部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

2018年のiPhoneは3種類か。5.8、6.1、6.5インチでFace ID搭載と予想される〜SE 2は出ても内部アップデートのみか?〜

スクリーンショット 2017-11-14 05.09.58

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

iPhoneのリーク情報でお馴染み、Benjamin Geskin氏のツイートによると、9To5MacがKGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏の予想を掲載している。紹介する!

2018のiPhoneは3モデル。6.1インチがLCDで廉価版らしい

今年のiPhoneは、iPhone Xが5.8インチOLEDディスプレイだが、来年、2018年のiPhoneは全ての機種がFace ID搭載(True Depthカメラ搭載)で、Plusのサイズで全画面モデルの「6.5インチモデル」が登場し、さらに、新しく廉価版の6.1インチLCDモデルが登場すると予測している

廉価版がどのくらい廉価版かというと、現在のiPhone Xが「999ドル」なのに対し、KGIの予想では6.1インチLCDモデルは「649〜749ドル」の間で始まるらしいので、全画面ディスプレイでFace ID搭載モデルがこの価格で買えるのは大きいと思うが、本体が大きすぎるのでは無いかと個人的には心配

なぜ、6.1インチなのか謎だが、信頼性の高い情報を連発しているMing-Chi Kuo氏の予想なので、多分当たるだろうと思っているけど、うーん・・・。6.1インチかぁ

たぶんSE 2は出たとしても内部アップデートと僕は予想

来年のラインナップが予想され、3種類モデルが出るとすると、問題は「片手野郎はどうすれば良いのか」ということになり、俄然iPhone SE 2への期待が高まるが、もし、SE 2が全面ディスプレイ、Face ID搭載で出るなら、一緒に予想されるのでは無いだろうか?と僕は考える。あくまで、個人の勝手な予想だが・・・

SE 2は以前、出るとしたら、4.7インチディスプレイになると言われていた

大きさが4インチ筐体で、全面ディスプレイとなれば、片手野郎は喜んでSE 2を買うだろう

しかし、ここで、来年の予想にヒントがある

僕は以前、「iPhone Xがこの大きさになったのは、これ以上小さくできない事情があるからではないか」と述べた

それがなんなのかわからないが、僕の仮説を正しいと仮定すると、来年のiPhoneのラインナップは、確かに一番小さいのが今年と同じ5.8インチOLEDディスプレイなので、理屈が通ることになる

廉価モデルを「6.1インチ」にしたのは、5.8インチOLEDディスプレイより小さい予想が出ないのは、何か理由があるのではないかと思うが、その理由の一つに「5.8インチ全面ディスプレイより小さく作れない」というのがあれば、SE 2が内部アップデートのみ(4インチの画面のまま、Face ID非搭載、大きさ同じ)と十分に考える事が出来る(と思う)

また、Ming-Chi Kuo氏は「Touch IDからFace IDへの移行」も言っているので、そう考えると、SE 2は「そもそも出ない」ことも十分に考えられる。だって、Touch IDだから

サプライズで3月に全面ディスプレイのSE 2が出るかもしれない。でも、それは、かなり確率は低いのでは無いか、と個人的には予想する。予想なので、外れたらごめんなさい

以上、来年のラインナップについて触れたが、ますます片手野郎の「iPhone 8人気」「iPhone SE人気」が加速するような気がしてならない

皆さんはどう考えるだろうか?

 こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です iPhone Xを使用し、3日が経った。使って使って使いまくった。そしてわかったことがある。当ブログ好評シリーズ「3日使って分
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 約1ヶ月、iPhone 8、iPhone 8 Plusを併用してきた その中で、僕のメインの使用方法である「片手使用」についてわ

(Image via 9To5Mac

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. iPhone >
  3. iPhoneニュース・最新情報・噂 >