下戸男子と付き合うと、果たしてどうなるのか?俺で検証してみよう〜全く飲めない人の本音〜

NKJ56_jyoseitokanpai

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

スポンサーリンク

面白い記事があったのでご紹介

下戸男子と付き合ったら&酒とスイーツに酔う
以下、すべて妄想です。

コレ、スゲー面白かった。

「下戸男子と付き合うと・・・」というストーリーになっています

内容は記事リンク先と言うことで私が読んで思ったことを書きたいと思います

酒の飲めない男子と付き合うとどうなるのか?女子必見の俺氏の実態

私は全く酒が飲めません

じいちゃんの代から誰も飲めない家系で、家の冷蔵庫に酒が入っていることなどない家庭で育ちました

酒を飲むのは年に一回、新年の御神酒をいやいや飲むだけ。それ以外は無しでした

そうなると、大人になって色々と困ることがあります

飲み会で3000円払うことに意義を見いだせない

飲めないので、3000円という会費に戸惑います

3000円出して、びっくりドンキーでメシを食いに行ったら、腹が破裂します。レストランで3000円使うというのは「高級コース料理」なわけです

ところが、酒を提供する店だと、簡単に「一人3000円」という計算ができあがります。コレが飲めない私には不思議でならない

「飲み放題」と言っても、家でジュースを2Lも飲みませんので、これも不思議な制度です

食べ放題、いわゆる「バイキング」は、高くても2000円だと思います。いや、2000円のバイキングって、相当高級だ。そう思うと、一人3000円の飲み会というのは飲めない側から言うと「高い」んですね。

話をするのは好きですが、「敢えて、酒飲まなくても、話できるよな」と思います

だって、私、酒飲めないので、いつもと同じテンションでずっといるわけですから、うーん、食堂とかファミレスとかでも良いのにな〜といつも思います

家で酒を飲まないので、「酒代」という概念がない

家で酒を飲みません。

ですから「晩酌」という文化がなく、酒代は月0円です

ジュースも毎日飲むわけでもないし、夜にジュース飲むと糖分取りすぎなので控えるようにしていますから、お茶とか、お湯とかしか飲みません

ですから、「飲み物に月いくら」という考えがあまりありません

飲める秋田出身のあやかぜは、飲み会でしか飲まなくなった

あやかぜはメッチャ飲みます

乾杯が日本酒で、全く酔いません

ですが、私が飲めないので、「一緒に飲みに行く」という文化が我が家にはありません

家で飲むこともなければ、外でも飲みませんので、「飲み屋」に入ることがまずありません

子供も生まれて、家であやかぜが飲むと言うことはほとんど無くなりました

付き合っているときは少し飲んでいたかも知れませんが、「かんぱーい」とか無いので、最初は不満だったかも知れませんが、今では「家では飲まない」ことにすっかり慣れ、あやかぜも多分ですけど納得して「飲まない文化」を受け入れてくれていると思います

その分、職場の飲み会、実家帰ったときの同窓会では飲みますし、私が運転手で連れて行くことも多いんですけど、帰りは余裕で2時とか3時とかまで飲んで帰ってきます

それが年に1〜2回あるかなってくらいです。あやかぜはとにかく飲む人ですが、頻度がガタ落ちしました

飲まない男子と付き合うと、こうなります

いまだに私は「晩酌」という文化がよくわかりません

飲めないので、飲むと頭痛くなるからです。アルコールを受け付けない体質なので、仕方ないんですが、それを理解してくれるあやかぜと出会えて良かったと思います

ちなみに、あやかぜが一人で晩酌と言うことも皆無です。本当に自宅では飲まなくなりました

ですから、「酒だけが友達」みたいな女性とは私はウマく行かないと思われます(笑)

楽しく会話したいので、酒がなくても普通に会話したいなーって地味に思うからです

酒飲むとへべれけになりますよね。普通で良いです。びっくりドンキーで全然良い。回転寿司とかで全然良い。会話を楽しみたい。

まあ、たぶん、デートしても、私はEOS 70Dでガシガシ写真撮って「ゴメン、速報書かなきゃ」とか言って、すぐに、booq Taipan shockから、MacBook Pro 15インチ取り出して記事を書き出すと思いますけど、あやかぜは、そうなると、本を読み始めるので、お互い時間を有効に使えてスゴいナイスです。うーん、ステキ。

ただ、あやかぜの弱点は「ガジェットに全く興味が無い」というところですね

私の熱い記事を一切読みませんので、それが多少切ないですが、ま、それはそれで良いでしょう

付き合っているときは、無理して飲むことがあるが、たいてい、頭痛でぶっ倒れるか、吐きまくって記憶無くす。頑張らせない方が良いと思います(笑)

あやかぜと付き合っているときは、かっこつけて飲むことがありました

が、やはり、無理なものは無理。

だいたい頭痛で喋りまくりのはずの私が黙り込んでしまうか、その場で寝てしまいます

それだけなら良いですが、吐きまくってトイレから出られなくなることもあったりするので、下戸男子と付き合うときは、「無理しなくて良いよ」と一言声をかけてあげてください

下戸男子は「飲めないこと=かっこわるい」と思っています

だから無理して飲みます

カッコいいところを見せたいから

でも、飲めないので無理がたたって自爆します

それが「マジかっこわるい」と言う事が分かりませんので、女子がリードして教えてあげてもらえると助かりますね

今では、もう40歳なので「俺、飲めないッス」って最初に言いますけど若いときは「ちょっとならイケます」って無理して自爆していました

アホだけど、男って、アホなんです

まとめ

なんの記事だかサッパリわかりませんが(笑)、面白かったので書いてみました

下戸男子は最近増えているみたいですけど、飲むことよりも、会話の方が大切だと思います

雰囲気と言いますが、私はファミレスでも良いような気がします

オシャレなバーとかは、プロポーズの時とかで良いのでは無いでしょうか?

お金はもっと有益なこと(iPhone代とか、レンズ代)に使って、思い出をたくさん作り、普段はなるべく金をかけずに、大衆食堂で盛り上がる。コレも1つのスタイルじゃ無いかと思います

まあ、参考にはならないかもしれませんが、「スーパー下戸男子」である私からの1つの提案でした

でもね、同窓会とかで酔っ払った教え子を見るのは面白いよ(笑)。何人も車で送って、お母さんとかに「卒業してまでご迷惑おかけして本当にスイマセン」とか言われるのも楽しい

2〜3月も同窓会たくさんあるんですけど、楽しみだなぁ・・・。俺は飲まないけどね(笑)

下戸男子と付き合うときの参考にしてみてくださいね。では

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索