長期連載・番外編「男達のiPad Pro 9.7インチ〜アナザーストーリー〜」

iPadPro10-Lineup_PR-PRINT

スポンサーリンク

番外編「アナザーストーリー」

実は、この連載、「男達のiPad Pro 9.7インチ」は、この結末ありきのスタートでは無かった

この連載の真実を最後にお伝えしたいと思う

真実「g.O.R.iさんの購入紹介と、カメ仙人の極秘購入で「男達」の予定」

この連載は「g.O.R.iさんの購入」で1人目、「カメ仙人の極秘購入」で2人目、合計2人なので「男達の」という冠を付ける予定でスタートした

すなわち、3月22日の夜、「第1話スタート時点」では「部長購入」という計画は全くなかったのだ

「悩みに悩んで、結局12.9インチ」という予定で、スタートした

かなり悩んではいたが、さすがに私もアホじゃ無いので、「12月にiPad Proを購入して、3月にiPad Proに買い換える」という「アホみたいな事」はしない予定だった。g.O.R.iさんは、「比較」の意味も込めての「買い増し」だったので、私とは違う。g.O.R.iさんは購入を明言していたし、買う理由も記事にしていた。

でも私はチョット冷めた目で、一歩引いて3月21日を迎えていた。

そうだ

私は「買わない」という結論をして、読者をガッカリさせて置いて、カメ仙人の写真で「そう来たか〜」となる予定だったのだ

全てはAppleスペシャルイベント

【速報】Appleスペシャルイベント「iPad Pro 9.7インチ?買わねえよ!」〜Apple SIM内蔵って何?〜
【速報】Appleスペシャルイベント「iPad Pro 9.7インチ?買わねえよ!」〜Apple SIM内蔵って何?〜
「Apple SIM」についてちゃぼPの調査記事を追記しました。セルラーを予約される方はご安心ください こんにちは。部長ナビ(@nabi_...

↑非常に多くの反響をいただいたこの記事。「iPad Pro 9.7インチなんて買わねえよ!」である

発表会の時私の正直な気持ちは「ヤバい」であった

こんなにヤバいのか・・・。想像以上にヤバかった

なぜなら、私はiPad Air 2を「立って」「片手持ち」で「50分」「毎日」「手書き」で使っていたからだ

その時、特に何も問題は無かったが今考えると、iPad Air 2というのは「ジャスト」な大きさ、重さだったのだ

仕事でiPadを使う私にとって、12.9インチは「置いて使う」には最適だったが、毎日持ち歩いていく中で「うーん、デカいな・・・。重いな・・・。」とある意味「当然」の感想を持ち始めていたのだ

そりゃそうだ。アレを片手で50分持って手書きしているのだ。しかも毎日

Apple Pencilはマジで最高だ。最高だが、iPadがデカすぎるのだ

マジで悩んだ。悩みすぎて、夜しか寝れなかったくらいだ

Apple Pencilのレビューが一気に脚光を浴びた

今日現在(2016年3月31日)、2015年12月に出したApple Pencilのレビューがアクセスランキング1位だ

【レビュー】Apple Pencil with iPad Proは最強の「手書きメモ」マシンだ!
【レビュー】Apple Pencil with iPad Proは最強の「手書きメモ」マシンだ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です ↑iPad Pro本体の2週間使用レビューはこちらから! ↑i...

↑記事投稿時点でシェア47、何もしてないのに、勝手に広がっていった形だ

3月22日早朝のAppleスペシャルイベントの後、突然この記事がアクセスランキング上位に居座るようになった

Google検索でも超上位

「Apple Pencil」「レビュー」でgori.me、ペンタブを使ってる本物の方のレビューに続いて「3位」という超上位記事になっている

「Apple Pencil」「手書きメモ」だと、何と1位だ。まあ、そりゃそうだ。このApple Pencilというのは「お絵かき用」のペンだ。私のような「手書きメモ主体」という使い方は少数派なのだろう

