部長ナビのページはApple製品のレビューを中心としたブログです。ドラマ仕立ての長期連載も見てね!

部長ブログ塾・第1期生、5名のブロガーの皆さんの成長が凄まじい件〜「書きたい」ことと「読まれる」ことは違う〜

SAYA160312540I9A3588

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

クローズドなブロガー限定コミュニティサークル「部長組」が進化し、「部長ブログ塾」として、第1期生5名と共に現在楽しく毎日やり取りしております

SNS制限をかけたこともあり、このくらいの人数なら楽勝で記事の添削が出来ます。今回はその内容をちょっとだけお知らせします

なぜ、料金を取らないのか?

簡単です

PVがアップする、検索上位に行く保証が、ほぼないからです。ブログってそういうモノです。お金もらって、5名全員効果が無い場合もあります。

あと、僕がプロじゃないからってのもあります。プロならそれなりに教室開いてやるかもしれませんが、プロじゃないのでネットでやり取りするだけです

ですから、会場費も交通費も何もかかりません

さらに、「僕の経験からのアドバイス」なので、必ずしも当てはまらないときがあります。ですから、その辺も加味して無料でやっているわけです

ただ、運営に関する情報、記事のアドバイスなので、クローズドでやってます。

ポイントは「部長ナビのページの読者」と言うこと

ウチの読者なので、ウチの記事を見て「交流したい」と思っていただいたブロガーの方5名(と二ノさん)が参加しているんですけど、僕の文章に慣れているので、非常にアドバイスしやすいです

あと、人には「吸収する力」と「吸収したモノを発揮する力」があり、それぞれに個人差があります。だから、アドバイスして翌日には言ったとおりのことを書けている人もいれば、今までの経験上、半年経っても全然記事が変わらない人もいます

でも、それは、僕が、何年経っても出来ない仕事があるのと同じで、人には「向き、不向き」というモノがあるので、それを知る機会としてもブログ塾は良いかなと思っています

別にブログに向いていないと知って、閉鎖しても何も問題ありません。他の「向いていること」に時間を割くべきですよね、僕はそう思います

我流でうまく行くなら、全員プロブロガー。そういう人はほんの一握り。「持論」よりも「聞く耳」が大切

アドバイスをすると、「自分はこう思ってやってるので、それでやります」って人が必ずいます

我流でうまく行くなら、なぜ、ブログのアドバイスを求めるのでしょうか?僕が一旦アドバイスを全てやめたのにはこういう経緯があります。アドバイスしても聞いてくれない人が結構いるんですね。

今回のブログ塾の皆さんはその辺を最初にお伝えして、無理に続ける必要は無いと言いました。他にも入りたいブロガーの人はいるでしょうから、別に抜けても何も問題無いワケです

ただ、今回の参加者の皆さんは非常に柔軟で、謙虚な方が多く僕のアドバイスを受け止めてくれます

アドバイスというのは「指摘」ですから、結構精神的には「そういうことかぁ・・・」とマイナスな要素もあるモノです。しかし、皆さん、前向きに明るく、そして、何より、楽しくブログやってるので、夏までには一定の効果が出ると良いなぁ・・・と思っています

ブログ塾の塾生の皆さんには、僕が教員として17年間培ってきた「読まれる」極意を伝授

コレ、何度も書いてますけど、高校の授業は「受けたくない」生徒もいるんですよ。それが塾と違う。塾は辞めれば良い。でも、高校の授業は卒業に関わるので嫌いな教科でも我慢しなければいけません

僕はそういう生徒に数学の「楽しさ」を伝えようと、「自分も楽しみながら、生徒も楽しませる」授業を17年やってきて、現在それが大学教授との共著論文として発表され、学会に「効果のある新しい授業法」として取り上げられているわけです(対話型アクティブラーニング)

それを、無料で、惜しげもなく披露しております。ええ。「今まで受けてきた有料のサロンと全然違う」とお褒めのお言葉頂戴しました!イエーイ

そりゃそうだ。僕は毎日、16〜18歳の高校生を相手に、数学を「ゼロから伝える」ことを17年間、仕事としてやってきているので、伝えることに関してはプロですからね。学級通信も毎週金曜日、5000字くらいで発行してますから、ブログ記事が「分かりやすい」と言われるのは、そういう仕事なので「当たり前」なんです。

だから、人の授業を見る機会も多く、「伝えるためのアドバイス」も日頃からやってますので、他人の文章を見て、アドバイスなんて楽勝なわけですね

でも、上に書いたとおり、「吸収力」は個人差がありますので、辛いときは退会していただいて構いません。ですから、名簿もアップしないし、別にそのままクローズドでやってます

「Messengerの会話が、価値がありすぎてヤバい」とも言われますが、僕にとっては普通のことで、ただ、教員が全員授業がウマくないのと同じ「方法を教えても、出来るとは限らない」のです。だから、お金を取らない。コツは教えるけど、出来なかったらそれはそれでしょうがないというスタンスです

