部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

2017年6月26日(月)、3年目の対話型アクティブラーニング公開授業のテーマ発表!

125489887_124cf772c5_z

部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」のまとめです。 2017年度「対話型アクティブラーニング」活動報告、活動予定 ★6/26 外部公開授業実施。岩手大学との共同研究

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です。対話型アクティブラーニングの世界へようこそ!

今年の対話型アクティブラーニング公開授業は、6月26日。テーマ発表

一昨年、昨年と対話型アクティブラーニングは公開授業をし、25名を超える外部参観者、校内参観者を含めると40名を超える参観をいただくことが出来る授業になりました

論文も大学の先生のご協力のおかげで合計3本発表することが出来、2本を学会に提出、昨年は実践研究として採択されました。今年の論文は審査中ですが、通れば(学会に認めていただければ)スゴいことなんです。まぐれは2年続かないかもしれませんが、研究は頑張って続けたいと思います

さて、今年の対話型アクティブラーニング公開授業が来週月曜日にありますが、テーマは次の通りです

「対話と発言とICTの融合」

これです

「対話」はこれからの教育のキーワードになります。中央教育審議会の資料から「アクティブラーニング」という文字は消えたそうです。ご存じでしたか?

 

これからの時代は、「生徒との対話」です。コレが明記されています

 

僕の授業は「対話を通して、生徒の頭をアクティブにする」という「学び」です

その公開授業が来週月曜日行われます

今までの公開授業は「対話とはどういうモノか」と言うことをお見せしてきました

しかし、すでに昨年のDVDをご覧になった方はおわかりの通り、ある程度「対話の公開」は完成の域に達しています

そこで、今年、僕はこの授業を共同で「実践」している他県の先生と連携して、「ICT」を取り入れて、それと僕のオリジナルである「対話型授業」を絡め、そこに「生徒の発言」「評価」を取り入れるシステムを考えてみました。

この授業が広まれば、「校内無線LAN」が無い都道府県、どこでも「生徒の発言」を簡単に評価できるようになるはず

対話は重要ですが、僕の中で「おとなしい子の発言もぜひくみ取りたい」といつも思っていました

それが、今回のこの「ICT」活用によって花開く「はず」です

今年初めての「ICTを用いた」公開授業。準備は万端ですが、どうなるか、自分でも分かりません(笑)。それも楽しみたいと思いますけど、多分面白いと思います

部長ナビが使う「ICT」ってなんだ?

しょうがねえなあ・・・。

10.5インチ iPad Proだぜ

(σ´∀`)σ

だから買ったのさ!ああ!だから買ったのさ!仙台まで行ったのさ!ああ!そうさ!このためさ!

これからは「Apple製品を使いこなして、生徒のために授業の質を上げる」Appleティーチャーとして、岩手を盛り上げてイケればと思います。イエース

当然、ヌルヌルなスクロールで、生徒の発言がバーンと、アレに表示されるぜ!ああ!楽しみだ!

 

はい

 

というわけで、来週頑張ります。おたのしみに。発問塾も8月7日にあるので、ぜひ遊びに来てね〜(岩手大学会場)

当日の授業の組み立て

1 前回の復習(対話・発言)

2 1次関数の傾きについて(対話)

3 絶対値(説明から対話)

4 「マイナス」のイメージ(対話)

5 劇場(数学的な事象を擬人化して、僕が一人で劇場を生徒に見せる)→(岩手大学側から実施の要請あり(笑)。効果検証を行うとのこと)

6 ICTを活用した、生徒のイメージの全体化

当日はこんな感じです

授業DVDはまた岩手大学に作ってもらいますので、欲しい方は後で問い合わせページから連絡してくださいね!

んじゃ、月曜日、楽しむぜ!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 10.5インチ iPad Proを購入して3日が経った。僕はiPad Proを毎日使うので、使って使って使いまくった そしてわか

↑コレから授業はICTだ!10.5インチ iPad Proは必須だぜ!リハーサルでも大活躍!最高に使えるiPadだ!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. 教育 >
  3. 対話型アクティブラーニング >