2016・10大ニュース9位「対話型アクティブラーニングが論文化。実践研究で採択」

10大ニュース

201610大ニュース

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

今年も色々ありましたが、あっという間に終わりを告げてしまいそうな2016年。そんな僕の2016年の10大ニュースを発表します!

第9位「対話型アクティブラーニングが論文化。実践研究で採択」

部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」のまとめです。 2016年度「対話型アクティブラーニング」活動報告、活動予定 ★5/12(外部参加者20名程度・県外2名)
https://nabi1080.com/edu/active/27369 こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です。対話型アクティブラーニングの世界へようこそ! 僕が行

今年は、僕にとって非常に大きな年でした

3月末に岩手大学の研究紀要に僕の授業を分析した論文が掲載され、学会に提出した研究論文も審査をとおり、実践研究ですが採択されました

9月の学会で共同研究者の大学准教授に発表していただきまして、学会誌にも掲載されました

今、色々打ち合わせをしていて、来年も論文を出すとのことです。楽しみだなー

対話型アクティブラーニング発問塾も開催。来年も8月にやります

発問塾は県内外から13名の先生方にお越しいただき8月5日に実施しました

対話型アクティブラーニングのキモである「スーパーマリオ」も体験していただき、今後の授業の役に立てるかと思っております

来年もやるので、ぜひ、岩手大学までおでんせ!

僕のブログは「対話型の授業」がベース

僕は17年間、毎日「高校生」と対峙してきました

その中には「数学が苦手、嫌い、必要としない」生徒も多数いるわけです

そういう生徒がどうすれば数学を楽しんでくれるか、授業を楽しみにしてくれるか、一生懸命話を聞いてくれるか、そして、心に火を付けられるか

それをずっと考えて実践してきました

今は、論文という形で外部評価していただける形になってきましたが、本当に大学の先生方には感謝してもしきれません

その「対話のテクニック」をブログにも取り入れていますが、言葉で説明するのは非常に困難で、また、授業の経験がないとなかなか僕と同じ表現はできないと思うので、基本的に「文章の書き方」については記事にあまりしてないというのはそういうことです

多感な高校生を毎日相手にしているわけですから、表現力、時には、演出、歌や踊り、様々な要素が僕の中で合わさり、今の授業になっております

これからも、授業を楽しみながら、ブログも楽しんでいきたいですね

来年の論文で、また、動きがあると思いますけど、頑張りたいと思います

と言うわけで、10大ニュース第9位は「まさか、僕の授業が論文に!」でした!

来年も、素晴らしい出会い(生徒、先生方)がたくさんあることを祈ってます〜

部長ナビマストドン始動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUT ME

書いてる人

部長ナビ

41歳 / 情熱ブロガー

プロフィールを見る

RECOMMEND

おすすめ記事

RELATED

関連記事

RANKING

今日の人気記事