長期連載5「MacBook Retina 12インチの真実〜驚きのステレオスピーカー〜」

「MacBook」に関する記事総まとめ
「MacBook」に関する記事総まとめ
2015年、私の生活に欠かせない存在となったMacBook Pro 15インチだが、ここにたどり着くまで数々のドラマがあった。 様々な...

↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ!
第5回「驚きのステレオスピーカー」

実は、MacBook Retina 12インチを買って、もう1週間になる。

その間に私は、かなりの数の記事打ちをこなし、学級通信を作り、メールを打ち、LINE、Facebookに対応した。ムチャクチャ打った。テスト代わりにムチャクチャ打ってみた

しかし、今日は、「タイピング」の記事ではない。まず、驚いたのがこれ

「驚異のステレオスピーカー」である

ハッキリ言ってビックリした。

え?外部スピーカーから音が出てるの?

ってくらい、BOSEサウンドに聞き慣れている私でもわかるくらいの音質の良さであった。到底、ノートパソコンに備え付けのスピーカーとは思えない。いかに、Appleが「手を抜かず、ステレオスピーカーに向き合ったか」がよくわかる瞬間であった。

そもそも、MacBook Retina 12インチはUSB-Lightningというケーブルがささらない。ヤマダ電機で取り寄せで頼んでるが、1週間経ってもまだ連絡が来ない状況である。だから、USB-Cしかないので、iPhone6やiPad Air 2とつなげない。

要するに、曲が全く聴けない状態だった

Appleロスレスオーディオで曲を取り込んでいる私は、有線経由でしか曲を移動できない。あ、ホームシェアリングがあったか・・・。でも、この間のニュースで、ひっそりとこの機能は姿を消したと書いてあったので、もう「WindowsのノートパソコンでCDからAppleロスレスオーディオで取り込んで、高音質で他のデバイスに移す」という作業はできないと思う。残念だ。

有線だとできるのかね?よくわからないが、とにかくできない

んで、7月1日、Apple Musicがスタートし、無料で3ヶ月なので、とりあえずiPad Air 2で入れ見てみたら、過去記事の通り、ビックリしたのである

これはスゲーと言うことで、iPhone6でもApple Musicをオンにして曲を楽しみ、

「あ、そういえば、MacBook Retina 12インチでも聞けるのか」

ということで、MacBook Retina 12インチにも入れて、Jamiroquaiを聞いたのだ

え?何?この音質何?

マジでビックリした。
全く期待していなかったMacBook Retina 12インチのスピーカーから驚くべきステレオサウンドが流れてきたのだ。BOSEサウンドのような重低音は当然ながら鳴らないが、このくらい出れば十分でしょというレベルの音が出たのだ。本当にこれにはビックリした。

今日の昼のたこ焼き大会で「MacBook Retina 12インチで宇多田ヒカルを流している」と書いたが、もちろんそれは、MacBook Retina 12インチの音質が良いから、これから流していたのである。

正直、私は、BOSE SoundLink Mini Ⅱを買おうと思っていた。しかし、この、MacBook Retina 12インチから出て来る音を聞いて考えが変わった。

MacBook Retina 12インチから音出せば良いじゃん

そう思ったのだ。どうせ、MacBook Retina 12インチは毎日持ち歩いている。だったらこれから音出せば、25000円かけてスピーカーだけ買わなくても済む

そんなに超高音質じゃなくても、そこそこ聞ければ何も問題無い。高音質が必要なときは、BOSE SoundTrue IE IP、BOSE QuietComfort25がある。それで十分だ。

ということで、MacBook Retina 12インチを持ち歩いては、Apple Music経由で色々な曲をかけることにしてみた

んで、今日が7月5日だから、5日目となるが、素晴らしいの一言である。

イヤホンをしない方が良い場合、MacBook Retina 12インチのスピーカーからの音で十分作業できるレベルなのだ。

動画編集はMacBook Proで行うが、金曜日で一段落したので、今後は記事が中心となる更新となることから、MacBook Retina 12インチがメイン機として私の作業を担うことになる。

イヤホンが必要なのは、外部に出ているときだが、それ以外は全てMacBook Retina 12インチのスピーカーから音を出している。これくらいの音質が出るのであれば、本当にBOSE SoundLink Mini Ⅱは買わなくても良いと思う

もちろん、オーディオマニアの方は、BOSE SoundLink Mini Ⅱと比べれば全然違うというだろうが、耳が素人の私にとって、MacBook Retina 12インチから出る音は、高級なスピーカーと比べると「低音が弱い」だけである。バランスは良いし、シャリシャリしないし、音量も豊かである。本当に外付けスピーカーとか不要と感じる

たぶん、Appleは、この、MacBook Retina 12インチを「ネットサーフィン」「簡単な文字打ち」「Excel、PowerPoint作業」「簡単な画像加工」「動画再生」「音楽」という「用途限定」にすることで、このデザインや規格を決めたのだと思う

この用途の中に多く含まれるのは「曲の再生」である。例えば、色んな作業も曲を再生しながらすることも出て来るだろう。そんなときに、ある程度の音質でこのスピーカーから局が出力されれば、もうそれは、ニーズに完璧に応えた「必要十分」な装備ということになる

動画編集はMacBook Proでやればいい。この、薄型のMacBookを使う意味は「モバイルを楽しむ」ことにあると思う。

実際に1週間使ってみて、これを持ち歩くことが非常に楽しい。軽いし、薄いし見た目がカッコいいし、いうこと無しである。エンジェルタッチにもバッチリ対応して、最高に打ちやすいし、そして、音質が良いのである

まさかのAppleからのプレゼントであったが、まあ、賛否両論はあると思うが、私は、買う予定だったスピーカーを1つキャンセルしたので、それを思えば、「素人には十分な音質」であることは間違いない。BOSE SoundLink Mini Ⅱを買うんだったら、私は、BOSE SoundTrue IE IPを勧める。普通の音に関してはMacBook Retina 12インチから出し、音を出せないときは、BOSE SoundTrue IE IPで聞く。これでいいと思う。出費は14000円くらいであるから、BOSE SoundLink Mini Ⅱを買うより、1万円以上安い。BOSE SoundLink Mini Ⅱを買ってしまうと、例えばスタバやガストで作業したいとき、当然だが、BOSE SoundLink Mini Ⅱは使えない。ということは、イヤホンが必要になるのだ。要するに、BOSE SoundTrue IE IPを買うことで、自宅ではMacBook Retina 12インチのスピーカー、外では、BOSE SoundTrue IE IPという使い分けができるようになるのだ

BOSE SoundTrue IE IPがあれば、iPhone6からの曲も高音質で聞くことができる。もちろん、iPad Air 2から曲も聴ける。バッチリである。私はMacBook Retina 12インチ、iPad Air 2を毎日持ち歩くので、この組み合わせが最強と考え、今回Bluetoothスピーカーは買わないことにした。

それくらい、MacBook Retina 12インチの音質は良いと思う

ぜひ、皆さんも、家電量販店で、ぜひ、MacBook Retina 12インチで曲を聴いて欲しい。ノートパソコンとは思えない音質が奏でられるはずである

わくわくさせられるガジェットであるMacBook Retina 12インチ、また1つ、素敵なところを見つけた瞬間なのであった

Bose SoundTrue イヤホン iPhone・iPod・iPad対応リモコン・マイク付…/BOSE
¥16,200
Amazon.co.jp

一応載せておく。オススメイヤホンである。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索