長期連載13「MacBook Retina 12インチの真実〜ELECOMUSB-Cケーブル〜」

「MacBook」に関する記事総まとめ
「MacBook」に関する記事総まとめ
2015年、私の生活に欠かせない存在となったMacBook Pro 15インチだが、ここにたどり着くまで数々のドラマがあった。 様々な...

↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ!
第13回「ELECOM製USB-Cケーブルの真実」

アタルさんからコメントが入った

要約すると次の通りだ

★MacBook Retina 12インチに2A以上の電流は流さない方が良い
★USB PD対応のモバイルバッテリーが出るまでは通常速度での充電は不可能だろう

この記事アップ後に、さらに、追加でコメントをいただいたので下に追記しておく

いつも、詳細な情報をいただき、本当に助かっているし、読者の皆様にとっても有用な情報であろう。なかなかここまできちんと理解して、かつ、情報をいただける方というのはいないので、ありがたい存在である。今回のELECOMのケーブル購入も、アタルさんの情報がもとでスタートしたことである

ELECOM が最大1.5A対応なのは、「USB-C 以外のUSBケーブル」の場合、5V・1.5Aで最大7.5Wという規格が存在するからです。
ELECOM ケーブルが持てないほど熱くならなければ、ANKER E5 は5V・1.5A を供給してるっぽいですね。(先日充電した感じだと、35%→100%まで「ひらくPCバッグ」の中で充電できましたが、持てないほど熱くはなりませんでした)

将来的には、Thunderbolt3 ケーブルも含めた USB-C (USB3.1 Type-C) to USB-Cケーブルは、「20V・5A」100W に対応します。

現状市販されている「USB-C to USB-A」ケーブルの一番優れたものは、「最大3A対応、かつUSB3.0対応、かつ USB PD DETECT ピン付き」のケーブルです。


ELECOM の最大1.5A対応という意味は「1.5Aまで電流を流しても壊れません」というだけで、供給側(モバイルバッテリー)が2.0Aや3.0Aを流せば、ケーブルが加熱して壊れてしまいます。


1.5A以下となるよう、ケーブルが電流を制限するわけでは無いので、注意が必要です。


2.0Aや3.0A対応のほとんどのモバイルバッテリーは、ネゴシエーションできないUSBケーブルや周辺機器(パソコン自体も含む)の場合、壊さないように5V・1.5Aつまり7.5Wで供給するか、温度センサーで電流量を調整してるはずです。

正直に言おう

実は、残りバッテリーが60%を超えていても、モバイルバッテリー「E5」からMacBook Retina 12インチへは、「充電できたり、充電できなかったり」だった。非常に不安定だった。

さらに、アタルさんからの情報で、「ちゃんと対応していないバッテリー、ケーブルで充電するのは、MacBook Retina 12インチに負担をかける」ということもコメントで言われていたので、ちょっと怖かった。

こんなに不安定で大丈夫なんだろうか?

しかし、アタルさんからの情報では「制約的に電流は1.5A」といわれていたので、あれ?と思った。

先日、ヤマダ電機で見たELECOMのUSB-Cケーブルは「1.5A」の電流を流すとハッキリ書いてあったのだ。

しかも「for Mac」と書いてあったような記憶がある。

ひょっとすると、ELECOM製の方がウマく行くんじゃ無いだろうか?そう思い始めたら、ヤマダ電機によらずにはいられなかった

ヤマダ電機で、ELECOM製USB-Cケーブル購入

結局買ったが、1000円台だった。もっと高いかと思っていたが、安かったので普通にポイントで払えた。

image

USB3.1対応のケーブルであるが、やっぱり「for Mac」と書いてある。たぶん、MacBook Retina 12インチにも対応してくれているだろうと信じたい

image

●の3つ目に書いてあるが、「最大1.5A対応」★この意味については、上の追記にあるアタルさんのコメントを参照してください★とある。これなら、問題無くつかえる「はず」である。この間買ったAmazonの某社のケーブルは本当に不安定であったので、祈る気持ちで検証実験を行った

まずは、某社のUSB-Cケーブル

image

40%の残りだと、やはり充電できなかった。やっぱりダメだ。

しかも、この日は、65%、60%、55%、50%でも充電テストを行ったが、なんと全ての%で充電不可能だった。よくわからない・・・。何が起きているのか・・・。恐ろしくなった。

天に祈る気持ちで、ELECOMのケーブルに変えてMacBook Retina 12インチにつないだ

運命のELECOM製USB-Cケーブル

image

ウオ!

充電できてる!

これ、ケーブルの問題だったのか・・・。

ちなみに、この後、また、某社のケーブルに変えるとやっぱり充電できませんと表示された。

というわけで、今後は、ELECOM製のUSB-Cケーブルで充電を行うことに決定した。

さらに、第10回で紹介したケーブルのAmazonリンクも削除させていただく。不安定なケーブルを紹介して、大変申し訳ございません。

でも、本当に最初の方は完璧に100%充電できていたんです。急に不安定になって、その後はずっと充電できたりできなかったりを繰り返すようになっていました。

ただ、このELECOM製のUSB-Cケーブルは、すでに数日使っておりますが、全く問題無く充電が何回も何%でもできております。安心して使っても大丈夫だと思います。

まあ、ヤマダ電機の店頭に置いてあるものですので、最初からこれを買っていれば良かったんですけどね・・・。

大変申し訳ないです・・・

というわけで、最後に、「確実に充電できる(遅いけど)」USB-Cケーブルのご紹介です。よろしければ、検討してみてくださいね

ELECOM USBケーブル USB3.1 USB2.0両対応 for Apple A-Cタイ…/エレコム
¥1869
Amazon.co.jp

私が買ったのは、1mです。間違いないと思います。参考にしてくださいね

~更新情報~
2015/7/20 アタルさんのコメントを追記
2015/7/19 公開

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索