長期連載4「男達のジェットブラック〜ヤツの名は、おこP〜」

iPhone 7 Plus03

スポンサーリンク

第4回「ヤツの名は、おこP」

僕は、九州の超常連さん「りかりん」からのアドバイスを正直にスタッフに伝えた

そうだ

包み隠さず、僕は伝えた。最近、情報漏洩の問題があって、速報的な情報を外部にはなるべく出さないようにしているので、実質最新情報はスタッフしか知らないことになる

いつもだと、ひこPは忙しいので、参加できても夜中、週に1回程度しか会話に加わってこない

だいたいは僕と、たけP、そして、カメ仙人で話が進み、おこPは仕事の進み具合で参加するといった感じだった

まずは、iPhone 6s Plusの買い取り価格をソフマップでチェック

まずは、全員で、ソフマップ他の買い取り価格をチェックした

注意が必要なのは、「キャリア版iPhoneは、残債があると買い取ってもらえない」ので、事前にドコモショップに行って「残債を一括で払います」と言って、支払いを済ませておかないとダメだということ

ネットワーク利用制限が○じゃないと買い取りできないと言われるので、マジで要注意

ソフマップでの買い取り価格が、やはり一番高く、良い感じの金額だった。うーむ、ナイス。

続いて、新品のiPhone 7・ジェットブラックをもう一度確認

Apple Storeで、新品のiPhone 7・ジェットブラックを確認する。もちろん、128Gモデルだ。僕に256Gは高嶺の花。そう。まだ手を出してはいけない領域だった

「発送:3〜5週間」

変わらない。前の通りだ。やはり1ヶ月先というのが、ジェットブラックの現実だ

ちなみに、ブラックにすると、1〜2週間になるのだが、ここまで来てブラックはないし、そもそも、ブラックはあやかぜが使っているので、同じのを2台買うほどアホじゃない

 

うーん・・・。3〜5週か・・・

やっぱりダメだ。ああ。ダメだ。そして、値段がダメだ。いくらiPhone 6s Plusが高値で売れると言っても、iPhone 7は高い。無理だ。無理無理

 

そう確信した瞬間、ヤツが動いた

おこPが画像を送信しました

スクリーンショット 2016-10-14 05.11.47

おこPの写真は個人情報が入っていたので、コレは僕が自分で撮り直したスクショだ。だから住所が岩手県になっている


おこP「部長、見てください。仙台一番町での受け取り、ジェットブラックが本日です」

 

な・・・

 

おこP「部長、今日、仙台イケます」

 

な・・・

 

おこP「値段が問題だというのなら、僕が購入しても構いません。支払いは後でも全然良いです。ぜひ、レビュー、出してください。みんなが、読者が待ってます」

 

そこまで・・・

 

泣いた

全俺が、泣いた

 

しかし、僕はよく考えた。さすがに購入をしてもらうわけにはいかない

そこで、僕は、色々とAppleでリンクをたどりながらいい手がないか見てみた

代理受け取りという手があった

Apple Storeには、購入後、代理受け取りという手があった

遠方の人のために、電話番号、住所、氏名を入力することで、その人に連絡が行き、本人確認をして、Apple Storeで受け取りが出来るシステムらしい

時間を設定し、僕は、後は購入のボタンを押すだけになっていた

少々持ち出しがあるが、仕方ない

おこPの熱い思いに応えないわけにはいかない

 

実は、この時、「iPhone 7のジェットブラックのレビューを、「部長さんのレビュー」を見てみたいんです」と言う声がかなり多かったのは事実だ

 

でも、僕は「必然性」がなければ買い物をしない

買わない、はずだった

予定にはない、はずだった

 

気付けば、ここで、バラバラだった糸が、一本につながったのだ

おこPという熱い男の行動が、僕を動かした

僕は決めた

「iPhone 7・ジェトブラックを、僕は買・・・」

写真が送信されました

突然送られてきた、1枚の写真

物語は、この、1枚の写真で佳境へと進む

 

外は、今にも泣き出しそうな雲が、雨を降らせたくてウズウズしているかのようだった

たった数分の出来事が、僕には数時間にも感じた

男達の熱いドラマの行方は、雲の切れ間からかすかに見える、星だけが知ってた

 

〜次回予告〜

決める直前で、突然送られてきた写真とは一体何か?

物語の真相が明らかになる次回、明日の更新を見逃すな!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索