長期連載5「男達のiPad Pro 9.7インチ〜クライマックス〜」

iPadPro10-Lineup_PR-PRINT

スポンサーリンク

第5回「クライマックス」

2016年3月25日

私は気が気ではなかった

Apple Storeを見た感じでは、iPad Pro 9.7インチは売り切れている様子は無かった

iPhoneと違い、一瞬で売り切れることは無かったのだが、やはり、悔しさを隠すことはできない

仕事が手につかず、常に「iPad Pro 9.7インチ」のことを考えている自分がいた

こんな事ではいけない。私は社会人として、しっかり仕事をして、合間の時間を使ってブログを書き、趣味としてApple製品を楽しんでいる

でも、ちょっと待てよ?

iPad Pro 9.7インチは、Apple Pencilと組み合わせて使うんだから、仕事用だ

仕事に使うモノのことを仕事中に考えて何が悪いというのだ?

俺、正解か?

んなわけない。ちゃんと仕事した

昼休み

私は考えた

他のメンバーのiPhone SE予約は順調だ。私は連載を始めて、勝手に煽って、そして、詰んだのだ。

どうすれば良いのか全然わからなかった

昼休みでApple StoreでSIMフリーを購入した場合のランニングコストを計算した

SIMフリーの場合、ドコモの契約にならないので、格安SIMと呼ばれるSIMカードを契約しなければいけない

思ったより安かったが、それ以上にドコモの月々サポートは強烈だった

【比較】iPad Pro 9.7インチ、ドコモとApple Store価格を比べた!月々サポートと、0%キャンペーン+格安SIMはどちらがお得か?
【比較】iPad Pro 9.7インチ、ドコモとApple Store価格を比べた!月々サポートと、0%キャンペーン+格安SIMはどちらがお得か?
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 話題の絶えないiPad Pro 9.7インチですが、長期連載シリーズも大好評連載中で...

↑iPad Pro 9.7インチに関して言えば、ドコモでのセルラー契約と、Apple StoreでのSIMフリー購入は倍以上の金額の開きがあった

いくら、格安SIMを契約しても、どうせ私は「シェアパック10」に「シェアオプション」という形でiPad Pro 9.7インチをくっつけるので、意外とランニングコストは安く済むのだ

それを考えると、何度計算してもドコモの方が良いことがわかる

悔しいが、メイン回線がドコモで、シェアパック10を契約している私にとって、選択の余地は無かった。ドコモに頼らざるをえなかったのだ。

仕事終わりにドコモショップに電話することにして仕事に戻った

仕事終わり

私は速攻ドコモショップに電話をした

「iPad Pro 9.7インチについてお聞きしたのですが・・・」

ここから、私の運命が大きく変わる

ドコモショップとのやり取り

私「12月にiPad Proを契約したモノですが、仕事でApple Pencilを使う関係で購入したんですが、今回、まさか9.7インチが出るとは思っていなくて、機種変更を考えていたんです」

店員「なるほど。ありがとうございます」

私「でも、ドコモは契約後6ヶ月経たないと、次の契約機種に月々サポートがつかないということを知って、悩んでいます」

店員「あー、なるほど。そうですね。確かに、月々サポートは「機種変更」だと付きませんね」

私「機種変更だと付かない?」

店員「ええ。そうです。お客様の場合、機種変更だと付きません」

私の頭がIntelの最新CPUを超え、Core-i5も、Core-i7も超え、Core-i5000000000000000000000000000000000000000000くらいのスペックでフル回転した。そうだ。私はその時、地球上の誰よりも高速に頭が回転していた。まさに絶好調。Mac ProのCPUが12コアならば、私のコアは45772983476592873402957640932675029734095278309487520934729834751290コアだ。そう、Mac Proなど敵では無い、「神の化身」と化した私がいた

私「ということは、iPad Pro 9.7インチを新規契約すると、月々サポートが付くと言うことですか?」

店員「・・・。そうですね。そうなります、お客様」

私は、最高に冷静だった。そして、最初からクライマックスだった(by 電王)

私「わかりました。iPad Proは解約し、残債を支払います。そして、iPad Pro 9.7インチを新規契約すると、月々サポートが付くが、付与される電話番号は変わる。こう言うことですね?」

店員「そうです。ただし、解約されるのでお約束いただいた期間ご契約いただけないことになり、10000円ほどの解約金がかかりますが、よろしいでしょうか?」

私はランニングコストについて、100000回以上シミュレーションをしていた

格安SIM+Apple StoreのSIMフリーはいくら安く見積もっても、ドコモの月々サポート+1万円には叶わない。解約金の1万円も特に問題は無かった。問題は在庫と色だった

私「在庫はまだ大丈夫でしょうか?」

店員「iPad ProやiPhone 6s Plusの時と同様ですが、どのくらい入荷するのか、前日くらいまで全くわからない状況ですので、とりあえず「予約」と言うことだけさせていただきますが、31日お渡しできるかどうかは保証しかねます。大変申し訳ありません」

私は冷静だった。9月のiPhone 6s Plusを乗り切った男だ。これくらいなんでも無い

繰り返すが私は最初からクライマックスだ。今の私に「Aメロ」や「Bメロ」は必要ない。「サビ」だけで十分だ。それくらい冷静でありながら高揚していた

私「大丈夫です。iPhone 6s Plusの時も前日に私の方から電話させていただきましたので、同様に電話させていただきます」

店員「ということは、iPad Pro 9.7インチをご予約と言うことでよろしいでしょうか?」

私「へ?」

あれ?

