長期連載3「MVNOとキャリア〜iPhone6 docomo版1台持ち〜」

過去記事リンク

長期連載シリーズ「MVNOとキャリア」記事まとめ

第3回「iPhone6 docomo版1台持ち」

前回までで
「2台持ちのメリット、デメリット」をお送りしてきたが
今回は

「んじゃ、何で部長は
「2台持ち最強」とか言ってたのに
1台持ちに戻したのか」

実際にiPhone6の1台持ちに戻しての
良かった点、イマイチな点について
挙げていきたいと思う

iPhone6 docomo版1台持ちのメリット

★とにかく楽

本当に1台で完結するというのは楽である。「こんなに楽なのか・・・」と、最初の数日は衝撃だらけであったが、まあ、コレが普通なんだよなとも思った。ポケットも片方だけで住むし、カバンに入れてもかさばらない。ガラケー+iPhone5Sの時は、「手探りでガラケーかiPhone5Sか判断する」と言うことを良くやっていたが、当然だが、iPhone6一台になるとそういう手間がないので、非常にアクセスがスムーズになった。

特に、「生徒へのメール」を出すときに1台持ちというのは非常にメリットが多い。生徒へのメールはGmailで出すのだが、出先では、iPhoneを使って出すことも多い。その際、携帯での表示を確認するために、iPhone5SでGmail作成→生徒へ発送→ガラケーで携帯メールの表示を確認と言うことをやっていたが、iPhone6の1台持ちになると、iPhone6でGmailでメール送信し、iPhone6でdocomoメールを確認できるのでとにかく楽である。もの凄い楽。

ガラケーで電話を受けて、折り返しかけなければならないときも、こちらからかけるときはiPhone5Sの050plusであるので、2台をあっち持ってこっち持ってという風に、行ったり来たりしながらなので面倒であったが(相手が携帯の時は、050plusの電話番号を教えて、電話番号が違うことを説明してから電話なので、本当に面倒だった)、iPhone6の1台持ちにしてからは、iPhone6で受けて、iPhone6でかけるので本当に楽である

特に、メール、通話をたくさん使う場合は、明らかに1台持ちの方がメリットがある。ムチャクチャ楽である。

★常に通話品質が良い

これも、1台持ちの大きなメリットであるが、受けるときもかけるときもiPhone6一台で「携帯電話」での通話になるので、非常に通話品質が良い。当然だが、050plusの時は、わざわざ更衣室まで移動して、電波の良い窓側にくっついて電話をしていた。しかし、iPhone6の1台持ちにしてからは、電波の悪い職員室内でも普通に通話ができる。コレは、当然のことなのだが、IP電話がいかに電波状況に左右されるかということである。しかも、別記事にあるように「VoLTE」にiPhone6が対応したので、もの凄い高品質で通話ができるようになった。緊急連絡でも途切れることもなく、ハンズフリー等での車での通話もバッチリである。この「通話」に関しては、明らかに1台持ちの方が便利で、使える形である

★ファミリー割引がスゲー使える

docomoには「ファミリー割引」というものがあり、コレがマジで神仕様である。もともと、iPhone6は新料金プランなので「カケホーダイ」であるから、電話料金は気にしなくても良いのだが、親族関係が全員docomoのガラケーで旧料金プランである。よって、親族は通話料が発生する。特に、「ゆっきーの手術、入院」の時は、どうしても、じぃじ、ばぁば、角間川のおばさんと携帯で連絡を取ることが多くなるので、私、あやかぜだけでなく、親族の通話料もハッキリ言ってバカにならなかった(ガラケー契約の時は、あやかぜだけで月2万くらいいったこともある)。それが、ファミリー割引の申込みをすると、「3親等まで通話料無料」になるのだ。

普通「親等」を計算するときは、私を0とすると、私の両親と、子供達、あやかぜが「1親等」になる。私の祖父母は「2親等」、私の叔父、叔母は「3親等」、私の孫も「2親等」になるのだが、あやかぜについては、普通は「あやかぜが1親等」なので、あやかぜの両親は「2親等」、あやかぜの祖父母が「3親等」なので、角間川のおばさんはばぁばのお姉さんなので、計算的には私から見ると「4親等」なのだ。よって、普通の計算では、角間川のおばさんはファミリー割引の該当にならない。

しかし、docomoの親等の計算の仕方は違う。私を基準として考えるのだが、なんと、「あやかぜも0親等」になるのだ。これにより、配偶者の親族の親等が1つずつ減ることになるので、角間川のおばさんが3親等になり、ファミリー割引の対象となるのだ。コレがスゴい。これにより、法人契約のじぃじ以外は全員通話料無料になる。メールも無料、添付ファイルがあっても無料。全て無料である。テレビ電話は今はFaceTimeを使っているので、自宅Wi-Fiを使えばコレも無料。とにかく、docomoのファミリー割引は最強のシステムなのである。親族が全員docomoというのも大きい。ドコモショップで申込みは必要であるが、申込み価値は十分にある制度である。

