2016・10大ニュース3位「月間60万PV達成」

10大ニュース

201610大ニュース

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

今年も色々ありましたが、あっという間に終わりを告げてしまいそうな2016年。そんな僕の2016年の10大ニュースを発表します!

第3位「月間60万PV達成」

3位は当然と言えば当然のランクインとなります「月間60万PV」となりました

2016年に突入したとき、当ブログのPVは月間8〜9万PVでしたので、「2016年の目標」として「月間10万PV」というのを掲げていました

まさかのAppleスペシャルイベント

9月のiPhone等の発表イベントで、なぜかウチのブログは大ブレイク

意味がわかりませんでしたが、あれよあれよという間にPVが伸びて、9月が月間55万PVとなりました

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 2015年9月2日に産声を上げた当ブログ「部長ナビのページ」は、1年と1ヶ月で月間PVが47000PVから、55万PVに伸びまし

↑まとめはこちら

次は100万PV取ったらまとめ記事出しますって言ったんですけど、心の中では「イベント特需でPVが一時的に上がってるだけで、まあ、10月は30万PVくらい行けば御の字だな」って思っていたんです

まさかの10月

リアルタイムは増え続け、PVも上がり続け、何と、10月は月間60万PVとなりました

全く意味がわかりませんが、PVってそういうモノらしいです。自分ではわかりません。何が良かったのか、何がきっかけだったのか、わかりません

だって、レビューの内容が変わるわけ無いし、石油王並みの「Apple製品に金をつぎ込む」というのは、2014年からそうだったし、何も2016年だけ頑張っているわけではありませんでした

いつも通り、普通に更新していたらなんか、PV上がったって感じです。「運営」とか言われても、よくわかりません。正直なところ・・・。

11月も56万PVかな?

3ヶ月連続で55万PVを超え、マジで意味がわかりません

こんなふざけた雑記ブログの何が良いのかわかりませんが、常連さんに言われたのは「判断するのは読者だよ」ということ。僕がどうこうじゃ無い。読者が読んで、どう思うか、それが受け入れられた、それだけだよ、って言われました

だから、僕は、別に12月も何も変わってないです

全然変わってない、いつも通り朝早く起きて、記事書いて、仕事行って、帰ってきて、子供達のご飯、宿題、寝る前に余裕があれば記事を書く、こんな生活はもう1年以上続いています。何も変わってない

全然自分が偉いとも思わないし、文章がスゴいとも思わない

でも、読者の皆さんが「部長さんの記事を読んで、買わずにはいられませんでした」と言ってくれる。「レビューがもっと見たいです」と言ってくれる

明らかに「嬉しい感想」が増えました。もちろん、批判も増えましたけど・・・。ま、それは仕方ないことなので、受け止めて頑張ってました

僕のやり方

12月にいくつか記事を出したとき、読者の方から「そこまで読者のために対応しなくても、好きなモノを好きなように買って、好きに書けば良いんじゃないですか?」と複数言われました

でもね、コレが僕のやり方なんです

誰に何と言われようと、僕は読者の方と交流を持ちたい。一緒にブログを作り上げたい。喜びも、感動も共有したい。それが「部長ナビ」なんです。

だから、僕は今のやり方を変えるつもりはありません

今でも、「対応に時間を割きすぎ」「読者の意見を聞きすぎ」「部長さんらしくやれば良いんだから、耳を傾ける必要は無い」様々なご意見を頂戴します

でも、僕は変えない

ウザいくらい、読者の方と話したい。スタッフと意味のない雑談をしたい。それでPV下がるなら、別にそれはそれで良いし、PVは「目標」ではないので、全然良いです。今年の目標は月間10万PVですからね

来年も「月間10万PV」くらい行けば良いと思ってますから、自分らしく、好きなようにやります

その「やりたいようにやる」ってのが、僕にとっては「読者と交流する」ってことなんです。ここだけは譲りたくないし、譲れません。

僕は、日々、多くの読者の方からたくさんの情報をいただいています。それが記事になっているのは明白ですから、今後ともどうぞこんな僕ですがよろしくお願いします

来年の目標

毎日更新!

東京に行く!

ありがたい人達に会えるように頑張る!

ええ。PVどうでも良いです。素人ブロガーなので。イエース

来年も、どうぞシクヨロ!

щ(゜д゜щ)カモーン

部長ナビマストドン始動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUT ME

書いてる人

部長ナビ

41歳 / 情熱ブロガー

プロフィールを見る

RECOMMEND

おすすめ記事

RELATED

関連記事

RANKING

今日の人気記事