【レビュー】booq Shock Proは、僕のレギュラー「booq Taipan shock」の後継バックパック!進化した「Pro」の威力に全俺が購入決定!

booq Shock Pro22

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

AppBank Storeより、村田さん一推しの最強バックパックをサンプル提供いただいたので紹介しよう!

やっぱりだ!やっぱりbooqはヤベえぞ!ヤベえんだ!

そうだ!全俺がバーニング!

んじゃ行くぜ!

ハイグレードバックパック booq Shock pro
Booq (2016-12-26)
売り上げランキング: 9,280

メッセージ!

IMG_8300

激アツな村田さんの直筆メッセージ!

僕がいつもやり取りしている広報の方はみんな熱い人達ばかりだが、村田さんはかなりの激アツだ!っつーか、村田さんが勧めてくる商品で「これはちょっとなぁ・・・」というのは1つもない。AppBank Storeの商品はかなりの確率でレビューをしているんだ

10個サンプル提供受けたら2〜3個しかレビューしない僕が、ほぼ、全ての「村田セレクション」を紹介している。とにかく、この人、ヤベえぞ!

そもそも、僕のレギュラーバックパックが「booq Taipan shock」という、AppBank Store提供のバックパック

僕は、多くのバックパックを使い、レビューしてきたのだが、結局1年使ったレギュラーバックパックが「booq Taipan shock」というモノだ

この記事は、2015年11月21日に公開した記事を追記したものです こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です 今日も素敵なAppBank Sto

↑マジで1年使った。この僕が、「Mr.買い替え」のこの僕が、1年使った、それほど気に入っているバックパックだ

今回の提供バックパック「booq Shock Pro」は、なんと「booq Taipan shock」の後継版と言うことだ!

なんてことだ!

僕の心を捉えて離さないbooqがやってくれた!

なんと、booq Taipan shockを進化させたバージョンを1月からAppBank Storeで発売するらしい。マジかよ!

で、冒頭の村田さんの「スゴいです」の言葉

村田さんも星の数ほどある商品の中から、AppBank Storeで販売する商品を見つけてきていると思うので、相当な数のバックパックに触れているはずだ

その村田さんが全力で推す「booq Shock Pro」、とんでもねえバックパックの秘密に迫る!

外観!

booq Shock Pro01

これが、booq Shock Proの外観だ

見ての通り、booq Taipan shockとほぼ同じ感じがする。ああ。この時点で全俺がグラグラ

booq Shock Pro02

横はこんな感じ

では、booq Taipan shockと比べてみよう

booq Taipan shockと比較

booq Shock Pro03

1年使った僕のbooq Taipan shockと比べると、上部の厚みが、新バージョンのbooq Shock Proの方があることがわかる

booq Shock Pro04

上部だけにフォーカスするとこんな感じ

確かに、booq Shock Proの方が分厚い。背負ったときには、booq Taipan shockの方がスタイリッシュだろう

バックパックは「何を入れるか」で決めるべきだ。コレの上位モデルもあるが僕は敢えてこのモデルのサンプル提供をお願いした

booq Shock Pro05

横幅はそれほど変わらない

チャックの位置も慣れ親しんだbooq Taipan shockとほぼ変わらない

上部の厚みの変更で、どんな進化がもたらされているのか?ワクワクすっぞ!(by 悟空)

外ポケット!

まずは、アクセスが容易な外ポケットから

booq Shock Pro06

手前のポケットには今まで通りの深さで小物が入る

僕は薄い財布他を入れているが、かなりナイスだ

booq Shock Pro07

下部にもチャックがあり、このようにガバッと開く

が、僕はEOS 70Dを外に持ち出すのをやめたので、このポケットは使わない。外出時はEOS M3だ。十分良い写真が撮れるので、僕のレギュラー「外カメラ」はEOS M3で決まり!

