長期連載4「MacBook Retina 12インチの真実〜恋に恋して恋い焦がれ〜」

「MacBook」に関する記事総まとめ
「MacBook」に関する記事総まとめ
2015年、私の生活に欠かせない存在となったMacBook Pro 15インチだが、ここにたどり着くまで数々のドラマがあった。 様々な...

↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ!
★プロローグ・・・MacBook Pro13インチを所有している部長は、2015年2月下旬に、「重いから」という理由だけでMacBook Air11インチを電撃購入した。その後、職場の後輩である15歳年下の二人のガジェット野郎(色々アドバイスしてもらっていた)にムチャクチャ怒られ(笑)、Appleサポートの神対応もあり、返品するという衝撃的な結末を迎えた。しかし、MacBook Proが軽くなるということは当然無く、重さに限界を感じていた2015年春、AppleがMacBook Retina 12インチを電撃発表した。iPad Air 2でのブログ打ちを模索していた私は、「軽くて楽に文字入力ができるデバイス」を求めて、MacBook Retina 12インチ、Surface3、SurfacePro3と試し打ちを繰り返しながら、さまよい歩いていた。しかし、職場でRealForceというキーボードを愛用していた私は、どうしても、キーストロークの浅いこれらのデバイスにGOサインを出すことができずにいた。

そんな中、絡まった糸が少しずつほどけていくかのように、物語は静かに幕を開けることになる・・・

第4回「恋に恋して恋い焦がれ」

軍資金は貯めている。購入する分には、それは問題無い。

でも、私は最後まで悩んでいた。

確かに、MacBook Pro+モバイルバッテリー2種類+iPad Air 2+Apple Wireless Keyboardは重い。半端じゃないし、職場での持ち歩きも正直重いと感じている。置きっぱなしで使うことはほとんどなく、教室、進路室、会議室と常に持ち歩いてMacBook Proを使っていた私は、iPad Air 2だと、結局Apple Wireless Keyboardも持ち歩くことになるのと、ATOKが使えないもどかしさを常に感じていた

でも、それで、それを理由にして、MacBook Retina 12インチを本当に買うべきなのか?

確かに920gは衝撃的な軽さである。しかし、「重いから」という理由で、本当に買うべきなのか?私は間違った道を歩んではいないだろうか?MacBook Proを持っていて、MacBook Airを買ったときのあの執拗な責め苦を私は忘れていない。同じ過ちは繰り返したくない。

思わず私は、若い数学の先生(野球部)にLINEをしてみた

部長「私が、MacBook Retina 12インチを行くという選択はどうなんでしょうか?本当に間違ってないでしょうか?(15歳年下に敬語)」

ほどなくして、AppleWatchに通知が来た

若い数学の先生(野球部)「ありだと思います」

若い数学の先生(野球部)「行きましょう!」

ハウウ・・・

まさかそこまで・・・。

でも、万が一と言うこともある

私は店員さんの待っているMacBook Retina 12インチのコーナーへ戻り、また、エンジェルタッチで試し打ちをすることにした。店員さんは快く待ってくれた。

これで、4回目の試し打ちである(合計すると1時間以上同じパソコンで試し打ちしていることになる)

何度も同じことをしていたが、MacBook Retina 12インチは優しく私を受け入れてくれた。相変わらず高精細なRetina Displayにフェザータッチの「エンジェルタッチ」で打ち込まれた文字が美しく現れる・・・

「どうも皆さん、こんにちは。部長のナビです。決して強く「叩く」ことをしないで、優しく触れてみるというこの「エンジェルタッチ」での文字入力。ああ、神はなんて罪なパソコンを作ってしまったのだろうか・・・」

俺「ワタクシ、これを、買います。お願いします・・・」

うわあああああああああああああああああああああああ!!!!!

言ってしまった!言ってしまったよ!