この効果もあり、もの凄く拡散し、もの凄くメッセージをいただくことになった

↑TwitterでもこういうツイートやDMをかなりいただいた

私にとってはごく普通に書いたつもりだし、毎日使っているのである意味「ちゃんと書けること」というのは深刻な問題でもあるから、毎日書いているからこそのレビューができたと思うが、自分で思っているより周りの評価は高く、もの凄い反響を呼んだ

その中で多いメッセージ「9.7インチでもレビューを」

これが悩んだ

同業者からもメッセージをいただく

小・中・高校の教員、そして、大学の教員の方からも「参考になりましたが、9.7インチの方が実用的ですよね・・・。そちらのレビューの予定はありますでしょうか?」という問い合わせだ

これにやられた

確かに、私に来る同業者からのメッセージで多いのは「iPad Air 2買いました。マジでメモ書き最高です」ってヤツだ

教育とiPadと手書きというのは非常に相性が良い。それはiPad Air 2、iPad Proと使ってきた私が痛感しているところだ。メッチャ使える。iPad最高だ

多くの教員が「授業公開、研究授業等で「立って」使うので、12.9インチは大きい」と私同様の感想を持っていた

こう言った流れが、3月22〜23日で一気に来た。対応しきれないくらいの反響だったのだ

ソフマップ買い取りが全てを決めた

最初はネタで出した「ソフマップで高額買い取り」という記事

アレはネタだ。あのときはiPad Proを売るなんてみじんも考えていなかった

しかし、多くのメッセージをいただき、iPad Air 2を使っていたことを思いだし、現状を考え、1つの結論にたどり着いた

それが、「電話で聞いてみよう」だった

問い合わせるだけなら、無料だ。何も起きない。解約も無い。まず聞いてみようと思った

コジマ・ビックカメラでの恐るべき「機種変更6ヶ月縛り」の事実

一番の衝撃はこれだった

月々サポートが付かないというまさかの事態に、ここで私はあきらめが付いたのだ

記事では煽るように書いているが、この電話が終わった時点で、私は12.9インチを使い続けることを決めたのだ

後は「いかに迷って、かわないことを読者に納得してもらうか」というストーリーを考えるだけだった

欲しかったが仕方ない。これが真実だ

ドコモショップに電話した内容は本当に記憶が無い

ドコモショップに電話して、予約したと記事で書いたが、あの内容は本当に記憶が無い。飛んでいるのだ

気付いたら予約していた。しかもゴールド。買ったことの無い色を、「解約してから新規契約」という意味不明な状態で予約した。

電話を切ったとき私は感じた

「気持ちE」

そうだ。私は変態だったのだ

まとめ

後は記事の通りである

本来買う予定では無かったiPad Pro 9.7インチ、今日発売だ。これから受け取りに行く

私、カメ仙人、そして、g.O.R.iさんが購入するという想定外の事態に発展したが、物語というのはいつだって突然で、そして、終わってから振り返るとつじつまの合うモノだ。

今回のiPad Pro 9.7インチについても私は「進むべき道」をただ進んだだけなのかもしれない

今、こうして、アナザーストーリーを打っていて思うのは、「沢山の読者の方に支えられている」という思いだ

ブログを書いていなかったらこんなドラマチックなことは起きなかっただろう

そもそも、プロカメラマンのカメ仙人とSNSで話すなんて機会は無かっただろう。g.O.R.iさんもそうだ。

多くの読者の方は、顔どころか、本名も知らない。そんな読者の方からの熱いメッセージが私を動かしたといっても過言では無いだろう

書き終えて、今、私はスッキリした気分でいるが、次は6月のMacBook、そして、9月のiPhoneへと話は進んでいく

私は止まることの無いレールの上を走る暴走特急なのかもしれない

でも、甘んじてこの状況を受け入れようと思う

 

画面の向こうであなたが少しでも楽しんでくれるなら、私は喜んで暴走しよう。そう、スタッフと共に。

 

2016年3月31日 アナザーストーリー

部長ナビより、愛を込めて

 

では、開封レビューでまた、お会いしましょう。読んでくれて、本当にありがとう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索