部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

iPhone 8が「iPhone Pro」と呼ばれる可能性と、「7s」のアップデートについてgori.meを読んで考えてみた

iPhone 8 iOS 11 2

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

gori.meに「新型iPhoneがiPhone Proと呼ばれる可能性について考える」という記事が出た

コレを読んで僕は思った。「プレミアムモデルは、iPhone 8ではないのでは?」と。そう、gori.meの主張に深くうなずいたのだ

これについて、僕なりの考察を書いてみたいと思い、インスパイア記事を書くことにした(g.O.R.iさんには、すでに「インスパイア記事を書きます」と伝えてあります)

考察1「プレミアムモデルが「iPhone Pro」と呼ばれる可能性」

まずは、gori.meでもメインの主張であった「新型プレミアムiPhone」が「iPhone 8」ではなく、「iPhone Pro」と呼ばれる可能性について行ってみよう

確かに、iPhone 8となった場合、通常モデルである「7s」の次はどうするのか?と言った問題が起きる

さらに、iPhone 8の次期モデルが出た場合、ナンバリングを付けてしまうとコレも困ることになる

5sから6になったとき、誰もが「5sの次期モデル」を切望し、それが叶ったのが「SE」である事を忘れてはいけない

ナンバリングモデルは、今までのiPhoneを確実に進化させ、それ以外のいわば「イレギュラー」なモデルは、「SE」のように特別な名前を付けることをAppleはした

今回の、iPhone 8についても、確かに、「ナンバリングモデルの後継機」というよりは「iPhone生誕10周年記念モデル」としての意味合いが強いのはニュースを見ていればすぐに分かる

機能も7sとは全然違う全くの別物と言えるだろう

こういうイレギュラーなモデルにナンバリングを付けることは確かに「考えにくい」と思うのだ

だから、gori.meにある通り「iPhone Pro」と付け、通常モデルは7s、で、来年の通常モデルを8とすることは何の不思議も無い

さらに、もう一つ納得いくのは、iPadとMacBookの「Pro」はナンバリングが無い、と言う事実だ

例えば、15インチ MacBook Pro 4、といった「Proモデルのナンバリング」は存在せず、あるのは「出た年」がネーミングにくっつく程度だ。iPadも同様であることから、iPhoneも「プロ仕様」モデルを「Pro」と命名し、それを、例えば「iPhone Pro 2017」みたいに発売し、来年は「iPhone Pro 2018」とするのは、他のデバイスとのネーミングルールが一致するので、非常に分かりやすい、と言えるだろう

うーむ

さすがg.O.R.iさん、よく、ここまで考えるな〜、と思いながら記事を読んでいたが、こういうことだ。素晴らしい考察だ(g.O.R.iさんが)

僕はgori.meを読んで思ったことを、ただ書いているだけなので、別にたいしたことはない。やっぱり、g.O.R.iさん、スゲえ。

今年のプレミアムモデルは、最新情報では「10〜12月に発売か?」となっているが、来年の発売もあながち嘘ではないようで、どうなるか全く読めないが、「通常モデルでは無い」ことを考えると、それほど「9月発売」にこだわることも無いのか、と、コレも納得。確かにSEも3月発表だった。特別モデルは9月を外すのかもしれない

考察2「iPhoneで全てを済ます人が増えているという事実」

gori.meのニュースによると、「iPhone」だけでネットを済ます人と、「iPhone+Mac」で済ます人と、どっちが多いのか調査を行ったらしく、今の若い人を中心に「iPhoneだけでネットを済ます」人が増えているらしい

僕は、SNSのやり取りはどうしてもキーボードを使いたいので、iPhone+Mac+iPadという図式で、SNSはほぼ、iPhoneは使ってないのが現実だ。だが、僕のような使い方は今や少数派らしい

フリックで済ませると言うことなのだろう

ウチのスタッフで言うと、たけPは、根っからのiPad mini 4野郎なので、彼は、「iPad mini 4でほぼ全ての作業をこなす」のだ

よって、たけPは、「iPhoneに性能をあまり求めていない」と言える。電車の中でも、自宅でも、ほぼiPad mini 4で過ごすからだ

人により、使い方は様々だと思うが、アンケートによると、「iPhoneのみ」でネットを完結する人が増えていると言うデータはその通りなので、そういう観点から行くと、今年のプレミアムモデル「iPhone Pro」は、ある程度需要があるのではないかというのがgori.meを読んで思った僕の感想だ

