長期連載11「男達のiPhone〜16:01の真実「もう、後には戻れない。。。」が流行語大賞〜」

iphone6-stock-photo

第11回「16:01の真実〜もう後には戻れない。。。が流行語大賞〜」

2015年9月12日16:00

私は準備万端で、リビングにいた。

何も問題無い。iPhone 6の充電は120%。気合い十分である。

LINEは全て無視。とにかく、16:01に全てをかけた。

Apple Watchの時の、「あっという間の2〜3週間入荷待ち」というステータスの変化で痛い目を見た私に抜かりは無かった。

たった10分の差で、入荷が1ヶ月以上変わるのだ。これがApple製品の恐ろしさである。

よって、私は16:01になった瞬間に電話をかけ、iPhone 6s Plusの64Gシルバーを予約する手はずだった

運命の16:01

来た!

とにかく、ドコモショップに電話した!

ネットも同時にMacBook Pro 15インチで更新ボタンを連射したが、docomoOnlineShopには全くつながらない。

ああ、奥さん、大丈夫だ。これは想定内。

とにかく、ドコモショップに電話だった。電話予約ならつながるだろうと思っていた

 

・・・・。

 

ダメだ・・・。全くつながらない

無情な呼び出し音のみが響き渡り、ドコモショップの店員さんは全く電話を取ってくれなかった

マジか・・・。ヤバい・・・。

16:02

私は、また、MacBook Pro 15インチで更新をかけまくった

docomoOnlineShopである

ダメだ・・・。つながらない・・・。

16:03

またドコモショップにかけるも、全くつながらない

事前に確認した情報によると「来店予約優先なので、混雑している場合は電話は取れないと思われます」とのことだった

マズい・・・。マズすぎる・・・。

そこで私は思いついた

「もう少し大きめのドコモショップに電話してみよう!」

祈る気持ちで電話をかける

大きめのドコモショップの真実

コール1回・・・

コール2回・・・

コール3回・・・

ダメか・・・

 

と思った瞬間

「ドコモショップでございます」

キター!

私は緊張のあまり、強烈な腹痛に襲われていたが、トイレに行くこともできず、もじもじしながらとりあえず頑張ってお姉さんと話した

 

俺「あ、あの・・・。わ、わだし・・・、iPhoneの予約をお願いできればと思ってですね・・・」

店員さん「iPhone 6sのご予約ですね?電話でも大丈夫ですよ〜。ネット予約だと2000ポイント入りますが、お電話でよろしいでしょうか?」


俺「え、えーと、あの、わだし、えーと、あの・・・。ねっとつながらないので、で、でででで、でででででででででで、でんわで、おね・・おね・・・おねのえがいせjろあいjせ;いrlじゃhsぃえhら;おせひrぽいあ;sじぇrl;あksじぇhr;ぁjせ;jrた;せいjr;い・・・」


店員さん「大丈夫ですよ〜。まずは電話番号とお名前お願いしますね」

 

その後、無事に本人確認を取り、希望の機種を伝えた。

お姉さんの対応が素晴らしく優しかったので、私も落ち着いて話をすることが出来た。

私は皆さんが思っている以上にチキン野郎なので、電話で予約とかマジで緊張しすぎて汗だらだらである・・・。

生徒とか、同業者、たけP、バッテリーが切れかけたiPhoneとかには強気だが、初対面の人に強烈に弱い(笑)。弱助であるのだ。

 

俺「iPhone 6s Plusの64G、シルバーで、お、お、お、お、お願いしししししししししします・・・」

店員さん「了解しました。お客様で、ご予約はお二人目ですが、9月25日にお渡しできるかは全くわかりませんので、後でメールで入荷情報をお知らせいたしますね」

 

その後は、機種変更について、色々と質問をしてみて、下取りや、新しいiPhone 6s Plusを持ち帰って自分で復元しても良いかどうかの確認をした。

まあ、9月25日は思いっきり平日で、会議もあるので、帰りに寄ることになると思うが、iPhone 6s Plusをまっさらな状態でもらうことができれば、後は自宅で復元ができる。これで完璧だ。

ドコモショップへの電話は、ある程度規模の大きな所に電話するとスムーズにつながることがわかった。最初に電話したところは規模の小さめのドコモショップだったので、普通のお客さんと、iPhoneの予約で来店しているお客さんの対応で満席状態となると、電話を取る店員さんがいなくなるようだ。

来年のiPhone 7は多分、買わないと思うが、もし、買うことになったら、大きめのドコモショップに電話することにしたい

16:12、グループトーク「P」にて、速報告!

グループトーク「P」は、私、たけP、ひこPの3人のLINEである。

ここでとりあえず報告した

俺「ドコモショップで予約完了!」

ひこP「おめでとうございます。良かったですね!」

たけPは、レスが無かった

どうしたんだろう・・・。

たけP、大丈夫だろうか?

