部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

15インチ MacBook Pro 2016と10.5インチ iPad ProのSmart Keyboardを比較。考えられたSmart Keyboardの縦幅とMacの圧倒的な打ちやすさの秘密

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

昨日、Wordの作業を15インチ MacBook Pro 2016でやったら、やたら快適だったので「そもそも、MacとSmart Keyboardはどのくらい違うんだ?」ってことが気になり、比較してみた!

15インチ MacBook Pro 2016(2017)や、10.5インチ iPad Proで悩んでいる人の参考になれば幸いと思っているので、是非ご覧いただきたい!

まずは、普通の見た目の違い

15インチ MacBook Pro 2016 vs 10.5インチ iPad Pro01

こういう比較をしている人自体がほとんどいないと思うが(笑)、15インチ MacBook Pro 2016と、10.5インチ iPad Proを並べるとこんなに違う

分かってたけど、親子みたいだ(笑)

15インチ MacBook Pro 2016は見ての通り「キーボードを打つとき、手前のリストレストに手首が乗る」形だが、10.5インチ iPad ProのSmart Keyboardは、キーボード部分しか無いため、手前にリストレストは無く、テーブルなどに手首が乗ることになる

結構質問される「膝に乗せて使えますか?」という質問の答がコレに当たるのでは無いだろうか?

膝に乗せると、10.5インチ iPad Proはフニャフニャだし、リストレストが無いのは、膝上での文字打ちには致命的だ、と僕は思っているので、ぜひ知っておいて欲しい

では、キーボードの比較に行ってみよう

Smart Keyboardの考えられた「縦幅」

15インチ MacBook Pro 2016 vs 10.5インチ iPad Pro03

縦(上端)を合わせてみると、なんと、15インチ MacBook Pro 2016のキーボード(MacBookのキーボードは全部この大きさだと思う)と、Smart Keyboard(10.5インチ)の縦幅はほとんど同じことが分かる

だから打ちやすかったのか、と理解した

では、何が違うのか?言っても当然Macの方が打ちやすい

もう少し細かく見てみよう

寄せてみると、「キーの大きさ」が全然違うのが分かる

15インチ MacBook Pro 2016 vs 10.5インチ iPad Pro02

キーの大きさもそうだが、キーとキーの「隙間」も全然違うことが分かる

Macの方が当然キーは大きいが、Macの方がキーとキーの隙間も狭い。要するに、Macは「隙間を狭くして、キーをデカくしている」ことがよくわかる

10.5インチ iPad ProのSmart Keyboardの汚れ具合から僕がマジで毎日Smart Keyboardを使いまくっているのが良くおわかりだろう。汚くてスイマセン・・・。(EOS 80Dで撮ると、汚いのもそのまま素晴らしい画質で撮れてしまうのです)

ポイントは「Macのキーボードの横幅」にあった

15インチ MacBook Pro 2016 vs 10.5インチ iPad Pro04

前に紹介したと思うが、キーボードの横幅は、確か12インチも13インチProも、15インチProも全部同じはずだ(多分)

筐体の横幅がキーボードギリギリなのが12インチ、ちょっと余裕が合って、スピーカーがサイドに付いているのが13インチPro、で、15インチProがこんな感じだ(スピーカーがデカい)

キーボードの大きさ(横幅)は変わらず、スピーカーがデカくなっていく感じがMacBookだと思っていただければ良いだろう

で、Smart Keyboardと比較すると、上のようになる

キー1.5個くらいの横幅が違う。コレにより、Smart Keyboardは「キーの横幅」が決まり、「正方形」っぽくキーは出来ているはずなので、縦幅も自然と決まるはず

そうなると、隙間があるからといってキーをデカく出来なかったことが予想できる

「縦幅」がほぼ同じなので、「おお!Smart Keyboardにしては打ちやすい」と皆さん感じるだろうが、横幅の違いによる、キーの絶対的な大きさが全然違うので、そりゃMacの方が打ちやすいわけだ

前、記事に書いたが「Smart Keyboardで2500文字程度の記事を15分ほどで一気に書くと指が超絶疲れる」というのは、このキーの違いによるものだろう

ま、10.5インチと15インチなので、違うのは当たり前の話なのだが、12インチのキーボードと同じキーボードが15インチにも搭載されていると考えると、10.5インチのSmart Keyboardは健闘しているが、文書作成には、やはりMacなのかな、と実際に使ってみて感じることは多々ある

まとめ

Smart Keyboardでやれることは多いが、やはりMacに慣れると、ATOKも使えるMacは文字打ちとしては最強だと感じる

10.5インチ iPad Proは、「クリエイティブ」に使えるようなアップデートになっているのは確かだが、「ガチの文字打ち」はMacですべきだと、15インチ MacBook Pro 2016を使う度に思う

確かに「持ち運びやすい」が、ライトな文字打ち、SNSやメールの返信、そして、コンテンツ消費、このくらいに10.5インチ iPad Proは抑えておいた方が良いだろうと思う

過度な「文字打ち、ブログ執筆」への期待は、「やっぱりMacにしとけばよかった・・・」ということにつながるかもしれないので、注意が必要だとここ数日で感じたので、書いておこう

僕が以前記事にした通り「ブログ記事執筆はできないことは無いが、快適では無い」と言うことを前提に、Macなのか、10.5インチ iPad Proなのか、よく考えて決めた方が良いと感じた

ベストなのは、当然、15インチを男らしく購入し、サブ機で10.5インチ iPad Proだろう。現時点で、この組み合わせは最強だと感じる

ポイントは「男らしさ」だと言うことを忘れないで欲しい。情熱でクリアできる壁は沢山ある。大事なことは「自分に嘘をつくな」ということ。欲しいなら、DOしちゃいなよ(って、おこPが言ってました)

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. Mac >
  3. MacBook Pro >