もちろん、ガラケーが「タイプシンプルバリュー」で無料通話がつかなくても、ファミリー割引のおかげで親族は無料になるのだが、それ以外が050plusとなり、やはり煩雑なのである。あやかぜもこの辺が面倒みたいで、結構ガラケーを使って電話してしまっていたり「050plusがよくわからない」ようなことも言っていたので、やはり、かなり使い込んでいる私のような人間でも煩雑に感じるくらいだから、あやかぜのようなタイプに2台持ちというのはチョット現実的では無いのだなと感じた。

当然、050plusに「ファミリー割引」はないので、「安い」という理由だけで例えば「音声付きSIM」をOCNモバイルONEで契約し、docomoと電話番号が変わらないとしても、通話を使う場合は結局キャリアで契約した方が安くなることも多いのだ。その辺が難しいところである

iPhone6 docomo版1台持ちのデメリット

★料金が高い

1台持ちのデメリットはずばりこれだけである。他にはない
具体的に計算すると、
iPhone6をdocomoで「データパックS(2G)」で契約する場合、カケホーダイが2700円、spモードで300円、データパックSが3500円で合計6500円かかる。ちなみに、ガラケーだったときは、8000円近くかかっていたので、それにしても実はiPhone6に変えた方が安くなるのだが、MVNOを活用した2台持ちは驚異の低価格である。

ガラケー→タイプシンプルバリュー+iモード+パケホーダイシンプルで1100円弱
スマホ→OCNモバイルONEの1日110Mプランで月1100円

2台持ちは合計2200円弱である(留守番電話を付けると300円アップ)

そう。3倍違う。
ただ、OCNモバイルONEを使ってみて分かったのは、「データ通信というのは、使うときに一気に使い、使わない日はほとんど使わない」ということである。1日110Mというと多いように感じるが、平日はそれほどデータ通信は使わないのである。その代わり、土日にドーンと使うので、土日にたくさん使えて、平日はあまり使わないという「月に○G」と言うプランの方が、実は実用的なのである。それを考えると、OCNモバイルONEでは月5Gだと1695円なので、ガラケーと合わせて2800円くらいである。まあ、それでもiPhone6の1台持ちとは3700円も違うので、雑誌がこぞって「MVNOの活用」を勧めるのはその通りなのである。

では、なぜ私は2台持ちから、あえて高い1台持ちに戻したのか、それは簡単で「教員」特に「担任」という立場で考えると、2台持ちはデメリットしかないのである。前回も書いたが、「緊急連絡」「複数への一斉メール送信」を多用する場合は、明らかにスマホ1台持ちの方がメリットが大きいのである。

これから2台持ちに移行する場合、結構OCNモバイルONEも解約は大変だったので、ちゃんと考えてから2台持ちに移行した方が良い。確かに安くはなるが「安くなるだけの覚悟」は必要である。

あやかぜも今年度3年の担任であるが、私もあやかぜも携帯での通話を多用する。さらに、親族とのdocomoメールでのやり取り、ファミリー割引を考えると、「iPhone6の1台持ち」というのは、必然の選択なのである

自分の職業、子供に関しての緊急連絡、親族の携帯の契約、それらを総合的に考えてどうするかを決めて欲しい

iPhone6の1台持ちは「高い」事さえクリアできれば非常に快適である。要するに「便利さ」を取るか「安さ」を取るかの2択である。私は「便利さ」を取って、今は快適に過ごしている。もう、二度と2台持ちには移行しないだろう。docomoがどうこうではなく、iPhone6の1台で全てが出来るということがいかに負担がなく生活ができるか、それが大きなポイントであり、それのために多少高い金額を払っても私は1台持ちを選択したい。

と言うわけで
iPhone6の1台持ちのメリット、デメリットを述べたが
コレも繰り返しになるが、
向かいに座っている若い先生は2台持ちである
講師と言うことと、副担と言うことで
1台持ちにする必要は無いのである。
緊急連絡が副担に行くことはほとんど無いからである

その辺、よく考えて欲しい
同じ教員でも、どういう仕事をしているかで
「2台持ちでも構わない」という状況が生まれるのである

私の絶賛オススメは
「iPhone6」と「iPad Air 2の128G」のダブル契約である
コレが最強だろう。

ま、たくさん悩んで、ベストな道を選択して欲しい

~次回予告~

次回は、2台持ちに移行するときの
「OCNモバイルONEの契約の仕方」について
書きたいと思う

記事を読んで
「2台持ち」を検討している場合に
「つまずくポイント」を中心に解説していきたい

あと少しでこの連載も終わるかと思うが
意外と反響はあるので、頑張って書きたいと思う
期待して、明日も読んで欲しい

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索