もう、そこからは止まらなかった

俺「充電するためのアダプタとUSB-Cケーブルを追加で欲しいので、ポイントでそれを取り寄せお願いします」

俺「USB-CとUSB-Aの変換ケーブルも一緒に追加で取り寄せ注文でお願いします。支払いはポイントでお願いします」

もう、後戻りはできない

私は、行き着くところまで行き着いてしまったのだ

というか、もう、買う前提で調べまくってから来店しているので、すでにどのアクセサリを買うかも事前に決めていた(笑)。よって、購入を決めた後の店員さんとの打ち合わせは非常にスムーズだった

店員さんの対応も素晴らしく、さすがヤマダ電機である。前にも書いたが、iPad mini 2もここで買ったし、今後もApple製品はここで買うことになると思う。そう思わせてくれる対応であった。何度にも及ぶ試し打ち、悩んで待たせることも数回、決して担当さんはイヤな顔1つしなかった。チキン野郎で超絶下痢野郎の私にとって、ヤマダの対応は救いであったのだ。ちょっとでも「早く決めろよ」的な対応をされると、それですぐ腹が痛くなってしまって、こっちが耐えられなくなり、欲しい商品であっても、結局何も買わずに帰るということが今まで生きてきて良くあったのだ。が、ヤマダはそれが一切ない。今までもそうだし、たぶん、これからもそうだろう。素晴らしい来客対応である。

ヤマダはMacBook Retina 12インチ購入に際し、色々な現金値引きのチャンスと、ポイント付与で、かなりお得に買い物ができる。どうせApple製品はどこで買っても同じ値段なんだから、ポイントの付くヤマダ電機は非常にお得であると感じるのである。(ポイントでアクセサリが買えるので、メッチャ得だ)

色々店員さんと話をしていて、打ち解けた雰囲気になり、購入する際の私の担当をしてくれたPCスペシャルアドバイザー「Tさん」から名刺をいただいて、長いお付き合いを約束した。私がブログでレビューを色々やっていることも伝え、ヤマダの宣伝等もブログでできるので何かあれば言ってくださいと伝えた。

Tさんは、私が何気なくiPhone6を出して、アプリを起動しながら、ヤマダポイントの話をしていたときに、iWood6を見逃さずに発見し、ITG PRO+にも強い興味を持ってくれた。ちなみに、iWood6はすでに買ってるかもしれない・・・。恐るべしiWood6の魔力である。一瞬でガジェット野郎を虜にするこの木のケースは、私、たけP、そして、若い体育の先生(バスケ部)を虜にし、さらに、ヤマダ電機のPC担当のスペシャリストTさんもその魅力には勝てなかったのだ・・・。

一通り手続きが終わった私は、晴れやかな気持ちだった。

何より、若い数学の先生(野球部)が認めてくれた上での購入であることが大きい。それくらい、MacBook Airの時はマジで怒られた(笑)。半端じゃなかった。向かいに座っている若い先生は、発熱による体調不良のため、まだ言ってないが、MacBook Airの時にマジで怒られたのはApple師匠である若い数学の先生(野球部)であるので、彼が良しと言えば良いのだ。KODAWARIを見つけたのはたけPであるが、そもそも、Apple製品に足を踏み入れるきっかけを作ったのは若い数学の先生(野球部)である。私は、昨年、Nexus最高と言っていたのだからね。Apple製品の連携の素晴らしさ、アプリの充実度、AirDropのすごさ、何より、デザインの美しさを一から教えてくれたのは若い数学の先生(野球部)であった。そこから私はAppleの道に入り、彼にAdonitのスタイラスを教えられ、JOT SCRIPTとGoodNotes4と運命の出会いをしたのは皆さんもご存じだろう。彼がいなければ、たけPと運命の再会もなかったのであるのだ。

そんな若い数学の先生(野球部)が認めるMacBook Retina 12インチ。Appleの最高傑作と言っても過言ではないこのMacBookは、紆余曲折はあったが晴れて私の手に届けられたのであった

後は、実際にブログ打ちをしてみるだけであるが、その前に、早速車で記念撮影を行った

image

何度も言うが、Apple製品は、まず箱がカッコよすぎる。なんでこんなにカッコいいのか、失禁するレベルの美しさである。「美しい」以外の表現方法があるだろうか。なぜこんなに美しいのか、罪なデザインである

image

家まで我慢できずにヤマダ電機の駐車場で撮ってるあたりがすでに病気である。もちろん、箱には「Pro」とも「Air」とも書いていない。「MacBook」のみしかない。当然だが優越感に浸れる。心憎い演出である。

image

車の中で取り出して、ペリペリも剥がした。シルバーの筐体は「美しい」以外の何物でもない。何と美しいのだ。やはり、シルバーにして大正解である。ゴールドは、若い数学の先生(野球部)のために取っておこう。彼にこそゴールドはふさわしい。私は一生シルバーを使い続けようと心に誓った瞬間であった。

image

驚くべきはこの薄さである。恐ろしいほど薄い。こんな薄さで色々な処理ができるのか不安になるくらい薄いのである。そして、驚くほど軽い。片手で持っても全然重みを感じることはない。920gというのがこれほどまでに軽いとは思わなかったが、本当に軽い。店頭では開いた状態でしか持てないので、実際に持ち歩くときは、こうして閉じて持つわけだから、この状態での重量バランスというのは非常に大事だと思うのだが、計算され尽くした、完璧な重量である。