俺、買うことになってる?

ちょっと待て待て。相談するだけのはずだった。確認するだけのはずだった。ドコモショップの人に、やっぱり3ヶ月は無理っすよねーと話して電話を切るはずだった

この展開はなんだ?

「最初からクライマックス」って、アホか俺は・・・。

一人で勝手に盛り上がって、一人で勝手に話を進めている

いつものパターンだが、私も40歳になり「不惑」となった。そう、「男40にして、迷わず」。それに値する大人でありたい。常にそう思って生きている

私に必要なのは、冷静さと、自分を律する心だ

そして、私は当然のように、店員に告げた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「それでは、128Gゴールドでお願いします」

 

店員「128Gのゴールドですね。ありがとうございます。それではお名前とお電話番号を・・・」

やっちまった・・・

ここから先は覚えていない

気付いたら家にいた

私はアホだ

悔しいが、私はアホだ

12月にiPad Proを買い、何とかApple Pencilで手書きメモを使いこなし、そして、コンテンツ消費デバイスとして最大の賛辞を与えたiPad Proを、3ヶ月で売却し、9.7インチに戻ろうとしていた。

しかし、私はふと思った

MacBook Pro 15インチや、iPhone 6s Plusと違い、iPadは授業や会議、研修などでの手書きメモに最適なデバイスだ

そして、それらの多くは「立っていること」が多いのだ。

だから、私は、iPad Pro 9.7インチに移行することになんら後悔の念は無い

なぜなら、iPad Proを買う前は、iPad Air 2で2年間弱、手書きメモを立って50分毎日やっていたのだから

iPad Proは決して悪いデバイスでは無い

しかし、あれは、「置いて使うモノだ」と言うことが、日を追うごとにハッキリしていった

段々と、授業でiPad Proを手書きで使うとき「抱えるようにして持つ」事が増えてきた私は、多少なりとも違和感を感じていたのは確かだ

YouTubeや、Amazonビデオ、ミュージックビデオ、Kindleなど、コンテンツを「置いて」見るには最強だが、私の用途としては9.7インチの方が合っているのかもしれない

人によって、Appleのデバイスというのは使用方法が違うことは前から言っているが、私は絵を描かないし、置いて使うなら、MacBook Pro 15インチを使うのだ

だから、「立って使う」事を考えると、miniは小さく、12.9インチは大きい。そんな結論が自分の中で、この3ヶ月で出ていたような気がする

iPad Proの解約と、売却を進める必要がある

解約は、本体はいらないらしく、電話番号さえわかれば、本人来店ですぐに解約ができるそうだ

私は、ドコモのクレジットカードを使ってポイントをためているのだが、端末代金はポイントの対象外らしい

だから、解約と同時に、残債を現金で払う予定だ

そして、ゴールドのiPad Pro 9.7インチを手に、私は4月から授業に意気揚々と臨めることだろう

もちろん、右手にはApple Pencilを携えて

今回のこのストーリーは、一瞬、マジで話が終わりかけたが、何とか持ち直して最後は自分の満足いくような結果に落ち着くことができた

しかし、私にはまだやらなければならないことがあった。それは、「カバーをどうするか」であった。

ドコモショップは基本的に本体のみの取扱なので、iPad Proの時もカバーとApple PencilはApple Storeで購入した

予約日からすでに1日以上過ぎているので、もう、31日には手に入らないかもしれないが、私はとりあえず31日に手に入るのならば、本体のレビューを先に行って、カバーを付けた感じがどうなるのかをまた別レビュー出だせば良いと思っていた

そうだ。g.O.R.iさんに連絡しよう

何から何までお世話になっているg.O.R.iさんに、とりあえず報告しよう

予約してしまったので、後はiPad Proを解約して売却すれば残債もほぼ相殺でき、特に問題無くiPad Pro 9.7インチに移行できる

いつものお礼を兼ねて、g.O.R.iさんに報告しよう

 

ここからまた私の運命が動くことなど知らずに、私はMacBook Pro 15インチを開き、Messengerアプリのウィンドウをアクティブにした

そして、g.O.R.iさんにメッセージを打ち込んだ

既読となるマークが付き、返信が打ち込まれる

 

盛岡の夜はまだ寒い

月がにっこり笑って、私の前途を祝福してくれているかのようだった

そんな夜に、g.O.R.iさんからのキラーパスが届くのであった

 

〜次回予告〜

g.O.R.iさんとのMessengerのやり取りで何が起きるのか?

ゴールドを予約した部長に待ち受けている運命とはいかに?

果たして、iPad Proはちゃんとした値段で売れるのか?

まだまだ予断を許さない次回は、明後日、火曜日の夜を待て!(明日月曜日は仕事が遅くまであるため、お休みします)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索