16:16、たけPからのレスが来た

たけP「つながらない・・・」

そうか。たけPは、docomoOnlineShopで予約していたのか。

私は最初からつながらないと思っていたので、MacBook Pro 15インチで更新を連射しながらだったが、やっぱりつながらないので、結局ドコモショップに電話で予約した

しばらくして、たけPから、LINEが入った

たけP「docomoの携帯サイト経由で進んだ!」

そして、16:18

たけP「OnlineShopで予約完了!」

たけPは、たぶん、iPhone 6sの予約をしたと思われた。ネットで2つは同時に予約はできないはずだ。

俺「iPhone 6sは何にしたの?」

たけP「iPhone 6s、64G、シルバー」

俺「シルバーかよ・・・(笑)」

結局たけPも、シルバーの魅力にとりつかれた人間である。ゴールドで無ければ、ローズゴールドでも無い。シルバー一択なのだ。

2年使うと決めたiPhoneだが、シルバー以外の選択肢など無い。それが我ら「男塾」である。

夜、たけPから、またLINEが入った

20:28

たけP「iPad mini 4の予約できなかった。予約は一人一台らしい」

たけP「発売されたら、在庫のあるドコモショップ行脚かな。。。」

え?iPad mini 4まだ予約してなかったの?

っつーか、できないってどういうこと?

私はgori.meさんの記事で、事前に「Apple Storeでは一人2台まで予約可能」という情報を入手していたので、それを伝えたのだが、どうやら、docomoOnlineShopでは、一人一台までの予約しかできないそうだ。

まあ、iPad mini 4はそれほど注目されてないと思うので、予約完売と言うことは無いと思うが、たけPは、気が気ではないようである

iPhone 6sを予約した段階で、たけPはiPad mini 4の予約ができない。

まあ、iPhone 6sを無事に予約できたので、良かったねと言うことで終了となった。

私のアリバイ工作

私は、16:01にアリバイ工作をしていた

Eさんとの熱い語らい〜BOSE QuietComfort25を無事に売却してきました!〜
Eさんとの熱い語らい〜BOSE QuietComfort25を無事に売却してきました!〜
こんにちは。部長ナビです すっかり更新が遅くなってしまって申し訳ないです。 実は、今までガストで「Eさん」という方とお会いしておりました 「...

↑「すっかり遅くなってしまいました」

Eさんはウチのブログのコアなファン!〜コートエシエルRHINEフラットバックパックが並んだ瞬間、どよめきが起きたぞ!〜
Eさんはウチのブログのコアなファン!〜コートエシエルRHINEフラットバックパックが並んだ瞬間、どよめきが起きたぞ!〜
Eさん記事です BOSE QuietComfort25を無事に渡し終えた私は、あることをしなければいけませんでした。 それは、この写真の撮...

↑コートエシエルRHINEフラットバックパック2つで大いに盛り上がりました

違う。全然違う。

Eさんとお会いしたのは、16:30過ぎだ。当然、最初からそのようにお願いしていたし、会ったときに、iPhone 6s Plusの真実を全て話した。

予約が全て完了した、スッキリした状態で、私はガストに向かっていたのだ。

この記事を見て、多くの人が「アレ?」と思ったに違いない。

完璧なアリバイ工作が、私の計画性の高さを伺わせているだろう

実際、多くの常連さんから「アレ?予約しなかったの?」と疑問のメールが来ている。

「イヤー、まさかのコートエシエルRHINEフラットバックパックでしたね」なんて返しておいたが、実は、すでに、iPhone 6s Plus予約完了であったのだ。

「敵を欺くには、まず、味方から」ということで、常連さんをも欺いた形になってしまったが、この連載のためである。ご理解いただきたい。

万が一にも情報が漏れてはいけないのだ。

まさかのラスト

物語はいつも突然に始まり、全てが仕組まれていたかのように、突然、フィナーレはやってくる

全ては神のみぞ知ると言ったところであるが、この物語の当事者である我々3人、部長、たけP、ひこPに最後の時が近づいていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21:29

たけP「docomoIDを2つ使って、mini4の予約をした。もう後には戻れない。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は?

「docomoIDを2つ使って」って何?

え?何それ?

え?予約したの?え?

えーと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ?????

 

盛岡には雨が降っていた

そう、物語が始まるとき、いつも盛岡には雨が降る

始まりはいつも雨

 

もう後には戻れないたけPと、完全に暴走している部長の二人が過ごした、伝説の9月12日が静かに幕を下ろそうとしていた・・・

色々あったが、一応、全てが計画通りに進んだ事は間違いない。非常にスッキリした状態で我々は夜を迎えることができていた。

その後のLINEは和気藹々と言ったモノだった。これからの連載「男達のiPhone」について打ち合わせする余裕もあった。

そう、我が人生に一片の悔い無し

が、たけPは、完全に病気である(笑)

 

〜次回予告〜

沈黙を保っていた、もう一人の危険人物「ひこP」がとうとう口を開く!

まだまだ終わらない9月12日の真実が明らかに!

果たしてどうなるバカ3人組(笑)

衝撃の事実は明日の更新を待て!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索