もう、この薄さ、軽さに一度でも触れてしまうと、魔法にかかったかのように、MacBook Retina 12インチしか使うことができなくなる。これは実際使ってみて私がそういう事態に陥った本当の話であるので、購入する場合はマジで気をつけて欲しい

「ガジェットに恋をする」

まさにそんな表現がピッタリの瞬間であった。

前にも述べたが、私は女性を見て「ウオ!可愛い!」とか瞬間的にあまり思うことがなく生きてきた。ジワジワとその良さに惹かれていくタイプである。見た瞬間に「コリャスゲえ!」と思ったのは生涯で二人。有村架純とサラの娘(6歳)だけである。他の女性は全て、ジワジワと惹かれていった。俗に言う「一目惚れ」とは反対の位置にいるのが私であった

そんな私が「一瞬で恋に落ちた」瞬間であった

エンジェルタッチもそうだが、何と繊細な、美しいガジェットなのだ。恋せずにはいられなかった。実際に手に取ってみればみるほどその美しさは際立つばかりである。

MacBook Proの時は、こんな「感情」はなかった。スゴいとは思ったが「美しい」とは思わなかった。MacBook Retina 12インチというのは「恋するガジェット」として、今後語り継がれていくだろう「伝説の名機」だと思う。

大げさだと思うのなら、実際に手にとって欲しい。

これほどの美しさを誇るガジェットが他にあるだろうか?確かに、iPhone6も美しいが、MacBook Retina 12インチには勝てない不思議な何かがある。

image

自宅に帰り、セットアップをする前に写真を撮った。何と計算され尽くした美しいデザインなのだろうか

image

ここから全てが始まる。

AppleIDを登録し、セットアップを無事完了させ、必要なアプリをインストールして、実際の作業に入ることになる。

今後の記事は、MacBook Retina 12インチの「実機レビュー」として、お届けしていきたい。どういう使用感であるのか、迷っている方は参考にして頂ければ幸いである。

今回の記事は、実際に私が購入を決めるまでの細かな流れとなるが、私と同じように、「買い物にドラマがない人はいない」というのが私の持論である。それぞれがそれぞれに思いを持って買い物をしている。

私も多くの人の支えがあって、このガジェットにたどり着いた。ここから、私とMacBook Retina 12インチの伝説が始まっていくわけだが、今年の年末「買って良かったランキング」にこれが何位に入るのか、私も楽しみである。今のところ、返品する予定は全くなく使用できている。すでにこのMacBook Retina 12インチで70~80記事を入力しているので、全く入力に問題がないことだけは言っておこう

超絶な速度で、大量の文字打ちを行う私でも「エンジェルタッチ」さえきちんとできれば、この「浅いストローク」のMacBook Retina 12インチも非常に高速で入力できる文字打ちデバイスへと変貌するのだ。

何も知らずに強いタッチで打ってしまってはこのガジェットの良さは生かせない

エンジェルタッチをうまく使うことにより、最強のブログマシンとして色々なところに持ち運んで良い記事を書くのにはピッタリであると感じる。旅行のお供にMacBook Retina 12インチ、最高じゃないだろうか。

それでは、今日はとりあえずここまで。

お楽しみいただけたであろうか?次回からは「USB-C」についてと「実際の文字打ち」について、後は、「使ってわかった意外な一面」について、連載を続けていきたい。

しばらく、この「MacBook Retina 12インチの真実」は続けていく予定なので、購入予定、もしくは、購入を迷っている方は、今後の記事をよく読んでから決めて欲しい。今日の記事は「買った経緯」を書いただけであるので、「使ってどうなのか」というのは今後の記事である。テンションが上がって「自分も絶対買います!」的なメールをいただくこともあるが、チョット待って欲しい。安い買い物ではないので、十分に考慮してから決断をして欲しい

では、本編はこれにて終了。後は、補助記事となるので、使用感等のアップにご期待ください

2015年7月4日 部長ナビより、全てのApple野郎に愛を込めて

~次回予告~

USB-Cの充電に隠された秘密とは?果たして「モバイルバッテリーでの充電」は可能なのか?調査を進めた部長が出した決断はいかに?

次回もお楽しみに。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索