長期レビュー3「VENEXの真実〜座りっぱなしのブログ作業〜」

VENEX10

スポンサーリンク

第3回「座りっぱなしのブログ作業」

第2回で衝撃の睡眠ログを出し、皆さんにもVENEXの効果が少しはおわかりいただけたかと思う

長期レビュー2「VENEXの真実〜UP3が教えてくれた「眠り」の真実〜」
長期レビュー2「VENEXの真実〜UP3が教えてくれた「眠り」の真実〜」
第2回「UP3が教えてくれた「眠り」の真実」 私は信じられずにいた 「着ているだけで疲労回復につながる?」そんなことがあるのだろうか? サ...

↑第2回はこちらから!

私的には「疲労回復」というのは、「睡眠」というイメージがもの凄く強いので、第2回がクライマックス、この連載のキモであると感じている

第3回の今回は、私が直面している現実を踏まえ、「起きているときに着ていても効果はあるのか?」について述べていきたいと思う

素人ブロガーの現実

私に与えられているブログの作業時間は、ほぼ、早朝のみと考えていただいて差し支えない

平日であれば、3〜4時に起きて、6時までの2〜3時間だ。

夜、1時間ほど、記事を書けるときもあるが、子供の食事、宿題対応、子供と遊ぶ、家事等、やらなければいけないことは山のようにあるので、ほとんど何もできないと考えていただいて問題無い

1日にアップする記事のほとんどを私は早朝の2〜3時間で書き上げるのだ

その集中力は凄まじく、部屋に入ってきた妻のあやかぜや子供達に一切気付かないレベルの集中をしている。一気に記事を書き上げる感じだ

長くても、1記事に充てる時間は30分。通常は5〜10分で1記事を書く。入力も早い方だと思われる

だから、時間がふんだんにあって、色々なことを自由にできる環境では無い事がおわかりだと思うが、たぶん、素人ブロガーで家族持ちの場合、こんなもんだろう。別に珍しいことではないと思う

ブロガーがブログをやめるきっかけ「ネタ不足」と「疲労」

私はスタッフを沢山抱えて、師匠もいるという非常に恵まれたブログ環境にあるが、必ずしもみんながそうとは限らないだろう

そうなったとき、ブログをやめるきっかけとなるのが「ネタ不足」であると思う

あと、私もそうだが、日中目一杯仕事をして、帰ってくると、子供達がお腹を空かせて待っているのだ

そこで「チョット待って、ブログ書くから」とはならない。全ては「趣味」であり、「優先順位は低い」のだ

だから、業務と、家事で蓄積される「疲労」が「なんでこんなに疲れているのに、これから記事書かなきゃいけないんだ」となる。

私は教員なので、AdSenseの広告も貼っていない。見返りが何も無いのだ。だから、本当に「自分の時間を削って」ブログを書いている

交流があり、非常に楽しいので、私は良いのだが、この「疲労」が原因で記事を書くのを諦めている場合、私に1つ提案がある

 

それが「VENEX」だ

 

睡眠時に非常に有用であることは第2回で述べた

しかし、その効果は睡眠時だけにとどまることを知らず、着座時にも十分な効果があることがこの使用期間でわかったのだ

では、その真実をお伝えしよう

車のイスをレカロにするくらい、腰痛持ちの私

私は車のイスをレカロにした。理由は「腰痛」だ

今座っているイスも「デュオレスト」という、人間工学の「腰痛ケアチェア」として有名なモノだ。かなり良い

しかし、早朝で、座りっぱなしで集中して、2〜3時間、ずっとキーボードを叩いていることを想像して欲しい

6時になって「ハァ・・・」となるのが容易に想像できるだろう

コレが普通だったが「仕方ない」と思っていた

VENEXは「仕方ない」と思っている疲労を軽減してくれる

仕事中に着ることはできないので、睡眠時と早朝作業で着ている

仕方ないと思っていた「疲労」が明らかにVENEXを着てから軽減されているのがよくわかった

緊張感から、日中の新しい仕事で疲労が3月の倍以上蓄積する4月において、私はもの凄い勢いで記事を更新している

それはなぜか?