booq Shock Pro08

使わない人はこのようにカメラ収納部分の布が手前に出て来るので、その分メインポケットが広く使える仕様。嬉しいねぇ

booq Shock Pro09

コレが新しい

いつも通り「キーホルダー」は安定のbooqクオリティで付いていて、メッチャ便利だ。ワンタッチでここに鍵を付けられるのに慣れてしまうと、他のバックパックは使えないくらいだ

問題は奥の黒い横ヒモだ

booq Shock Pro10

コレ、下に貫通してない

何を入れるのだろう?下が袋とじのようになっていて、厚みも無く、浅い感じだ

チケットでも挟むのだろうか?名刺?

booq Shock Pro11

下部もこんな感じ

ひょっとすると「メモリーカード入れ」なのかもしれない

外からカメラ収納にアクセスできるので、メモリーカードをサイドに持ってきたのか?

以前のbooq Taipan shockは、ここはペットボトル収納だった。進化している

booq Shock Pro12

下も、ペットボトルは入らない感じの余裕で、小物入れになっている。メモ帳とか入れると良いかもしれない

booq Shock Pro13

逆サイドは今まで通りのペットボトル入れ

こっちは変更無しだ

メインポケット

booq Shock Pro14

メインポケットはこのように、明らかにbooq Taipan shockより広いと感じることが出来る

booq Taipan shockはスタイリッシュだが、こんな余裕は無い。この時点で「ウオッ」って言ってしまった。それくらい、衝撃だ

booq Shock Proは「Pro」の称号がつくバックパックだ

値段もそれなりにするが、機能も「Pro」仕様と言うことだ

booq Shock Pro15

僕のbooq Taipan shockに対する唯一の不満が「小物入れポケットにチャックが無い」と言うことだった

それを見事に改良してきたbooq Shock Pro。iPhone 7が縦に入るスペースと、チャックを装備!完璧じゃねえか!

booq Shock Pro16

背中に当たる部分の「背面収納」上部にも何とチャックつきのポケットが

この時点で、僕は買うことを決めた

コレはヤバい。ヤバすぎるだろ

背負い心地が「退化」するわけないので、この「内側ポケットの進化」ですでに買いだ。買うしかねえぞ、コレ

それくらい、僕はbooq Taipan shockを心底気に入っている。だって、1年使ってるのだから。いくつサンプル提供受けたかわからない僕が、booq Taipan shockだけは決して浮気せずずっと使い続けた。それが、今回進化する

どこに買わない理由があるのだろうか?

booq Shock Pro17

結構他のバックパックには無い「書類入れポケット」が、booq Shock Proにもやはり標準装備

普通は、ここと、iPadポケットが兼用の場合が多い。だから書類を入れるとiPadが入らない。iPadを入れると、書類が入らないわけだ。入ったとしても窮屈だし、書類が折れたりしたら本末転倒だ

多くのバックパック使用者は、通勤でもバックパックを使うことが多いと思う。出張や、旅行でも使うだろう

そういう時に「一切書類を持たない」なんてあるだろうか?

そう考えると、この、booq Shock Proの「書類入れ」は特筆すべき機能だろう

booq Shock Pro18

手前には、前モデル同様、9.7インチ iPad ProがSmart Keyboard付きでサクッと入る

安定だ。安定のbooq Shock Pro。かなりヤベえ

booq Shock Pro19

横には、コレも前モデル同様、3本のペン入れがある。コレも地味に便利。「3本」ってのが良い。メッチャ良いんだ

ん?

横の黒いのなんだ?

booq Shock Pro20

ウオ!

ここにもポケットが、しかも「左右」にある!

