部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

1週間10.5インチ iPad Proを使って感じた「不満」なところ5選

IMG_6163

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

いつもだと「3日使って分かったこと」シリーズを出している僕ですが、今回は、余りにも10.5インチ iPad Proを使いまくってて、それが故に見えてくる「弱点」があったので、これから10.5インチ iPad Proを購入される方に、先にお伝えしておこうと思って記事を書くことにしました

なお、この写真は、iPhone 7で撮ってますけど、動画撮って、レビュー用の写真撮った後のいつものニトリの1000円テーブルです

10.5インチ iPad ProとApple Pencilって「絵」になりますよね。EOS 80Dもいい感じです。最高

前提「10.5インチ iPad Proはスゲー良い」

先に言っておきますが、10.5インチ iPad Proは、思っていた以上にスゲー良いです。日々、その評価が上がっていく感じ

だから、今回は「うーん・・・」って思うところを書いていきますが、それ以上に「良い点」がたくさんあるのが10.5インチ iPad Proですので、ま、僕個人の使い方で「ちょっとなぁ・・・」と思うところだと軽い気持ちで見てください

ただ、知っておいた方が良いことは書いておきたいと思いますので、参考になるようになんとか頑張りたいと思います

んじゃ、行ってみっか

1 Apple Pencilが転がって落ちる

これ、10.5インチ iPad Proのせいじゃないんですけど、昨日、瀬戸さんがSurface Proの動画出してて、Surfaceってペンがくっつくんですよね〜。アレはスゴいと思った

僕は「立って持って使う」ので、10.5インチ iPad Proは裸で、Apple Pencilもそのままポケットに入れて歩き回ります。コレが余りよろしくない。9.7インチ iPad Proから進化することもなく、「落とした」という常連さんも多いんですね。Apple Pencil。

だから、机に置いててもコロコロ転がる。全く安定しません。

こんなに書きやすくて、10.5インチ iPad Proもパワーアップしたんだから、くっつけば良いのに・・・、って思います。

Apple Pencil買う時は、「どうやって落とさないようにするか」を考えることが必要です

2 ATOKに慣れてると、文字入力が物足りない

SNS程度なら良いですが、この間、ガッツリWord使いました。

Wordはスゲー良いです。ほぼ15インチ MacBook Pro 2016と同じように使えてビックリしました

ただ、Wordで文字入力となると、SNSよりも当然沢山の文字を入力することになるので、普段、15インチ MacBook Pro 2016でATOKに慣れてる僕は「不満」しかありません

ま、iPadのコンセプトが「マウス、キーボードを使わず、直感的に操作する」というモノだと思うので、Smart Keyboardが出たときはマジでビビりましたが、それにしても何とかして欲しい。iPhoneだと、ATOK使えるのに、なんで、10.5インチ iPad ProのSmart Keyboard使用時に、「標準IME縛り」なのか、理解不能です。

Wordが快適に使える画面の広さになりましたので、外部IMEも使えるようにして欲しいモンですね

単語登録もATOKと、標準IMEは違うので、当然ですが、登録し直しです。コレも地味に面倒。iPhoneで標準キーボードを使ってる場合は登録単語は同期されますが僕みたいに「ATOK一本」って人はかなり不便に感じると思います

Smart Keyboard自体がスゴい良いだけに、もったいない気がしてなりません

3 予測変換候補が「Tab」じゃなく「Space」

前からそうなんですが、コレ、マジで大問題です

ATOKでも、「数文字打つと、予測変換候補が出る」ので、他のIMEもそうだと思いますが、10.5インチ iPad Proの標準IMEのそれは違うんです

数文字打って、「お、そうそう、コレ打ちたかったんだ」って、予測変換候補が出て、それを選びたいとき、15インチ MacBook Pro 2016のATOKでは「Tab」を押しますが、10.5インチ iPad Proの標準IMEは「Space」なんです。コレが何度やっても間違える

メインが15インチ MacBook Pro 2016なので、当然、ATOKに触る時間が長いわけですが、上に書いた通り、Wordがかなり快適に使える今(有料だけど)、サードパーティー製のIME使わせても良いんじゃないのかなーとiOS 11には期待してるんですけど、ダメですかね〜?