VENEXを着て作業すると、6時になったとき、「よし、仕事行くぞ!」と言う気持ちにさせてくれる

睡眠時に睡眠の質を上げてくれるVENEXは、毎日の早朝作業も快適にしてくれる。

ただ着て、ただ座るだけだ。別に何も特別なことはしていない。それだけなのに、気付くと「アレ?疲れてねえな?」となるのだ

疲労回復は「使わない」とわかる

他にも沢山の疲労軽減グッズを紹介している私だが、一番は「泊まりの出張」でその効果は覿面にわかる

寝具、枕が違うので、翌朝の目覚めが全然違い、ダルいのだ

そうだ

疲労軽減グッズというのは「体が自然な状態に戻る」ので使っているときは「別に普通だな」と効果を感じにくい

そのグッズを「使わない」時に初めて「通常の疲労」を感じるのだ

VENEXを着ないで、早朝作業をしてみるテストも当然行った

すると、やはり6時には疲れが残る。

当然だ。2〜3時間ずっとキーを叩いているのだ。疲れないわけが無いのだ

翌日、VENEXを着て作業すると、やはり、6時になったとき、「よし、仕事行くぞ」となる。「ハァ・・・」とならないのだ

段々とテストが嫌になった私がいた

「VENEXを着ないテスト」をすると、明らかに疲労が体を襲うのがわかってきたからだ

40歳の私はもう若くない。体や健康にも気を遣わなければいけない年齢だ

早朝に2〜3時間もブログを打っている場合では無いのだが、VENEXのおかげで、4月の記事はとんでもなく濃く、長く、量も多く記事を提供できている

読者の方や常連さんからも「4月、絶好調だね」と言って頂く機会が増えた。自分では原因がわかっている。

 

そうだ。VENEXだ

 

コレのおかげで、入力は快適になり。日中の仕事もバリバリ進む。夜は当然眠くなるのだが、睡眠の質もVENEXのおかげで向上し、早朝作業も、VENEXで快適に行うことができている

他に何もしていない。

脱ぐと疲労が体を直撃する。間違いない。VENEXの効果が現れている証拠だ

個人差はあるとは思うが、私はVENEXを着ることで、「本来やらなくても良い」ブログ作業が非常に快適に、そして、前向きに取り組むことができている

趣味をできるには「健康」が必要

私が日頃元気なのは、ブログという趣味があるからだと思っている

趣味を目一杯やれると言うことはストレス発散にもなる

しかしそこに重要なのは「健康」であり、健康を保つには効果的な「疲労回復」が必要だ

様々なモノを試してきたが、VENEXは群を抜いて効果があると感じている。当然他にも、併用しているモノもあるのだが、C3fit並のレギュラー疲労回復グッズとして今では私の作業には欠かせない相棒となっている

「疲れて趣味どころじゃねえよ」という方にこそ、VENEXを使ってみて欲しい

個人差はあると思うが、VENEXは産学公連携の間違いの無い商品だし、実際に私の睡眠ログで効果が実証された。感想では無く「ライフログツール」でちゃんとしたログが出たのだ。

休日や、夜を「元気」では無くても「普通」に過ごせるような、そんな生活の中で、趣味も仕事も、家庭も全力で当たりたい、そんなあなたにこそ、オススメしたいVENEX。ひょっとしたら、長い相棒になってくれるかも知れないVENEXは、あなたの疲労回復や睡眠を変え、日常にプラスな要素を与えてくれると思う

ただの疲労回復グッズでは無い。

疲労が回復されると言うことは、行動が増えるということだ。「ダルくて何もしたくない」という時間が減れば、より、充実した人生につながるかも知れない

そんな可能性を秘めた疲労回復ウェア「VENEX」を私は絶賛オススメしたい

この記事もVENEXを着て、一気に15分ほどで書き上げているが、全く疲労感は感じない。何も問題無いのだ。全てがうまく行っている

一人でも多くの方の疲労回復に、この記事、そして、VENEXが役に立つことを願って、第3回の連載を終わろう

「よし、頑張るか」を作ってくれるVENEX

 

疲労を回復することで、新しい「あなたの明日」がそこに待っているかもしれない

 

〜次回予告〜

追加で到着したVENEX商品の紹介と、コレまでのまとめを行う予定!

来週の月曜日更新!新商品レビューを見逃すな!

▶️AppBank Storeで、VENEXリカバリーウェアの
・リラックスショートスリーブ▶️半袖メンズXL半袖メンズL半袖メンズM半袖レディースL半袖レディースM
・リラックスハーフパンツ▶️メンズXLメンズLメンズMレディースLレディースM
・アイマスク▶️L-XLサイズS-Mサイズをチェック!

(AppBank Store提供・レビュー文章:部長ナビ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索