長期連載5「男たちのiPhone〜iPhone 6s Plusの大きさが1万円札なら、ダンボールで作ってテストしてやるZE!〜」

第5回「iPhone 6s Plusの大きさが1万円札なら、ダンボールで作ってテストしてやるZE!」

私は、前回の記事の通り、SLPRO X作者の「するぷ」さんの記事を100000000000回は読んでいた。そして、そのたびに失禁していた(笑)

あぁん?どっちを購入するかって?そんなもん「iPhone6s Plus」に決まってんだろ! | 和洋風KAI
iPhone6sと、iPhone6s Plusが発表された。 ほぼ噂どおりの内容だったと言っていい。 タップの圧力を感知する「3D Touch」。より速くなった「A9」チップ。さらにインターネットスピードも6シリーズに比べて2倍という触れ込みだ。 しかし、サイズとしては、...

読む度に、iPhone 6s Plusへの熱い思いがこみ上げてくる

100000000000000000000000000回は読んでいるので、もう、一字一句暗記しているレベルである。マジで最高

 

でも、まだ不安はあった。そう、gori.meさんである。

gori.meさんは、記事で「iPhone 6sへ変更」することを書いていたので、iPhone 6 Plusを使っていたgori.meさんがiPhone 6sにサイズダウンすることが、どういう意味があるのかよく考えた。

色々とお話しはさせていただいているが、全部gori.meさんの聞くだけというのも申し訳ないので、私は自分で検証することにしたのだ

それは「自分でiPhone 6s Plusのダミーを作って、ポケットに入れてみる」というテストだった。まずそれが重要だ。

大きさを調べてみた!

iPhone 6s Plusの大きさはiPhone 6 Plusとほとんど変わらない。

サイトで調べてみると「1万円札とほぼ同じ」という話が出てきた。そこで私は、余ったダンボールで、iPhone 6s Plusのダミーを作ってみた。それがコレだ!

ダンボールiPhone 6s Plus01

なんて完璧なんだ。

あまりの美しさに、感動すら覚える出来である。たまらない。

いつも履いているタカキューのスリムラインスラックスに入れてみた!

入る!大丈夫じゃないか!問題無いぞ!iPhone 6s Plus!

座っても、ダンボールが折れ曲がることもない!大丈夫だ!

いつも履いているNikeのバスケット用ハーフパンツに入れてみた!

コレは非常に重要なことなので、写真を撮った!

ダンボールiPhone 6s Plus02

ほら!

座っても、ちょっとはみ出るだけ!落ちることはないし、ダンボールが折れ曲がることもない!

当然だが、スネが黒いのはC3fitを履いているからだ!(クリックすると、C3fitのカテゴリーページに飛ぶぞ!最強の対疲労グッズだ!そっちも読んでくれ!)

ダンボールiPhone 6s Plus03

もちろん、アクセスも非常にナイス!

スッと取り出せるし、引っかかることもない!コレは快適だ!

思っていたよりも、大きさに関する問題がないことがわかったのだが、後の情報で、こういうものをいただくことができた!

iPhone 6 Plusの大きさはアルフォートがジャスト!

情報提供いただいたのは、いつもの常連さんである!あざーす!

情報によると、お菓子で有名な「アルフォート」が大きさ的にかなりのジャストらしいのだ!厚みもあるので、ダンボールよりよりiPhone 6s Plusに近いと思う!

今度、アルフォートを購入し、実際にタカキューのスリムラインスラックスと、Nikeのバスケット用ハーフパンツで試してみたい!

果たしてどうなるのか、ご期待いただきたい!

 

〜次回予告〜

gori.meさんが、「iPhone 6 Plusはデカい」と結論づけたのに、これだけiPhone 6s Plusにこだわるのには理由がある。

いくら「するぷ」さんが激推ししていたとしても、私が「iPhone 6s」ではなく「iPhone 6s Plus」を思いっきり検討しているのはなぜか?

それを次回お送りしよう。今日は、急遽ネタが増えたので、ちょっと予定変更の更新となったが、次回は明日の火曜日更新!

火、木、土、日の更新となるので明日をおたのしみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索