長期連載7「MacBook Retina 12インチの真実〜エンジェルタッチと長文入力〜」

「MacBook」に関する記事総まとめ
「MacBook」に関する記事総まとめ
2015年、私の生活に欠かせない存在となったMacBook Pro 15インチだが、ここにたどり着くまで数々のドラマがあった。 様々な...

↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ!
第7回「エンジェルタッチと長文入力」

image

絶好調のMacBook Retina 12インチでございます。皆さん、エンジェルタッチで打ってみましたか?どうもこんばんは。「エンジェル隊長」こと部長・エンジェル・ナビです。よろしく

さて、もう購入して1週間以上経ちまして、バリバリ文字打ちしております。一日1万字以上打っているかもしれないくらい、打ちまくっております。

今回はお待たせしておりました「文字打ち」のレビューとなります。果たして、超絶押し込みタイピング野郎の私が、キーストロークの浅いMacBook Retina 12インチで文字打ちを行うとどうなるのか、詳細にお伝えしましょう!

エンジェルタッチの効果

エンジェルタッチについては以下をご覧ください

長期連載3「MacBook Retina 12インチの真実~エンジェルタッチで文字入力~」|マー坊とゆっきー

この、MacBook Retina 12インチと言うガジェットは、キーストロークが極端に浅いため、打ち込むときに、私が勝手に名付けた「エンジェルタッチ」という方法で打ち込まないと、もの凄く疲れる。肩も痛くなるし、首も凝る。しかし、エンジェルタッチをすることで指の上下動が極端に少なくなるため、突然、もの凄く高速でタイピング可能な文字打ちデバイスと化するのである。

エンジェルタッチとは「触るように打つ」というキーボードの打ち方である。

決して叩かず、押し込まず、触るように打つ。この打ち方をすることで、ほとんど力を入れずに、かなり高速で文字打ちができるようになる

ちなみに、このエンジェルタッチになれると、職場のRealForce(高級キーボード)もエンジェルタッチでつい打ってしまうので、反応が悪くなるのが切ない。しかも、RealForceでは「ミスタイプ」が出るようになってしまった。すなわち、MacBook Retina 12インチで打つのが当然になってきたので、普通のキーストロークのモノが打ちづらく感じてきたのだ。これは大きな欠点である。

MacBook Retina 12インチでしか打てない(打ちたくない)症候群

そんな病名を付けたいくらいの症状に陥ること間違い無しである。慣れると、この「浅いキーボード」が超絶打ちやすくなるのが不思議でならない。

ただ、1つ注意点がある。私はヤマダ電機で、エンジェルタッチを試してから購入した。必ずこの浅いキーストロークのMacBook Retina 12インチを買う前に、試し打ちをする必要がある。キーボードばかりは、好みというモノがあるので、試し打ちをして、エンジェルタッチで10~15分打ち続けてみて、大丈夫なようなら即買いである。間違いない。

長時間のタイピングについて

これも、文字打ち野郎の皆さんには知りたくて仕方ない情報だと思うが、私は基本的に4:00~4:30に起きて、6:00過ぎまでの2時間弱、毎日ブログ打ち、メール、LINE、Twitter、Facebookの処理を行っている。すなわち、2時間弱打ちっ放しである。そして、帰ってからも、長期連載シリーズを始めとして、結構な量の文字を大量に、早く打ち込んでいる。

1週間以上使って見て分かったのは、まず、「軽いのでどこでも持ち運べる」と言うことである。これは思った以上に効果が大きい。「モモの上」でも問題無くタイピングが可能である。薄くて軽いので全然問題無い。これは嬉しい誤算であった

さらに、3~4時間を超えるような文字打ちを行っても、上記にあるような「エンジェルタッチ」を行う限り、疲労は極端に少なくて済む。それくらい、エンジェルタッチの効果は長文入力には抜群である。

変換効率も当然ATOKが全開で使えるので、何も問題無い。MacOSならではのクオリティは健在である。

曲を聴きながら、Evernoteでブログネタを確認しながら、カレンダーで予定を見ながら、MusicアプリでApple Musicを聞きながら、TextWellで、下書きを見ながら、これだけアプリを起動させてもモッサリすることは全くなく、快適に文字打ちが可能である。

もう、たまらん。

マジで買って良かったと心から言える。

私が大丈夫なので、職場での文字打ちも考えると、5~6時間文字打ちをしても、疲れという意味では全く問題無いと思う。実際、大丈夫なのでもう、ネタが尽きるまで文字打ちし放題である。

とにかく、動画編集や、画像の取り込み、編集をしないのなら、絶対に買いであると思う。間違いない。完璧な文字打ちデバイスであると、胸を張ってオススメできる

ぜひ、検討していただき、店舗でエンジェルタッチを試した上で購入して欲しい。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索