年末安比合宿と、宿泊金額と、泊まる人の変化と、提案

今年、10年ぶりぐらいに開催する
恒例年末安比合宿ですが

今のところ、ウチを入れて4家族かな?ほぼ確定ですね。
前向きな未定が1家族となっております
思ったよりは集まってますが、子供だらけですね(笑)
予想通りです
坂下さんから提示されたのは、リフト券付きの宿泊プランですが
絶対5時間も滑らない(笑)

殆どの家庭に2~3歳児が混ざってますので
そもそも滑らないという可能性も十分にあるわけで
部屋で遊ぶという、ただの安比観光(笑)の場合も考えられます

ですから、
そのへんは私のところで交渉して、
2泊組もいるので、少しでも安く提案できるように
頑張っていきたいと思っております

まあ
泊まる時期がハイシーズンの最も高い時期ですので
そもそも交渉自体が難しい時期でもありますが
そこは親戚。遠慮せず(遠慮したことないけど・・・)
ガンガン交渉して攻めていきたいと思っております
(無理とか言われたら、八幡平リゾートとか岩手高原でもいいと考えている)
人数が結構多いので、スキー人気が下火となっている今
まとまった人数が毎年泊まってくれるのはスキー場にとってもありがたいはず
ウーム。
八幡平リゾートと、岩手高原にも連絡していくら位になるか見積もり出してもらおうかな
ちょっと、みんなと相談して考えてみよう

独身時代と違って、家族が増えているので
どうしても支払額が増えるんですよね
それが問題なんです。
子供と言ってもよくて大人の半額。
ヘタすると大人の70%くらい取られる場合もあるので
(何と言ってもハイシーズンですから)
多分ですが、安比以外のスキー場で宿泊すると
かなりお安くなる可能性が十分にあります

後は「安比で合宿する」というそのブランド性をどう考えるかですね
おみやげを含めた安比での活動
様々な思い出や全ての始まり、出会い、色々なものが安比には詰まっています
そこで、自分の愛する子供達を安比のあのアスピリンスノーの地に立たせてみたい
そして
友達をたくさんチームの中で作って、ゆくゆくはモーグルやって
毎年年末は集まって、ワイワイ騒ぎたい!
夏もキャンプしたりとかね、色々イベントはできるわけですよ

その始まりの地として安比高原というのはウチのチームにとって
非常に大きな意味を持つ場所なんです

でも、高い(笑)

そう
家族ができた今、住宅ローンを抱えている家族もいるでしょう
車のローンや様々な金銭事情があり
年に一回の合宿といえど、そんなに余裕はないという家庭もあることでしょう
そこで、高級リゾートの安比に家族で宿泊となると
1泊一人1万だと4人で4万、2泊で8万になります
ディズニー並とは言いませんが、かなり高く付きますよね
特に、子供の増加が支払いを増加させているわけです
それが今までの合宿と異なる点です

そういう意味で
思い切って八幡平リゾート、岩手高原と
子供達を遊ばせる、もしくは、子供達へのサポートが充実していると考える
この2つのスキー場に見積もりを取って
みんなに提示して、選ぶというのもありかなと思っているわけです

今日の午後ですか
坂下さんにメールするわけですが、
同時に岩手高原、八幡平リゾートにも見積もりを取る旨を報告し
メンバーからそういう要望もあるということで話を進めてみたいと思います
ハッキリ言って、安比のほうが安くなることはありえませんが
「この金額なら安比で行こう!」というラインはあるはずです
そこまで坂下さんが頑張ってくれるか
全てはそこにかかっています(笑)
頑張れ坂下さん!
(坂下さんは結構偉い人なので、色々な決定権があるはず。それに期待です!)

多分、今年安比じゃなくなると、
来年も安比じゃなくなるような気がします
(逆に、泊まってみて「やっぱり安比がいい」となるかもしれませんが)

どうなるか、こっちは正直どこでもいいので
展開が楽しみではありますよね

Blogでも全国の皆さんに良質な宿泊付きの家族で泊まれるスキー場を
たっぷりと紹介できますので、皆さんにとってもお得、
我々にもお得、スキー場にとっても宣伝になりますのでお得と
誰も損しない計算になりますのでいいと思うんだけどなぁ

ま、とりあえず今日の午後メール発射!
そして、明日以降の返事を待ちたいと思います!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索