長期連載11「MacBook Retina 12インチの真実〜まさかの「充電できません」〜」

「MacBook」に関する記事総まとめ
「MacBook」に関する記事総まとめ
2015年、私の生活に欠かせない存在となったMacBook Pro 15インチだが、ここにたどり着くまで数々のドラマがあった。 様々な...

↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ!
★注意

【関連】第12回「60%を超えてると充電可能」

検証した結果、残りバッテリーが60%を超えているとモバイルバッテリーで充電できることがわかりました。残りバッテリーが少ないとどうやらできないみたいです。引き続き、検証を続けたいと思います

★追記

【関連】第13回「運命のELECOM製USB-Cケーブル」

後日の検証で、ELECOM製USB-Cケーブルであれば、速度は遅いですが、きちんと充電できることが判明しました。情報が錯綜しまして、読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしたことを謝罪いたします。

今後は、ELECOM製USB-Cケーブルを使って、モバイルバッテリーからの充電を引き続きテストして参ります

第11回「まさかの「充電できません」」

仙台への出張の帰り、さすがに40%を切ったバッテリーを回復するために、前の記事でアップしたとおり、Ankerのモバイルバッテリー「E5」と、USB-AとUSB-Cのケーブルを用いて充電しようと思った。

ああ、思った

新幹線まで、結構時間があったので、喫茶店に入り、打ち込み作業をしようと思ったら、何と、「充電の%が減っている」のだ。

間違いない、さっきより減っている。ケーブルつながってるのに、減っているのだ。

おかしいと思って、電池のアイコンをクリックした

そこには衝撃の光景が・・・

image

は?

「バッテリーは充電できません」と表示されている

こうやって、放心状態になっている間にもバッテリーはドンドン減っているのだ。なぜ?この間はなんで増えたの?

ひょっとして、残りの%が少ない状態だと、充電できないとか、そういうことがあるの?

謎だらけだが、1つだけ言えることは「確実にバッテリーが減っている」ということである。

こうなったら、新発売のAnkerのUSB-AとUSB-Cのケーブルを買えば、Anker同士なのでたぶんウマく行くだろうと、即Amazonにアクセス!

売り切れ・・・

マジか・・・

マジで売り切れていた。全く売ってない・・・。

参った・・・。充電マークの所にはちゃんと稲妻マークが出ているのだが、何度クリックしても「充電できません」としか表示されず、こうやっている間にも着々とバッテリーは減っていく一方である

なんでだ・・・。

どうして充電できないんだ・・・。

仕方ないので、iPhone 6を充電することにして、MacBook Retina 12インチは充電切れたらもう、片付けるしかない。チクショー!

早くAnkerから、USB-C対応のモバイルバッテリー出ないかな・・・

マジでバッテリーヤバいです。意外とMacBook Retina 12インチはバッテリーの減りが早いので、一日使うとヤバいです。モバイルバッテリー必須ですね。

イヤー、これから21時アップの記事を打とうと思っていたのに、できないかもしれません。イケるだけいってみますね!

Ankerのケーブルも後で買ってみるので、それのレビューもお待ちください

★とりあえず、60%超えだと充電できますが、Ankerのケーブルは買ってみます。んで、30%台でも充電できるか試してみます

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索