部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

iPhone Edition、縦横が「2:1」の縦長5.8インチディスプレイなのか?

iPhone 8 コンセプト

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

gori.meによると、iPhone生誕10周年モデルと言われている「iPhone Edition」が「縦長」のディスプレイかもしれないという情報が飛び込んできた。紹介する!

噂をまとめる

gori.meに掲載されている噂をまとめておこう。全て、iPhone Editionに関するモノで、7sシリーズでは無いので注意だ

っつーか、7s、スルーされてねえか?的な。

1 ディスプレイは5.8インチ有機ELディスプレイ

これは、記事によってちょっとニュアンスが違うのだが、最新記事だとこうなっている

曲面というか、「サイドまでの全面ディスプレイ」ではないらしい。普通の今まで通りのディスプレイで、ベゼルレスと言うことだ

「ディスプレイは5インチ」という噂もあるが、まだiPhone Editionは開発段階とのこと。テスト機が複数あるといった方が正しいだろう。まだ決まってないのかも知れない

以前お伝えした「ファンクションエリア」を含んで5.8インチなのか、そもそも、ファンクションエリアが存在するのかはわかっていないようだ

また、「縦長」のディスプレイは、Androidでも採用されているらしく、今後持ちやすさで大画面ということを考えると、この縦長ディスプレイはありだと言うことらしい。ムーン。実際に見てみないとなんとも言えないが、iPhoneのディスプレイを見る時って、やっぱり横にどれだけ表示されるかを見るので、横の長さが例えば4.7インチと同じで縦にビヨーンと長いのは、持ちやすいけど、見やすさから言うとどうなんだろう?と思うところはあるよね

2 デュアルカメラ

コレは仕様として決まっているそうだ

iPhone 7 Plusで、ポートレートモードのスゴさを体感したので、嬉しい仕様であることは間違いない

3 ワイヤレス充電

自宅では便利だろう

外では多分、普通にLightningなのだろうか?

4 Lightning端子継続

USB-Cでは無いらしい

Lightningが継続されることは多くのiPhoneユーザーにとって嬉しいはずだ

5 まだ開発段階なので、9月発表だとしても発売開始は遅れる可能性

コレが一番厄介な問題だ

春辺りに仕様が決定し、量産体制に入り、リーク画像が増えるというのが今までの流れだが、まだまだ開発段階みたいなので、夏以降に量産体制に入ると、発売が数ヶ月遅れる可能性もある

レビューする身としては、発表会後、長く待たされるのは地獄の苦しみなので、それなら、10月とか11月に発表会をして欲しいところだ

でも、iPhone Editionを売るためには、9月に一緒に発表するのが良いのだろうから、難しい問題だ

まとめ

どんなiPhoneになるのか、全く読めないが、Apple Watch Editionと合わせるらしいので、高級なモデルになることは予想出来る。そうなると、ターゲッティングが難しい気がするのだが・・・

みんなは欲しいと思うだろうか?

7シリーズで十分?

っつーか、7sの情報は?って思いません?

(via gori.me、image via Benjamin Geskin

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. iPhone >
  3. iPhoneニュース・最新情報・噂 >