのかも知れない。3日使いまくって、確信に至った感がある

12 片手にすっぽり収まり、ポケットにも収納が楽

iPhone 7 Product RED12

SEと間違えるくらい、片手にすっぽり収まる

そして、ポケットの出し入れも非常にスムーズだと感じた

とてもナイスな感じで使えているので、サイズ感は最高。色も最高、と言ったところだろうか

13 Lightningは赤じゃ無かったが、我慢しよう

iPhone 7 Product RED14

Lightningはいつも通りシルバーだった

ま、仕方ないか。ここまで赤だとカッコよかったんだけど、わがまま言っても仕方ないので、こういう仕様と言うことでLightningは我慢しよう

14 絶妙な赤と白のバランスに酔いしれる

iPhone 7 Product RED13

本当に絶妙

赤と、白のバランスがとても良い。これ以上赤が暗くても、また、逆に赤が明るくてもダメだろう

ローズゴールドは僕はちょっと躊躇するのだが、このiPhone 7 Product REDは、「見せたい赤」として購入することが男性でも十分に可能

女性にとっても「カッコいい赤」として使いこなすことが出来るだろう

とにかく絶妙。実機を見て欲しい

15 アイコンの並びはやはり4.7インチがしっくりくる

iPhone 7 Product RED15

5.5インチとの比較なのだが、余計な余白が無いので、僕はこっちの方がスッキリして見える

良い感じだと思っているが、いかがだろうか?

まとめ

15個の「3日使ってわかったこと」を書いてみたが、いかがだっただろうか?

僕は、iPhone 7 Product REDをメインとして使っていこうと思っている。しかも、なるべく裸で

Apple Care+には多分入ると思うが、なるべく裸で使いたい。この質感、手触り、そして「赤」を楽しみたいのだ

サチモスの「STAY TUNE」と共にお送りした3日レビュー、いかがだっただろうか?

よろしければお近くのApple Store、もしくは、家電量販店、キャリアショップ等でREDを体験して欲しい。SIMフリーはネットで買う方が早いので、Apple Storeからどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Related

関連記事

About

書いてる人

Ranking

本日の人気記事