長期連載3「男たちのiPhone〜SLPRO Xの作者「するぷ」さんは「和洋風改」さんというとんでもない有名人だった。そしてiPhone 6 Plusを使っていた〜」

iphone6-stock-photo

第3回「SLPRO Xの作者「するぷ」さんは「和洋風改」さんというとんでもない有名人だった。そして、iPhone 6 Plusを使っていた」

私は、失意のどん底にいた。

有名人がこぞって、iPhone 6sへの機種変更を明言し、調べれば調べるほど、「iPhone 6 Plusはデカい」という結論の記事が目立ち「結局iPhone 6」という記事がほとんどであった

しかし、私はある偶然から、とある人の存在を知る

それは、私の記事更新ツイートをリツイートしていただいた「するぷ」さんという方だった

よくわからず見てみると、この方、SLPRO Xの作者であることがわかった。とんでもないことだ。

私は思った

「この人、iPhone 6なんだろうか?iPhone 6 Plusなんだろうか?」

そう。SLPRO Xの作者は何でモバイル更新を行っているのか、非常に興味があったのだ

全く何者かもわからないまま、するぷさんのTwitterのオフィシャルページからブログへ飛んだ。それがコレだ

「するぷ」さんは「和洋風改」というモンスターブログの著者だった!

するぷさんは、泣く子も黙るモンスターブログ「和洋風改」の著者であった

和洋風KAI
Appleと水樹奈々と食べ歩きが大好きな「するぷ」の目線で、iPhoneとMacの情報を中心に日々徒然と更新しているブログ。2005年から運営。10年目。

ああ、とんでもない人だ。gori.meさんに続いて、この人もとんでもない。雲の上、神様レベルの人である

アプリの開発、ブログの運営、もう、何もかもがスペシャル(feat 竹内まりや)であった。

私は、震える指を押さえながら、「iPhone」のカテゴリーページをクリックした

そして、検索をかけると、こんな記事が出てきたのだ!

和洋風改さんの使っているiPhoneが明らかに!
あたしゃ思った。こりゃiPhone 6 Plus一択だと。 | 和洋風KAI
ついに新型iPhoneが発表された。それも2つだ。 その名は「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」。 無印の方は4.7インチ、Plusの方は5.5インチの液晶ディスプレイを備える。どちらもiPhone 5sより大きくなった。 さて、ここで毎年恒例の悩みが出て...
【朗報】iPhone 6 Plusはジーンズのポケットに入るぞ! | 和洋風KAI
朗報をお伝えします。 普通にiPhone 6 Plusは、ジーンズのポケットに入ります。...

なんて日だ!

偶然が偶然を呼び、もつれていたいとが突然ほぐれるかのように、目の前の霧が一気に開けるかのように、私の目の前に光が広がった

SLPRO Xの作者、和洋風改さんは、iPhone 6 Plusを愛用している。かなり愛用している。

当然だが、自分で作ったアプリ、SLPRO Xを使ってるに決まっているので、使い勝手が悪ければiPhone 6に変えるだろうが、それも無い

ジーンズにも入るらしいし、もう、コレ、決まりなんじゃないだろうか

そもそも、「SLPRO Xでモバイルでブログを更新するのに、iPhone 6s Plusは快適なんじゃないだろうか?」というのが、今回の全ての始まりなのだから、この一押しは非常に大きいのである

MacBook Pro 15インチの時は、gori.meさんに後押しをしていただいた。そして、今回、悩みに悩んだ私に一筋の光を与えていただいたのが、和洋風改さんである。

ただ、懸念が3つある

この時点(9月10日)の段階で、私の心はかなり揺れ動いていた。9月12日の予約まで2日しかない。どうせ、すぐ初回分は完売になるに決まっている。しかし、本当にiPhone 6s PlusでGOサインを出しても大丈夫なのだろうか?

まず、持ち運びに関して、懸念があった。和洋風改さんはジーンズのポケットに入るといっているが、同僚の教員の多くは「iPhone 6 Plusはズボンに入らないぞ」と私に忠告してきた。

そして、片手で操作できるのかという問題もある。画面の閲覧生が快適でも文字打ちが快適でなければ意味が無い。そこに懸念があった。「iPhone 6 Plusでブログ更新をしている」という記事を探し、しばらく情報を集める必要があった。

もう一つは、すでにiPhone 6s Plusを決めている「たけPとかぶる」という問題である。コレも大きい問題だ。現在、私がiPhone 6、iPad Air 2で、たけPがiPhone 5s、iPad mini 2と完全に棲み分けができているので、様々なレビュー、企業への要望に対応可能な体制になっている。

今年、ひこPもアドバイザーとして加わり、さらなるレビュー環境が強化されたわけだが(マネさんもiPhone 6にしたし)、思いっきりたけPとかぶるのはブログ的にどうなんだろうと思った。ま、でも、その辺はちゃんと企業側にも話せば問題無いと思ったが、事情を話す必要があると感じた。

ますます悩みに拍車がかかってきた形であるが、SLPRO Xの作者が「iPhone 6 Plus」という情報は私にとってもの凄く追い風になる情報であった。

 

様々な情報筋、常連さん等と打ち合わせを繰り返しながら、眠れぬ夜は更けていくのであった・・・

 

〜次回予告〜

調査の結果、iPhone 6 Plusの大きさがある程度判明した!それについて部長の検証は続く!たけPはどうなる?ひこPは?

gori.meさんからのLINEの返信はどうなんだ?気になる次回は明後日、火曜日の更新を待て!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索