大画面で、コンパクト、様々な高性能が詰め込まれている新型プレミアムモデル

iPhoneで全てを済ます若い人は、この高性能を長く使うのでは無いか?そう、まるで「MacBook Pro」のように、と思ったのだ

僕みたいな変態は、毎年iPhoneを買わないと死ぬ病気なので、多分買うと思うが、普通の人は2〜3年、同じiPhoneを使うだろう

そう思うと、多少高くても、今年発表されるであろう新型プレミアムモデルに手を出すのは悪くない

しかも、そういう人達は、iPhoneで全てを済ますと言うことなので、当然、「どんなモデルか」検索するはずだ

だから、レビューの需要も高く、検索ボリュームもある程度あるのではないかと思っている。当ブログでは「7s」のレビューを考えていると以前記事に出したが、7sを「あえて」購入する層は、iPhoneにそれほど機能を求めていない層であると考えられる(例えばマネさんや、ウチの奥さん)

そういう層は、「レビューを検索」するだろうか?と、ふと考えた

店頭で、店員にある程度聞いて、「7sで良いです」ってなるんじゃ無いか、って思ったのだ

うーむ。難しい。難しいが、僕のiPhoneの買い方は、普通の人とちょっと違う。「レビュー」を「考えて購入してしまう」ところがある。これは仕方ない

MacBook Proは、それをやめた。15インチは、自分が欲しいし、使いやすいから、15インチを選んだのは、以前の記事の通り。でも、iPhoneは違う。iPhoneは、どうしてもレビューを考えてしまう

ブロガーの悪いクセだと思うが、仕方ないところもあるので、よーたくんや、ウチのスタッフ、そして、間違いなくg.O.R.iさんも購入するであろう「新型プレミアムモデル」を、僕もどうしようか、今、グラグラしている

僕をグラつかせるgori.me、さすがだ。刺さる記事にまた今年もやられている俺氏に乾杯。そして、gori.meに完敗

考察3「s系のアップデートは新機能。今年はワイヤレス充電か?」

ナンバリングモデルの「通常iPhone」の「s系アップデート」は、「デザインそのままで、新機能追加」というのが最近の傾向らしい(僕は5sからiPhoneに入ったので、そういう傾向はgori.me読むまで知らなかった)

5sはTouch ID

6sは3D Touch

このように、「ナンバリングアップデート」では、デザインが変わり、「s系アップデート」では新機能が追加されるのが今までの傾向とすると、散々言われている「ワイヤレス充電」が今年の「s系アップデート」の目玉では無いかと考えられる

でも、ちょっと待って欲しい

7でだいぶ進化したiPhone、実際、僕は7を購入し、とても便利に使っているのだが、便利過ぎるのだ。完成されてしまった感はある

ワイヤレス充電と言っても、充電は自宅でするモノで、外でワイヤレス充電はできないと思うので、自宅で充電するなら、別にLightningでも良いような気がする。便利は便利だと思うのだが、それで7〜9万を出すというのもちょっとアレじゃないかと思い始めているのだ

そうなると、やはり、13万超えてもプレミアムモデルいくしかねえか・・・、的な(笑)

結局こうなるのか!ああ!結局こうなるのか!

わかってたけど、わかりきってた結末だけど、やっぱりこうなるのか・・・

まとめ

次回、「シンシン、iPhone Proを買う」雨が降ります

 

って、ジャイアントパンダじゃねえよ!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 僕は本名が「しん」なんですが、奥さんであるあやかぜから、付き合ってるときから、今までズーッと「しんしん」と呼ばれています ちなみ
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 事件が起きたので紹介します。 スタッフトーク「87W」のトークルームにて、昨日、僕は対話型アクティブラーニングの発表で疲れ果て、家

(via gori.me

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. iPhone >
  3. iPhoneニュース・最新情報・噂 >