部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

10.5インチ iPad Pro用エディタ「Ulysses」のWordPressへのアップロード設定方法

こんにちは。部長ナビです

さてさて、10.5インチ iPad Pro用に購入しましたエディタ「Ulysses」で記事を書いておりますが、今のところ「快適じゃないけど、行けないことはない」という結論に達しております

この記事では、設定等をお伝えしましょう

最初がわかりづらい

まず、これ。これがわかりづらい

何をすれば良いのかわからないのですが、基本的に、新規記事作成でガンガン書けば、「アップロード設定」だけきちんとやれば大丈夫なので、安心してください

繰り返しますが「行けないことはないが、快適ではない」です

アップロード設定

ここで、「フォーマット」を「投稿中」にします。これがわからなかった

次に「アカウントを追加」を選択します

ここで、WordPressのアカウントを追加し、投稿できるようにするわけですね

ここ注意

「カスタムWordPress」を選んでください

んで、「自分のサイトアドレス」「ユーザー名」「パスワード」を入力するといけます

まとめ

こんな感じで、Dropboxからコピペで写真挿入できるのは非常にナイスです

記事ができたら、タイトルをつけて、カテゴリーを設定し、タグつけてアップとなりますがアイキャッチがDropboxからもってこれないのが弱点です。iCloud Driveか、カメラロールという全く使えない仕様です。終わってる

結局、一旦下書きアップロードしてから公開という流れ

書き心地は悪くありませんが、一旦下書きでアップロードしてから、アイキャッチ設定して公開というのは、MarsEditでは考えられないことなので、とにかく面倒でした

ただ、10.5インチ iPad Proを使ってブログが「書ける」というのは、僕には衝撃だったので、ライトなブロガーの皆さんであれば、Ulyssesで全然10.5インチ iPad Proでいける気がしてなりません。

僕の結論は、3000円かかりましたが、やっぱりMarsEditというところに落ち着きましたので、黙って15インチ MacBook Pro 2016でブログ書きます。

あまりにも、10.5インチ iPad Proが使えるので、「記事書ける良いエディタないかなー」と探してたら、これが1番良いような気がしています

が、

僕はやっぱり15インチ MacBook Pro 2016。MarsEditで書くことを再決意した夜なのでした。繰り返すけど、ライトブロガーだったら、全然これで良いと思います

ちなみに、上の画像で「影」が付いてるヤツは、耐えられなくて15インチ MacBook Pro 2016で追記した分です。当然、MarsEditで一発です。うーむ・・・。やっぱりMarsEditだな・・・

Ulysses
価格:¥3,000(記事公開時点)
デベロッパー:Ulysses GmbH & Co. KG
バージョン:2.8.2

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. iPadアプリ >