岩手高原の結論

行ってきました岩手高原!
非常に風が強くて大変だったんですけど
とっても楽しかったですねー

まずですね、
岩手県内でも
「スキー場と行ったら安比でしょ」って人が多いと思うんですけど
岩手高原の良さをお伝えしたいと思いますので
この記事内では岩手高原が安比と比べて優れているところ、残念なところを
箇条書き形式で挙げていきたいと思います

【安比と比べて、岩手高原が優れているところ】
★盛岡から行く際、高速不要。
 (盛岡インターから松尾八幡平まで、往復で確か1200円くらい)
 ちなみに、我が家(本宮)から岩手高原だと40分かからないで行ける
★小学生無料。安比は小学生2800円。高速代と合わせると4000円違う。
★大人5時間券安比5100円、岩手高原3300円。二人で3600円違う
★岩手高原は「昼食900円」「飲み物210円」が付いた前売りが3700円で売ってる
★初心者ゲレンデがまさに初心者ゲレンデ。第1ペアリフトなら、
 マー坊もゆっきーも最高楽しめる。ベルトいらないので、親も楽
★初心者ゲレンデが第2ペアリフトにもある。こっちはモーグルバーン付きで、
 モーグルチームのウチには非常にナイス。キャプテンジョニーも満足のコース
★13時頃にレストハウス行くと、意外とあっさり座れる。
★初心者ゲレンデに急斜面がほとんどない。安比は第1リフトの最後が
 結構急な上に長い。ベルト着けて滑ると足がマジで逝く。
 その点は岩手高原は非常にナイス

【安比と比べて、岩手高原が残念なところ】
★初心者ゲレンデのリフトが普通のペアリフト。ゆっきー今日落下しました
 安比は「セントラルクワッド」で、4人乗りでフード付いてます
★昼飯は、座れるけど買うのが大変。特に「ラーメン売り場」はディズニー状態
 マジで並びすぎなので、昼食はちょっと考えないとダメ。コレは完全に安比の勝ち
★コースが全体的に短い。ま、コレは仕方ないけど、ゴンドラは乗ってないので
 また後で検証します。安比はマジで長い。第1リフトも長い。
★ドコモの電波が異常に弱い。LINEで連絡取ろうと思っても電波が入らず
 メッセージがアップできない。auは入るってジョニーが言ってた
 ちなみに、外だと、3Gで電波は入るけど、LTEは無理。レストハウスは3Gも無理
 ソフトバンクは分からない。
 まあ、「電波つながらなかったらレストハウス」ってなるんだけどね

【岩手高原でビックリしたところ】
★BGMの選曲が通好み。ビックリしたところを挙げると
 「ミニモニ。のじゃんけんぴょん」「平井堅の瞳を閉じて」
 「中島美嘉の冬の華」など、往年の名曲が勢揃い。マジで驚く。
★車がメチャクチャ多い。安比並みの混雑でビックリした。さすが小学生無料
★雪質は安比と互角。コレはビックリした。アスピリンスノー。サラサラです
★食堂の中に、思いっきり自販機が並べてある。しかも、意外と安い。
★ゆっきーは保育園児だが、小学生、幼児共に「キッズリフト券」が必要で、
 インフォメーションカウンターに同伴で連れて行かないと券もらえない
 コレを知らすに、2回並んだ。ビックリ。安比は幼児はスルー状態

こんなもんですかね
岩手高原、マジでいいですよ
電波は、別にどうって事ないですけど、
昼飯のあの「高原ディズニー行列」はあやかぜもジョニーも「もう勘弁」って言ってました
本当に全く帰ってきません。
ヘロヘロです。

ちなみに、1階のフリースペースは持ち込み可能みたいなので、
そっちに行くか、車で食べるかを検討した方が良いですね。
それくらいマジで混みます。
でも、これだけですよ。岩手高原で「あー」ってなるの
後は何とかなります
とにかく、
「近い」のと「料金が安い」のは非常に魅力的です
それだけで行く価値ある感じですね
それであのコースの質ですから。もうたまりませんよ。
子供が小学生のウチは、岩手高原で全然オッケーですよ。マジで。

ただ、合宿は安比ね。
やっぱり、宿泊施設は安比が断然上なのでね
っつーか、メンバーが全員泊まれるのは安比しかないのでね

普段のスキーは岩手高原でバッチリですよ
また行って、レビューしますねー

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索