長期連載シリーズ2 「MacBook ProとiPad Airの両立〜音楽、動画編〜」

過去記事リンク

「MacBook ProとiPad Airの両立」記事リンク

第2回「音楽、動画編」

ハイやってきました
意外と好評な「長期連載」シリーズ第2弾ですね

第1回目は「ネット」について語りましたが
もちろん、
今現在、ブログ打ちで使っているのは、
MacBook Pro+P2415Qですので
iPad Airは当然お休みです

ですから
どっちかって言うと
「2台持ってると、iPad Airってこんなに便利だよ」
「iPad Airはこういう所で、
MacBook Proのできないことを補ってくれるよ」

という方向で書いていきたいと思っております

んで今回
「音楽と動画」編ですが
コレも完全にiPad Airに軍配が上がります

何と言っても
「いつでもどこでもあっという間に再生」ってのが大きいです

YouTubeであっても
ソファで座りながら、リビングで寝ながら
色々な体勢で簡単にアクセスできます
その軽さ、薄さ、タッチパネルの使いやすさが
たまらない使用感を生み出すわけですね

ですから
子供もいなくて
移動もしなくて
デスクでしか作業しねーよって人は
今回の記事はチョット期待外れかもしれませんが

ソファでゆっきーと一緒に瀬戸さんの動画見てから
リビングで勉強しているマー坊に頼まれ
盛岡のイベントの動画を検索してリビングのテーブルで見せる

その後、またソファに戻ってきて
今度は一人でGooseHouseを見る

こんな事が簡単にできます

コレをMacBook Proでやる人はいませんよね

あくまでMacBook Proは据え置きマシンですから
デスクに置いて、動かさずに使うモノだと思います
そういう点で
iPad Airというのは、
非常に「移動に強い」デバイスであることが言えます

お子さんのいる方
オフィス内を移動しながら様々なメディアファイルを扱う方は
圧倒的にiPad Airの機動性が有利です

音楽にしてもそうです
iPad Airであれば、持ち運びが自由でバッテリーもスゴく持ちます
ですから
どこに持って行っても音楽再生機として
非常に優秀なパフォーマンスを発揮します

とにかく、かさばらないので
どこに置いても邪魔になりません
でも
これをMacBook Proでやったらどうなるでしょうか?
明らかに邪魔ですよね
この差が「ノートパソコンとタブレット」の差なんですね
メディア再生においても
iPad Airの優位性は明らかです

ですから
私は、自宅でもそうですが
学校でもiPad AirとMacBook Proを両立させて使っているわけです

例えば
生徒の活動を記録したいとき
打ち込みが必要であれば
デスクにMacBook Proを置いて打ち込みますけど
移動を伴う場合、動画を撮りたい場合は
明らかにiPad Air一択となります

こういう形で
私的には見事に使い分けができております
何度も言いますが
「文字の打ち込み」は明らかにMac版のATOKの方が上です
ですから
ブログ打ちをiPad Airで行うことはもうしないでしょう
そもそも、
MacBook Proを毎日持ち歩いているので、それはありません

ただ
サッと何かをしたいとき、機動性を考えると
iPad Airが有利である場面が多すぎるのです

ですから
もう、私は、iPad Air無しの生活は考えられません
それくらい良いです

iPad mini 2ではダメなんです
iPad Airじゃないとダメなんです

「MacBook Proと3インチしか変わらないんだから
かぶるようなデバイス二つ持っていても意味が無いのでは?」

というご意見もいただきますが
2台持って使ってみると
その連携の素晴らしさがよくわかります

これに
iPhone6が加わると、本当に無敵です
マジで最強です

次回以降もMacBook ProとiPad Airの両立について
熱く語っていきますのでお楽しみに!

あ、一つ忘れましたけど
「GarageBand」これ、iPad Airでやるとマジでスゲー良いです
楽しいので、お子さんと私みたいに「大きな栗の木の下で」
ぜひ声重ねて遊んでみてください(笑)
楽しいよー

こう言うのって、MacBook Proでできるのかね?
よくわかりませんが、やってません。
iPad Airはこういう遊び心もあるよね
本当に楽しいデバイスです

~次回予告~

MacBook Proの本領発揮か?
「文字入力」と「手書きメモ」
それぞれの得意分野炸裂で
まさに「両立」が完璧な分野であること間違いなし!

明日の21時を待て!

そして
今すぐAppleStoreにアクセス!

あ!
購入前サポート、スゲー良いよ!電話してみてね!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索