10.5インチ iPad Pro、Officeアプリの無料対象外に。無料で出来るのは「閲覧」くらい。実際の「アクティブ化」の画面を紹介

   2017.08.31 iPadアプリ

image

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

当ブログスタッフのうりP、二ノPによると、10.5インチ iPad Proでは、事前情報通り「Officeが有料」とのこと。紹介する!

10.1インチを超えるサイズのタブレットでは「編集」するには、対象プラン(Office 365契約)が必要

僕は、Office 365 Soloを契約しているが、この契約の場合、PC or Macが2台、iPadが2台の計4台のOfficeを「有効化」できる

10.5インチ iPad Proの場合、「アクティブ化」というアイコンがあるので、それを使って実際に「文書等を編集できる状態」にしてみたので紹介しよう

fullsizeoutput_ccf

コレが初期状態

左下には「アクティブ化」のアイコンがあり、文書の場所を表す左上部分には「Dropbox」や「OneDrive」の情報すら無い

fullsizeoutput_cd0

で、しばらく経つと、Dropboxは見えるようになったが、アクティブ化をタップすると、このような表示になる

10.5インチ iPad Proでの編集作業を有効化したい場合はOffice 365の契約が必要だ。僕は年間プランでOffice 365 Soloを契約している

fullsizeoutput_cd2

認証自体はとても簡単

Microsoftアカウントを入力すれば良いだけなので、すぐに終わる。問題は、有料のプランを契約していないと、ほぼ「閲覧」による確認しか出来ないので、10.5インチ iPad Proを買った意味があまりないということなのだ

ま、Pagesや、Numbers、Keynoteを使えば良いだけの話だが、そういう風にいかない場合も多いだろう。僕はかなりiWorksは使ってるけどね

fullsizeoutput_cd3

認証が終わると、使えるようになる

思った以上に普通に使えるのがビックリ

画面も大きいし、非常に快適に使用できる。使用感はまた別の記事にしよう。コレはアクティブ化についての記事ということで読んで欲しい

fullsizeoutput_cd4

アクティブ化されると、左下のアイコンが消え、OneDriveも表示され、15インチ MacBook Pro 2016で作業した「最近使用したフォルダ」も表示されるようになった

まとめ

噂通りだったが、10.5インチ iPad Proでは「10.1インチを超えるタブレット」に該当するため、Office 365のプランの契約が必要だ

僕はMacで使っているので、別に契約自体に問題は無いのだが、月1000円くらいかかるので、今まで無料でOfficeを使ってきた9.7インチ組にとっては、結構な出費になる

しかも、「10.5インチ iPad Proのためだけに、Office 365 Soloを契約する」ってのも、また切ない気がするので、その辺をどう考えるかが非常に大きい

Macがあるかないかでこの辺は変わってくると思うが、僕は特に問題無く使えたのは、メインが15インチ MacBook Pro 2016だから

メインのパソコンでOffice 365 Soloを使わずに、10.5インチ iPad Proを新規購入して10.5インチ iPad ProでOfficeを使ってみたいと言う場合は、契約が必要になるので、注意が必要だ

ま、Officeのために10.5インチ iPad Proを買うという人は少ないかもしれないが、後に使ってみての使用感も記事にしたいと思うので、そちらも合わせてご覧あれ!

Microsoft Office 365 Solo (1年版)|オンラインコード版|Win/Mac対応
マイクロソフト (2014-10-17)
売り上げランキング: 3

↑個人用Officeとして最もポピュラーと言える「Office 365 Solo」。僕も年払いのプランで自動更新にしている。10.5インチ iPad ProとメインのパソコンでOfficeを使うならぜひどうぞ!

↑二ノPが見つけてきた解説記事。合わせてどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Related

関連記事

About

書いてる人

Ranking

本日の人気記事