ここ、何入れれば良いんだ?nyanboardでも入れるか?なんなんだbooq Shock Pro・・・。ヤバすぎやしないか?

booqの本気を見た気がする・・・

15インチ MacBook Pro収納ポケット

僕がバックパックを選ぶ際に最も重要視していることは「15インチ MacBook Pro」が入って「重くない」ことだ

ただ、今では「人間工学」を用いた肩ベルトは、もはや「当然」になってきているので、他の部分で差別化を図るしか無いだろう

booq Shock Pro21

booq Shock Proは、前モデル同様、最も背中に近い部分が15インチ MacBook Pro入れになる

当然、僕の15インチ MacBook Pro 2016もバッチリ入るぞ!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 15インチ MacBook Pro 2016が僕のもとに届いて3日が経った 使って使って使いまくった。そして、わかったことがある

↑15インチ MacBook Pro 2016のレビューはこちらから!

booq Shock Pro22

booq Shock Proの15インチ MacBook Proポケットは、こんなにもクリアランスがある

そして、モフモフだ

booqは多分全モデルでこのような仕様にしていると思うのだが、それにしたってステキだ。こんなに余裕があるのに、決してバックパック自体は大きく見えない。素晴らしい

肩ベルト

booq Shock Pro23

取っ手も前モデルから継承

コレが地味に便利

booq Shock Pro24

背面上部にはbooqのプレートが。これも継承された

非常にカッコいい

そもそも、岩手でbooq使ってるの、僕しかいないんじゃ無いだろうか?と思えるくらい、booq使ってる人、見たこと無いので「人とかぶりたくない」って人にも、booqは絶賛オススメだ!

booq Shock Pro30

booq Shock Proとbooq Taipan shockを並べるとその差は歴然

Proに進化したbooq Shock Proは、肩ベルトが明らかに疲れにくいのは間違いない

この形状は、以前の「booq Cobra pack」と似た感じだ。アレも全く重さを感じさせないすごいバックパックだったが、booq Shock Proにもとうとう、本気肩ベルトが標準装備された

いや、買うでしょ、コレ

booq Shock Pro25

忘れてはいけないのが「背当てクッション」の存在

コレが無いと、15インチ MacBook Proが一番背中側にあるので「ゴツゴツ」するのだ

意外とこの「背当て」が無いバックパックも多い中、booq Shock Proはさすがの厚みだ。十分な厚みで実際に背負ってみても重さも感じず、背中の「当たり」も感じない

素晴らしい!素晴らしいぞ!

booq Shock Pro26

太くなった肩ベルトにはもちろんbooqのロゴが

booq Shock Pro27

僕の手に取ってみても、非常に太いことがわかる。コレが疲労軽減につながる

使用感とまとめ

実際に使ってみたが、背負いやすさはもちろん、肩ベルトが新しくなった事による体への密着感、安定感は素晴らしい

booq Taipan shockがどちらかというと「15インチ MacBook Pro入るけど、メインは「見た目」なお洒落バックパック」であるのに対し、booq Shock Proは、「ガチ仕様」だ

マジでガチのバックパックなので、ハードに毎日15インチ MacBook Proを持ち歩いて、小物も、カメラも、書類も、9.7インチ iPad Proも持ち歩く人にピッタリ

( ゚д゚)ハッ! 

じゃねえか!

booq Shock Pro29

これ、わかる?

自立するのよ

booq Taipan shockは自立しない。ええ。何かに立てかけるしか無いのだが、booq Shock Proは自立する。恐るべきバックパックだ

そもそも、booq Taipan shockの進化形ってだけで欲しくなるのに、まさかここまで進化してくるとは・・・

「Pro」が大好きな僕が送るbooq Shock Proのレビューだったが、いかがだっただろうか?

みんなが買わなくても、僕が買うから大丈夫。心配しないで。僕は買うから

booq Shock Pro28

イヤー、ヤベえな。マジでカッコいい

そして、背負い心地がパワーアップして、ポケットも大進化

ヤバい。ヤバいぞ!1月が待ち遠しい!

っつーワケで、やっぱり村田さんの勧める商品はヤバいなぁ・・・。と痛感した2016年、年末の盛岡なのでした。アディオス!

ハイグレードバックパック booq Shock pro
Booq (2016-12-26)
売り上げランキング: 9,280

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

For You

オススメ記事

Related

関連記事

About

書いてる人

Ranking

本日の人気記事