iPhone 8、ディスプレイ上部はセンサーを囲むような形との予想が!最上部は電波、電池残量等か?

iPhone 8

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

gori.meによると、Twitterによる新型iPhone情報でお馴染みのBenjamin Geskin氏が、iPhone 8のディスプレイ上部が「センサー部を囲むように」なると予想している。紹介する!

実際は、最上部は電波状況と、電池残量のみの表示か?

それを踏まえた予想が、上の写真になる

センサー部(最上部真ん中)を回り込む形でディスプレイが来るというのだが、センサーの左右はご覧の通り電波状況と電池残量、Bluetoothの状況が表示されているのみだ

実際の「画面」として使うのは、上部のベゼルを残しているかのような形となっている

あまり回り込むような形だと、ディスプレイ表示が歪んだモノとなるため、このようになると予想したのだろうか?

コレであれば、ほぼ四角形のディスプレイにアプリ等を表示出来るので、開発もしやすいのだろうと予想している

あまり上まであると、端っこ過ぎて見にくいかも知れないし、あまり下までディスプレイが来ると、指が届きにくい気がしている

現在の「ベゼル」があるタイプのiPhoneは、ある程度完成された形なのかも知れないが、現在開発中のiPhone 8、僕たちにどんな衝撃を与えてくれるのだろうか?

残り4ヶ月、楽しみで仕方ないのは、僕だけではないはずだ

↑公式オンラインショップはこちらのボタンから!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

For You

オススメ記事

Related

関連記事

About

書いてる人

Ranking

本日の人気記事