コレ、いつも間違うので、本当に注意。10.5インチ iPad ProをMacの代わりにしたい人(特に12インチ)は、IME1つ違うだけで、全然違いますので、あらかじめコレ知っておいてくださいね

4 やっぱり「iOS」、macOSと同じことをしようとしてはいけない(iOS 11で進化するけどね)

現時点、iOS 10では、g.O.R.iさんのレビュー、この間見ましたけど、「オーバースペック」なのはその通りだと思います

iOS 11になるまでは、10.5インチ iPad Proといえども「1つのアプリを使うマシン」として考えた方が良いですので、Split View等はありますが、Macのように作業することは不可能です。当たり前ですけど・・・

そう考えると、Wordで文書を作成するとか、1つのことに使うには最強にサクサクでSmart Keyboardもあるし、Apple Pencilもあるので、スゲー良いんですよ

ただ、複数のことを同時に絡めて作業しようとすると、「ああ、できねえんだ」ってなります。iOS 11でどのくらい進化するかですが、macOSとは別物ですので、作業によっては、10.5インチ iPad ProよりもMacの方が当然「良い」という場合も多いでしょうね

これについては、昨日もたくさんの方から質問いただきました

具体的に言うと「10.5インチ iPad Pro」か「12インチ MacBook」かということですね

そもそもOSが違うので「こういう風に使って欲しい」という「コンセプト」が違うことになりますから、そこをよく考えることが重要ですね

僕は、Smart Keyboardは「ちょっとしたSNS、メール、文書作成」に大活躍してますので、使い方です。Apple PencilもMacでは使えませんから、使う場面を想定して購入することが大事だと思ってます

5 思ったより、「ブログエディタ」が弱かった(というか、MarsEdit+PhotoBulkが最強過ぎる)

コレが一番の不満ですね

僕は高性能化した10.5インチ iPad Proで「ブログ記事が書けるんじゃないか」という期待を抱いていました

MarsEditのiOS版はありませんが、にたような機能を搭載したエディタがあるんじゃないかと思ってたんですけど、結論から言うと、MarsEditの方が断然上でした。あと、PhotoBulkが無いのも痛いんですね

3日レビューで書いた通り、「1日1〜2記事」くらいのブロガーの方なら10.5インチ iPad Proでも良いかもしれませんが、1つのレビューで写真を20枚以上使って、それ全部をリサイズし、ウォーターマーク入れて、SNSもやりながらガンガン記事を書く僕みたいなタイプが満足できるようなエディタは残念ながらありませんでした

「あ、いいかなー」と思っても、後で編集しようとすると、pタグが入ってなくて、再アップすると文章の見た目が変わってしまったり、「やっぱりダメかー」となりました

この辺は、Macがやっぱり最強というか、MarsEdit+PhotoBulkが最強と言うことにしたいと思いますが、ガシガシ記事書くなら、やっぱりMarsEditだな、と思います

 

ただ、コレについては、動画編集と同じで、瀬戸さんみたいにガンガン動画出す人は当然Premiereが良いと思いますが、月1本とかのペースの僕は、当然「iMovie」でOKなわけです。それのブログ版みたいな感じですね。MarsEditを勧めるというわけではなく、自分の更新頻度や作業の量や内容によって使い分けた方が良いので、その辺をよく考えてから10.5インチ iPad Proを購入した方が良いと思いました

まとめ

Apple Pencilはヤバいです。マジでヤバい。書き込んでメールで送るとか、スゲー簡単でヤバすぎます

ただ、やっぱり10.5インチ iPad Pro、「iPad」なので、Macじゃないです。それを痛感しましたね

特に文字入力。コレが一番ですねー

使えば使うほどMacとの差を感じますので、「どの作業を最重要視するか」をしっかり考えた上で、10.5インチ iPad Proか、12インチ MacBookか、13インチ MacBook Proかを決めて欲しいと思ってます

僕は、15インチ MacBook Pro 2016との併用ですが、使い方が全然違いますので、共存できてます。その辺もよくお考えくださいね

現時点ではかなり満足してますが、それだけだとレビューにならないかな、と思って、こんな記事も書いてみました。参考になれば幸いです!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. iPad >
  3. iPad Pro >