後ですね、コレ、良く聞かれるんですが、僕はg.O.R.iさんに「記事の書き方」は教わってません(多分)

運営に関することも、基本的に聞きませんし、デザインの採用と、言い回しのマネはさせてもらってますけど、記事が微妙に書き方違うのは、それぞれがそれぞれの個性のおもむくままに書いているからです。テンション似てますけど、それは人間的に僕とg.O.R.iさんが似ているってだけだと思います。会ってみて「似てるなぁ」と思いましたからね

情報にはお金が絡みますので、安易にプロブロガーに情報を聞くことはマナー違反です

ですから、g.O.R.iさんとのMessengerも雑談が多いわけですね。「iPadどれ行きます?」とか、そういう話が多いわけですねぇ

よって、僕のブログ塾ってのは、僕が教員生活で身につけてきた「伝える術」を、ブログ版にしてみたら、結構PVでたので、教えますよって塾です

でも、個性は人により違うので、PVが必ず上がるとか、PVを保証するなんて無理です。本職もあるので時間も限られてます

ただ、僕の17年の失敗や経験が詰まった理論なので、クローズドにしてます。お金積まれても教えるつもりはありません。転売されるから。

だから、実際に話してみて、気が合う仲間達と一緒に切磋琢磨して、いずれはみんな10万PV超えられるようなブロガーになったら楽しいよねって感じのサークルみたいなもんです

「書きたい」記事と「読まれる」記事は違うんです

僕は「書きたい」記事ばかり書いているように見えますでしょ?違うんだなぁ。それを教えています。読まれないとPVはアップしませんからね

僕は授業の中で、目の前で生徒が寝たり、塾講師時代、無記名アンケートで「数学の担当を変えて欲しい」と若いときに書かれたりしました。しかし、そこから、生徒に直接何が悪いのか聞き、毎時間修正をかけながら毎時間アンケートを採り「どうすれば伝わるのか」を研究し続けました

若い子は反応がダイレクトですが、残酷です

「つまんない」と簡単に言います

でも、大人は違います

「良いんじゃないですか?」と言います。多分、ほとんどのサロンが

そこが僕の塾の違うところです。ハッキリ「それでは伝わりません」と言います。そして、理由も。どうすれば良いかの方向性も教えます

後は、塾生の「ライティングスキル」がどう向上するかにかかってます。現在の塾生はかなり良い感じですので、期待大です。卒業したらURL載せますので、遊びに行ってあげてください。今はまだ秘密にしておきますが、Twitterのプロフィールで「部長ブログ塾1期生です」って書いてる人が全国に5名いるかもしれません。(●´艸`)ムフフ

かなり濃い部長ブログ塾ですが、思ったより好評なので、楽しく続けていきたいですね

ブログってとにかく金のかかる趣味でしか無い

僕はレビューをたくさん書いていますが、当然、モノがないとレビューは書けません。ってことは、買うわけですね。

15インチ MacBook Pro 2016なんて誰も提供してくれませんから、iPhoneやiPadなど毎年買ってる僕は運営は常に赤字です。そんなの見てればわかりますよね?

ブログってそういうモノだと思います。お金を稼ぐ方向に行った瞬間に「稼げる記事」に移行することになるので、僕はどうなのかなぁ、と思っています。プロブロガーは当然仕事なので、それで良いと思いますけど、僕ら、素人ブロガーは「書いてて楽しい」が読者に伝わることが一番じゃないですかね?

そう考えると、金がかかってかかって仕方ありません。毎週、何かしらダンボールが届く感じで、ブログ以外の買い物をほとんどしなくなります

でも、楽しい、それがブログです

これからブログをやってみたい、今あるブログを成長させたい、そんな熱意のある方のお役に立てれば幸いです

2期生の募集にどうぞご期待ください

最後に、「いいブログ」とは?

僕がgori.meに出会った2015年6月、僕は衝撃を受けました

いいブログ、僕が目指しているブログというのは、良い授業と同じです

それは

 

「読者の心に火を付ける」

 

コレがいいブログだと思います

「心に火を付ける」事が、文章だけで出来る、コレがブログの素晴らしいところだと僕は思います。少なくとも、僕は、gori.meを読んで、心に火が付き、15インチ MacBook Proを買いました。そして今、僕は皆さんの心に火を付けられているでしょうか?

塾生のブログが、一人でも多くの読者の心を熱く燃え上がらせることを願ってやみません

僕も共に成長出来る、そんなブログ塾を目指しています。さーて、そろそろ塾生が起きる時間かな?今日の講義も頑張るか!

フォロー購読方法について >

関連記事もっと記事を読む >

  1. Home >
  2. ブログ管理 >
  3. 部長ブログ塾 >